*

WBC2017のアメリカ代表は本気なのか!?

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 WBC・侍ジャパン

WBC2017のアメリカ代表は本気なのか?

WBC2017の侍ジャパンメンバーが発表されました。日本は第1回第2回で連覇を果たした強豪であり、今回も優勝の可能性は十分にあります。ところで、野球の本場といえばアメリカであり、世界で一番レベルが高いのはメジャーリーグ。アメリカは今までWBCで優勝したことはありませんが、それは一線級のメジャーリーガーが故障を恐れてなかなか出場しないからだと言われることもあります。今回のアメリカ代表はどうなのでしょうか?そしてずばり、アメリカはどのような活躍が予想されるでしょうか!?

 

まず、過去のアメリカは本気ではなかったのか

実は「一線級のメジャーリーガーは故障を恐れて出場しない」というのは、(すごく悪い言い方をすれば)負けた言い訳のように使われてきた言葉でもあります。メジャーリーグは層が厚く、チーム数も多いため、数多くの優れた選手がいます。一線級の選手がたくさん辞退したというのも事実であるし、同時に「一線級の選手で出場した人も多い」のもまた事実です。

たとえば、第1回WBCのチームには、ヤンキースのデレク・ジーター、マリナーズのケン・グリフィーJr.、ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが出場しています。この人たちは完全に一線級でしょ、メジャーリーグの中でもスーパースターです。そしてアメリカチームはむちゃくちゃ強かった。日本は予選でアメリカに敗れています。少なくとも第1回WBCにおいては、アメリカが敗退した理由は弱かったからではなく、一発勝負の国際大会で勝負に競り負けた感が強かったと思います。もしあの国別チームでレギュラー・シーズンをやっていたら、アメリカチームがぶっちぎりで優勝したと思います。

今回のアメリカ代表は本気か

アメリカメンバーの野手は、こんな感じになりそう。

捕手:バスター・ポージー 、ジョナサン・ルクロイ、J.T.リアルミュート
内野:エリック・ホズマー、マット・カーペンター、アレックス・ブレグマン、イアン・キンスラー、ポール・ゴールドシュミット、ノーラン・アレナード、ブランドン・クロフォード
外野:アダム・ジョーンズ、クリスチャン・イェリッチ 、ダニエル・マーフィー、ジャンカルロ・スタントン、 アンドリュー・マカッチェン

これは強いです。タイトルを過去に獲得した選手もいるし、オールスターに選出される可能性を持っている人ばかりです。

アメリカ以外のメジャーリーガーもすごい

ただ、アメリカが強いメンバーをそろえれば即優勝、というわけにはいきません。メジャーリーガー=アメリカ人ではないので、他の国も強いのです。たとえばドミニカ共和国は、ラミレスを始めホームラン30本、40本の選手がゴロゴロいて、パワーだけならアメリカ以上かもしれません。

スーパースター「クレイトン・カーショウ」は出るのか?

第四回WBCからの新ルールで、途中で投手を二人入れ替えることができます。これによって、クレイトン・カーショウが決勝ラウンドで出てくるんじゃないか?という期待が高まっています。カーショウといえば、サイ・ヤング賞を三回受賞した、メジャーリーグ最強の先発投手です。

実現すれば大ニュースですが、これは本人や球団の意思もあり、まだまだわかりません。もし出てきたら、アメリカは最強です。

アメリカ代表の投手は、、?

クリス・アーチャー、マーカス・ストローマン、マイケル・ギブンス、アンドリュー・ミラーなどが有力とみられています。絶対的存在というのは見当たりません。2016年にサイヤング賞を受賞したマックス・シャーザー選手は故障により出場を辞退しました。

結局はどの国も、投手が誰が出てくるか?ですごく試合が変わってしまうんですよね。カーショウや田中マー君が出てくれば、どんなチームだっておいそれと打てないわけです。だからアメリカチームも、投手は重要です。

 

まとめ:アメリカは本気、でも出られない選手もいる

まとめると、アメリカはいつでも本気な気がします

ただベストメンバーを揃えるのは難しいし、実現していないですよね。それは日本だって、マー君もダルビッシュも上原も出られないわけですし。どの国もある意味、同じような事情を抱えています。

野手の成績を単純に比較するとアメリカやドミニカはとんでもない強さです。しかし野球における投手の出来が試合に及ぼす影響を考えると、そして国際試合は一発勝負であることを考えると、このチームでもまたアメリカが優勝できない可能性は大いにあります

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ!

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ! WBC2017で初戦のキュー

記事を読む

WBC2017準決勝、プエルトリコがオランダに劇的サヨナラ

WBC2017の準決勝、プエルトリコがオランダに劇的サヨナラ WBC2017の準決勝第一試合が

記事を読む

WBC2017で侍ジャパンをリードする5人のベテラン

WBC2017で侍ジャパンをリードする5人のベテラン WBC2017の開幕が近づいてきました!

記事を読む

WBC・侍ジャパン 松田宣浩 選手 ここに注目

(画像はWikipediaより) 2017年3月にWBC(ワールド・ベースボール・クラ

記事を読む

投手編: WBC2017侍ジャパンのメンバー紹介

投手編: WBC2017の侍ジャパンメンバーを紹介します 3月に開催されるWBC第四回大会に出

記事を読む

中田翔と筒香嘉智の仲良しヒーローインタビュー全文 WBC2017・侍ジャパン

中田翔と筒香嘉智の仲良しヒーローインタビュー WBC2017・侍ジャパン WBC2017・侍ジ

記事を読む

山田哲人がWBC2017キューバ戦で幻のホームランをキャッチした少年に優しいコメント

侍ジャパン山田哲人が、WBC2017のキューバ戦で幻のホームランをキャッチした少年に優しいコメン

記事を読む

大谷翔平のキックボクシング騒動と右足首ケガ

大谷翔平のキックボクシング騒動とケガの状況 大谷翔平選手がWBC2017の侍ジャパンとしての出

記事を読む

WBC・侍ジャパン 増井浩俊 投手 日本ハム

(画像は侍ジャパンオフィシャルサイトより) 2017年3月にWBC(ワールド・ベースボ

記事を読む

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット 大谷翔平のエンゼ

モテる筋トレにはコツがある! 逆三角形のシルエットになるためのラクな方法

モテる筋トレにはコツがある! 逆三角形のシルエットになるためのラク

モテる筋トレのためにもう一つ! 腹筋ローラーでお手軽に身体が変わるよ

モテる筋トレのためにもう一つ! 腹筋ローラーでお手軽に身体が変わる

モテる筋トレのための秘密兵器はこれ!プッシュアップバーで人生変わるよ

モテる筋トレのための秘密兵器はこれ!プッシュアップバーで人生変わる

野球ファンの私が、解任されたハリルホジッチ元監督の記者会見前に考えたこと

野球ファンの私が、解任されたハリルホジッチ元監督の記者会見前に考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑