*

TOEFL iBT対策をすると、本当に英語が上達する

公開日: : 最終更新日:2017/04/17 TOEFL iBT, 留学・アメリカ生活, 英語を楽しんで勉強

TOEFLって何?

TOEFL(トッフル、トーフル、トフルなどと読む)という英語のテストがあります。

Test Of English as Foreign Languageの略で、外国語として英語を話す人のためのテストです。

アメリカの教育試験期間ETSが作っているテストで、日本のみならず世界中で実施されています。

これは「主に北米の大学に留学したい人のための全世界共通の英語テスト」と考えれば良いと思います。

 

TOEFLって、むずかしいの?

TOEFLは、はっきり言って、めちゃくちゃ難しいです。

語学系のテストでは最難関。そして小手先のテクニックでは歯が立たない、本当に英語力が試されるテストです。

私は無事に、目標としていたスコアを達成して留学することができました。

自分では生涯最高と言っていいくらいの短期集中型の努力をしましたし、ラッキーであったと思います。

 

しかし、「TOEFLのスコアが取れないために留学できなかった」という人はたくさんいます。

とにかく、難しいのです。

そして驚いたのは、留学してからアメリカで出会った、世界各国からの留学生たち。私は「日本人の英語下手は有名。きっと日本から来た自分だけが、こんなにTOEFLに悩んで、必死に対策して、やってきたのだ。」

。。。でも、そんなことは無かったのです。

多くの留学生の仲間たちがTOEFLの勉強に苦労したと言っていました。TOEFLに苦戦するのは日本人だけではないようです。

 

TOEFLの内容 -どんなテストなの?

TOEFLは英語の総合力をテストします。四つの力を測ります。

READING リーディング(読解力)

LISTENING リスニング(聞き取りの力)

SPEAKING スピーキング(話す力)

WRITING ライティング(書く力)

それぞれが、30点ずつで、満点は120点。それがTOEFL iBTです。

 

時間は長丁場。

リーディング80分、リスニング90分、スピーキング20分、ライティング50分です。

全体で4時間以上と言われます。実際、半日かかります。

 

こんなテストやってみると分かりますが、体力が削られますよ。

経験則ですが、「英語で長時間考え続ける脳力」みたいなものが必要だと思います。

 

そして、体力だけではなく瞬発力も必要です。

合計の時間が長丁場とは言っても、問題数が多いのです。だから一問一問をじっくり考えている暇はありません。そんなことをしていると、いずれも時間切れになってしまいます。

瞬時に正しく答えて、なおかつそれをたくさんの問題数で繰り返す」というテストになっています。

 

TOEICとどう違うのですか?

TOEFLのことを話していると、

「TOEFLですか?企業研修で全新入社員が受けましたよー」「スコア700あったので就職に有利になりました!!」

などと言われることがありますが、それはTOEIC(トーイック)の方の間違いではないかと思います。

全新入社員で、一人一人がマイクに向かって話すスピーキングを含むTOEFLのテストを受けることは事実上不可能です。また、TOEFLが日本の就職活動で問われることもないのです。

TOEICも同じ教育試験作成の機関であるETSが作っています。

 

しかし、内容は全く異なるものです。

TOEIC: ビジネス向け

TOEFL: アカデミック、留学準備向け

となっていますが、それよりもまず難易度が大きく違うのです。

TOEICは満点が980点で、800点や900点を越えると高得点と言われます。そのTOEIC高得点者の中には、高い英語力の持ち主も当然いるとは思いますが、実際の英語力がなくても高得点をたたき出せてしまうのがTOEICの実態です。

実際に私がTOEICで800点台のスコアを取ったときのことを思い出すと、はっきり言って実際の会話力はブロークンとしか言いようがありませんでした。中には900点台でもブロークンの人もいるとさえ言います。

こういうことがTOEFLにはありません。TOEFL iBTで高得点とされる90点や100点を超えてブロークンということはありえません。単語力が無ければほとんどTOEFLは点を取れないし、ブロークンのままではスピーキングで全くスコアが伸びないからです。

そもそも、TOEIC(トーイック)のスコアを過剰に重視するのは日本だけ、ということもあります。

 

なんでそんなにTOEFLは難しいんですか?

TOEFLの難しい点は幾つかあります。このブログでは、それを説明して、その対策をお伝えしていこうと思っています。

日本人の学習者が避けて通れない部分は、一般的に二つだと思います。

「単語の難しさ」と「スピーキング」です。

 

「単語の難しさ」

人によって、TOEFL対策は異なってきます。それぞれが自分の傾向(得意・不得意)を掴み、TOEFLの特徴を把握し、対策を練っていくしかありません。

しかし、絶対に共通して取り組むべき課題は「単語の難しさ」です。

まずTOEFLで基本とされる必須単語は、非常に難しいと知ってください。

「スピーキング」

次に、これです。多くの人がこの部分でつまづきます。マイクに向かってしゃべり倒さないといけないのです。

きちんと対策しないと、話せません。

「無言で時間切れ」というトラウマ体験(笑)を持っている人は少なくないのです。

(人によっては、最初は問題がうまくリスニングできないで、何を聞かれているかわからない。。)

 

なぜTOEFLが必要なのか?

では、そんな難しいテストをなぜわざわざ受ける必要があるのでしょうか?

しかも受講料がすごく高い!

それは「TOEFLのスコアがないと留学できない」というシンプルな理由につきます。語学留学はできても、学部・大学院は入学させてくれないのです。

たかがテスト、されどテストです。

TOEFLのスコアが上がらないばっかりに、夢の留学ができないのは寂しい。自分はなかなかスコアが上がらないときに、「こんなテストごときで入学させてもらえないのか、、、自分は入学したらちゃんと勉強するのに!」と思いましたが、その理屈が通用しないのです。

 

また、「アメリカで暮らしながらTOEFLのスコアを上げよう」という計画でアメリカに行ってしまって後で後悔する若者もたくさんいると聞きます。アメリカに来てまでTOEFLのスコアが取れずに帰国するのは、泣くに泣けない結果です。

しかし考えてみれば、上手くいくわけがありません。

だって単なるテストなのです。日本で受験できるのです。参考書もすべて日本で手に入るのです。日本で勉強しない人は、アメリカに来たら絶対に勉強できません(楽しいことがいっぱいありますので、、)。

「TOEFLは日本で取る」が基本であるし、オススメだと思います。留学するためなので、がんばりましょう。

 

勉強していれば、いつかはスコアアップできるはず、、、

これも陥りがちな間違いだと思います。

ズバリ断言します。

TOEFLは、短期決戦が基本です。

忙しいなか時間と費用を捻出して打ち込むのです。半年から1年が限界でしょう。

そのあたりが、一番スコアを伸ばしやすいと思います。

私ですか?はい、半年で100になりました。合格基準が90でしたが、最後は100点以上を取りました。

要はやり方、短期決戦です。

 

TOEFL iBTは本物のテスト。だから真剣に取り組もう。

この辺が、このブログで一番伝えたいことだったりするのですが、TOEFL iBT対策をしてスコアアップをすると、英語ができるようになります。

話せるようになります。

面白いように英語が聞けます。アメリカの大学で、ALL英語の講義に出て、内容がきちんと分かります。

アカデミックな表現で、きちんと物を書けるようになります。

つまり、アメリカの大学生・大学院生になる準備ができるのです。

TOEFL iBTにはスピーキングテストがあって、留学のハードルが高いように感じる人もいるかもしれません。でも、良い時代になりました。TOEFL iBTがあったおかげで、アメリカに行ってクラスメートと最初からコミュニケーションを取ることができたのです。

もちろん、TOEFLで高得点をとっても、いきなりネイティブのような英語になるわけではありません。

しかし、英語を使いこなして生きていく人生の入り口に立つことができます。

 

ただテスト対策をがんばるだけで、本物の英語力が身につく。こんな素晴らしいテストは他にありません。今の私はTOEFLに真面目に取り組んだことで基本が作られました。TOEFLで留学の夢を掴み、英語力を飛躍させる人が一人でも増えることを願っています。

 

以上、TOEFL iBT対策をすると、本当に英語が上達する・・・でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。面白かったらシェアしてくださると嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法 TOEFL iBTでスコア10

記事を読む

TOEFL iBT スコアは必ず上がる。その戦略

TOEFL iBTは、アメリカの試験作成期間ETSが作っている、留学に必須のテストです。 この

記事を読む

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法。 TOEFL iBT、頑張っていますか?

記事を読む

TOEFL iBT 対策をする前に、しておきたい2つのこと

TOEFL iBT対策といっても何から始めたら良いかわからない、という人は少なくないと思います。

記事を読む

ブログ運営記:2週間 まずは好きなことを書いていく

全くのブログ初心者が、WordPressでブログを始めてどこまでアクセス数が伸びるかトライしています

記事を読む

書評: EQ英会話 (本城武則)でシャイな人も英語がペラペラに。

  今日は 「EQ英会話」 を紹介して、英会話の上達方法について

記事を読む

ライティング対策と勉強法! | TOEFLスコアアップ

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法を紹介しています。 過去のTO

記事を読む

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度は?

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度はどれくらい? TOEFLはTest Of En

記事を読む

あなたの英語が通じる、意外なスピーキングのコツ5つ

今日は英語の初心者向けに、今よりあなたの英語が通じるようになる、スピーキングのコツ5つをお伝えします

記事を読む

初心者はここから! リーディング基本 | TOEFL iBTスコア

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法をときどき紹介しています。 い

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。 「しゃべる地球儀」

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

→もっと見る

PAGE TOP ↑