*

投手編: WBC2017侍ジャパンのメンバー紹介

公開日: : WBC・侍ジャパン

投手編: WBC2017の侍ジャパンメンバーを紹介します

3月に開催されるWBC第四回大会に出場する代表メンバー28人が既に発表されています。メンバーの特徴や見どころ、そして辞退した選手などを紹介します。

まずは投手から!

 

侍ジャパン、投手陣

則本昂大(楽天)

今回のWBC2017の一押しはこの人。メジャーリーガーや大谷翔平が辞退した今となっては、投手陣の中でイチオシです。エースです。

3月7日のキューバ戦で則本が先発を務める線が濃厚でしょう。

初戦で先発投手!すごい期待です〜

そして中7日からの第二次ラウンドの3月15日第3戦に先発するのでは

もしさらに勝ち進むならば、順当に日程だけで考えれば3月22日の決勝戦の先発として登板することもできます。

しかし、決勝トーナメントは一度負ければ終わりの一発勝負となります。先発で則本を取っておくよりも、準決勝以降は中継ぎ・クローザーとしてフル稼働して登板させる機会があり得るということです。過去にはダルビッシュ選手がこの形で優勝の貢献しています。

関連記事:

楽天則本はWBC2017で守護神登板!?

楽天則本の2017成績予想

 

菅野智之(巨人)

お次はこの方。先発投手の重要な柱の一つとなることは間違いありません。則本選手とともに、一次ラウンドで出てくる可能性が高いのです。第二戦オーストラリアで先発してくるでしょう!

大谷翔平選手が右足首の故障によりWBCを辞退したので、一時は一戦目のキューバ戦に繰り上げ登板の可能性も報道されていました。

でも、私の予想では、あくまでこの人はオーストラリアだね。キューバ戦は則本。(「中島卓也が代表に選ばれるはず」とか過去に大きく外しているので偉そうに言えないが、、、)

関連記事:

巨人・菅野智之のWBC2017はここに注目!

 

増井浩俊(日ハム)

ご存知、日本一に大きく貢献したベテラン。

増井は、先発も救援もどちらでもいけます。これこそユーティリティー・ピッチャーです。先発を見てみたい気持ちもありますが、やはり経験値が多い中継ぎかクローザーとして出てくるでしょう。先発投手はそんなにたくさん要らないですし。

関連記事:

WBC侍ジャパン 増井浩俊投手 日本ハム

 

 

宮西尚生(日ハム)

この人は、頼りになります。通算200ホールドは伊達じゃない。抜群の安定感とタフネスで、きっちり繋いでくれるはず。プロ野球のキャリアで、一度も先発投手の経験がありません。WBC2017でも100%中継ぎ。プロの仕事をしてくれるでしょう。

関連記事:

WBC侍ジャパン 宮西尚生投手 日本ハム

 

 

牧田和久(西武)

サブマリンです。これは外国人にとっては戸惑うでしょう。ボールの出どころが分かりにくいし、何か浮き上がってくる感じもありますし。

 

藤浪晋太郎(阪神)

調子が良さそうで、登板ありますね。速球でぐいぐい押していってほしいです。

 

そのほか、松井裕樹(楽天)、石川 歩(ロッテ)、岡田俊哉(中日)、千賀滉大(ソフトバンク)、平野佳寿(オリックス)、秋吉 亮(ヤクルト)

 

それから最後の目玉、武田翔太

最後に追加招集された、ソフトバンクの武田翔太も注目です。

先発ローテーションとして使われるかもしれません。この人の良いところは、魔球ドロップカーブ。

意外と、メジャーリーガーってカーブが打てなさそうなんですよ。スローカーブで、大きく曲がるやつ。ドジャースのカーショウの決め技も、カーブですからね。武田はそういう意味でも、通用しそうです。

関連記事:

SB武田翔太がWBC2017に緊急招集

 

総評・見どころ

ピッチャー中心としてチーム作りが小久保監督の目指すチームです。

今回のチームカラーに関して小久保監督は「投手を中心とした守り」と発言しています。確かに、投手力と守備力は世界の中でも優れています。

先発投手が試合をしっかり作って、中継ぎ陣が早めの継投で逃げ切っていく。そう簡単には打てないんじゃないでしょうか。

 

しかし、メジャーリーガー投手陣の辞退は残念すぎる。

辞退した人たちを考えてみましょう。まあ、チーム優先、シーズン優先、それは当たり前なんですけど。でもこの人たちが出場していたら、世界一が簡単に思えるほどのラインナップになるのです。

ダルビッシュ有(テキサスレンジャース)

絶対的なエースの一枚目です。トミー・ジョン手術を受けてなお速くなっている150km/h台後半のストレートと、切れ味抜群の変化球。メジャーリーガーが打てないんだから、もう世界クラスの選手が打てないことは証明済なんですよ。

国際試合の経験豊富なので、もし出場できていたら、絶対的なエースとして一勝が計算できました。

田中マー君

出られるわけないんだけど、期待しますよね。絶対的なエースの2枚目です。この人が出てきたら、まず大崩れはなかったはず。ニューヨークヤンキースの契約の節目でもありますし、今シーズンの活躍とチーム残留を願います。がんばれ!

ほかにも出てほしかった人はたくさん

ほかにも岩隈、上原浩治、前田健太、、などなど、出場を辞退した素晴らしいピッチャーがたくさんいるのです。、、ってどれだけ日本は人材をメジャーに流出させているんだ!

 

大谷翔平の辞退は残念至極、、、

大谷翔平のキックボクシング騒動と右足首ケガ

大谷翔平が右足首を痛めてWBC2017を辞退したのは、世界中のファンが悲しむ大ニュースでした。

関連記事:

怪我と戦う大谷に、「二刀流大谷翔平シート」開設

大谷翔平のキックボクシング騒動と右足首ケガ

大谷翔平がWBCの投手として出場を辞退

 

まとめ:侍ジャパン2017、投手主体のチーム作り

投手主体に小久保監督は考えています。

そして則本、武田、菅野などを中心に先発ローテーションを組んでいきます。良い救援陣もいるし、投手はチームとしてハイレベルだと思います。

ただメジャーリーグからの投手はゼロで、絶対的なエースとまで呼べる存在はいません。ダルビッシュ、マー君、前田、岩隈の四人は、誰がきてもスーパーエースだったし、もし四人揃ったらそれだけで優勝候補ですけどね。

大谷は辞退。メジャーリーガーたちのような安定感や経験はないものの、やはり日本最速のボールを大舞台で見てみたかった。。。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

侍ジャパン! WBC2017予選1次リーグで2連勝、オーストラリア戦結果

強いぞ侍ジャパン!WBC2017予選で2連勝、オーストラリア相手に快勝 強いぞ侍ジャパン!20

記事を読む

大谷翔平がWBCの投手として出場を辞退

大谷翔平選手がWBC2017の侍ジャパンに投手として出場することを辞退 日本ハムの大谷翔平選手

記事を読む

WBCのビッグサプライズ、千賀滉大、山田哲人、筒香嘉智

WBCのビッグサプライズ、千賀滉大、山田哲人、筒香嘉智 アメリカのスポーツニュースサイト、「ス

記事を読む

WBC・侍ジャパン 増井浩俊 投手 日本ハム

(画像は侍ジャパンオフィシャルサイトより) 2017年3月にWBC(ワールド・ベースボ

記事を読む

WBC・侍ジャパン 松田宣浩 選手 ここに注目

(画像はWikipediaより) 2017年3月にWBC(ワールド・ベースボール・クラ

記事を読む

ドジャース最強左腕カーショウがWBC2017アメリカ代表を辞退

ドジャースのメジャー最強左腕カーショウ(カーショー)がWBC2017アメリカ代表を辞退 ここに

記事を読む

WBC2017 侍ジャパン 中田翔 外野手 日本ハム ここに注目

(画像は侍ジャパンオフィシャルサイトより) 2017年3月にWBC2017(ワールド・

記事を読む

WBC2017 中国戦結果、侍ジャパン 第一ラウンド突破

WBC2017中国戦結果、侍ジャパンが第一ラウンド突破 ワールド・ベースボール・クラシック(W

記事を読む

筒香嘉智に双子の姉!? 横浜DeNA筒香のお姉さんは美人という噂

筒香嘉智に双子の姉!? 横浜DeNA筒香嘉智選手のお姉さんは、双子で美人の姉だった!? 近年の

記事を読む

千賀滉大はメジャーリーグか。お化けフォークでWBC最優秀投手

千賀滉大はメジャーリーグ行きか。お化けフォークでWBC最優秀投手 WBC2017がやっと終わり

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

ダージリンティーが品不足で値上げの可能性

ダージリンティーが品不足で値上げの可能性 ダージリンティーの茶葉

叶姉妹がコミケに降臨し、かなりの神対応だった件

叶姉妹がコミケに降臨し、かなりの神対応だった件 あの叶姉妹(叶美

クレディセゾンが社員区分を撤廃し全員「正社員」に

クレディセゾンが社員区分を撤廃し全員「正社員」に これは大ニュー

マライアキャリーさん激太りにより、渡辺直美に追い風か

マライアキャリーさん激太りにより渡辺直美に追い風か 世界の歌姫マ

長野五輪金メダルのスピードスケート清水宏保氏が再婚していた

長野五輪金メダルのスピードスケート清水宏保氏が再婚していた 元ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑