*

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度は?

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 TOEFL iBT

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度はどれくらい?

TOEFLはTest Of English as Foreign Languageの略で、世界各国から主に欧米の大学・大学院に留学する際の英語の能力を測るためのテストです。むずかしいと噂されるこのTOEFL、どれくらいの難易度なのでしょうか?また、他の英語のテストに比べるとどうなのでしょう、またテストのスコアを換算することはできるのでしょうか!?

 

TOEFL iBTとTOEICは換算できるか?

TOEFL iBTとTOEICのスコアを換算することはできるのでしょうか。TOEICをすでに受験したことのある営語学習者が、自分のだいたいのレベルを事前に把握するための計算式があったら便利ですよね。

有名なTOEFL – TOEICの換算表

まず最初にショッキングで意外な事実ですが、TOEFL iBTとTOEICのスコアを換算するための、ETSがオフィシャルに発表している資料はありません。しかし、巷にはたくさんの換算表が溢れています。どうしてこんなことになっているのか?それは昔、TOEFL PBT(ペーパーテスト時代、20年位前のTOEFL)とTOEICの換算式をETSが出していたからです。そしてTOEFL PBTと現在のiBTの換算式があるので、間接的にTOEFL iBTとTOEICを比較しているのです。

その話題の換算式とは、

TOEICスコア*0.348+296=TOEFL PBTスコア

というものです。これによると、TOEFL iBTとTOEICは以下の表のような目安になります。

TOEFL PBT CBT iBT と TOEIC スコア換算表
PBT CBT iBT TOEIC
673-677 297-300 120 990+
670 293 119 990+
667 290 118 990+
660-663 287 117 990+
657 283 116 990+
650-653 280 114-115 990+
647 277 113 990+
640-643 273 111-112 990
637 270 110 980
630-633 267 109 965
623-627 263 106-108 950
617-620 260 105 925
613 257 103-104 910
607-610 253 101-102 900
600-603 250 100 880
597 247 98-99 865

 

これが、許しがたいほど、実態とかけ離れています。笑

TOEFL CBTが250程度でTOEFL iBT100を取るのは難しい気がします。というか、TOEIC880の人がTOEFL iBT100を取れるなら、誰でも留学できてしまうというものでしょう。これはいくらなんでも、あまりにも事実と違います。TOEIC805点がTOEFL iBT90とかね、いやいや90をなめるなって、絶対そんなに取れませんよ。

他にも、いろんな語学学校やテスト期間が独自の換算表や目安・計算式を編み出していますが、どれも、上の表を参考にしているために、どうしてもTOEICのスコアを過大評価してTOEFL iBTの難易度が表せていない傾向にあります。

では、どんな目安があるの?

これはとある方が考案した

TOEFL iBTスコア = (TOEICスコア/10) -10

という計算式が、すごく納得いきます。

つまりTOEIC900点を取った人は、TOEFL iBTで80を狙えるところにいる。

TOEIC800点なら、TOEFL iBTは70程度だろう。

TOEIC満点近く取れるなら、TOEFL iBTで89以上を狙える位置にやっと来た

これ、両方の試験を受けてTOEFL iBTでハイスコアを獲得した人は、皆さん同意されている計算式ですね。私の経験からも、非常に心落ち着きます。

皆さんもTOEIC過大評価現象にくれぐれも気をつけてください。その状態でTOEFL受験すると、いきなり心を折られますから。

なぜTOEICとTOEFLは簡単に換算ができない!?

TOEICとTOEFL iBTの違いは、どういうところにあるのでしょうか。なぜ、TOEFL iBTの難易度が上だと言えるのでしょうか。

TOEFL iBTにはアウトプットの試験があります

TOEFL iBTにはアウトプットの試験、つまりスピーキングとライティングのセクションがあります。これはマークシートで選択式のTOEICと大きく異なる点です。スピーキングは自分の声でマイクに向かってしゃべって録音しますし、ライティングはキーボードを使って会場で制限時間内に小論文を作成します。このアウトプット試験が、また難しいのです。

TOEFL iBTは語彙力のレベルが高い

TOEICがビジネスの現場で必要な英語力を試すのに対して、TOEFL iBTは大学の講義についていけるかどうかを試すテストです。ですからリスニングも単なる二人のビジネスマンのチャット、というのではなくて、大学の講義に近いレクチャーが出てきます。自然科学、歴史、経済、そういった学術分野の単語が平気でリスニングのテストで問われるのです。語彙力のレベルが高くないと、全く何を問われているのかわからないということになります。

TOEFL iBTは総合力を試すインテグレーション・タスクがある

スピーキングのテストもただしゃべるのではなく、講義をリスニングしてポイントを整理して、自分の意見をしゃべる、というようにリスニング能力も問われます。リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングと独立したセクションでテストが行われますが、実は総合力を試しているintegration taskというものが随所に織り込まれています。これでは、単なる試験対策・試験慣れによってスコアの底上げを図ることができません。本当に英語力があるかどうかがわかってしまうテストなのです。

 

まとめ:TOEFL iBT90、100を目指してがんばろう

TOEFL iBTは120点満点のテストです。

海外の大学に留学するための目安はTOEFL iBT90。

大学院や一流校ならスコア100が求められます。

TOEICとは全く内容もレベルも異なるテストなので、心して対策しましょう。Good luck!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

初心者はここから! リーディング基本 | TOEFL iBTスコア

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法をときどき紹介しています。 い

記事を読む

TOEFL iBT 英単語を覚えるときに必ずすべきこと

今日はTOEFL iBTの対策をしていくときに、英単語を覚えるときに必ずすべきことをお伝えします。

記事を読む

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法。 TOEFL iBT、頑張っていますか?

記事を読む

TOEFL スコアは必ず上がる(その2) 私の事例

さて、以前にTOEFLのスコアをどうやってあげるか?という半年間の戦略の立て方を示しました。 関連

記事を読む

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法 TOEFL iBTでスコア10

記事を読む

ライティング対策と勉強法! | TOEFLスコアアップ

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法を紹介しています。 過去のTO

記事を読む

TOEFL iBT 対策をする前に、しておきたい2つのこと

TOEFL iBT対策といっても何から始めたら良いかわからない、という人は少なくないと思います。

記事を読む

書評: 英会話ヒトリゴト学習法(酒井穣)

今日は「英会話ヒトリゴト学習法」(酒井穣)を紹介します。 この本は「新しいアイディアを教えてもらっ

記事を読む

あなたの英語が通じる、意外なスピーキングのコツ5つ

今日は英語の初心者向けに、今よりあなたの英語が通じるようになる、スピーキングのコツ5つをお伝えします

記事を読む

TOEFL iBT対策をすると、本当に英語が上達する

TOEFLって何? TOEFL(トッフル、トーフル、トフルなどと読む)という英語のテストがあります

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。 「しゃべる地球儀」

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

→もっと見る

PAGE TOP ↑