*

TOEFL iBTでスコア100を取るためにどうしてもやらなければならないこと。

公開日: : TOEFL iBT

TOEFL iBTでスコア100を取るためにどうしてもやらなければならないこと。

TOEFL iBT、頑張っていますか?

留学のために勉強していますか。TOEFL iBTは、大学入試のためにも有利です。

さて、誰もが憧れのTOEFL iBTにおけるスコア100ですが(満点という意味ではありません、満点は120点)、今日はスコア100を目指す人なら、どうしてもやらなければならない必須の勉強を考えてみます。

 

 

TOEFL iBTでスコア100って、ちなみにどれくらいのレベルと難易度?

TOEFL iBTでスコア100って、どれくらいのレベル、難易度なんでしょうか。

一説によると、

「TOEICの900点くらいだって、すごーーい!」

みたいな話を聞きますが、しそんなことを本気で信じているなら、逆に痛い目に遭います

 

TOEFL iBTのスコア100と、TOEIC900は同じではありません。

TOEFL iBT100点の方が、はるかに難しいし、レアです。

 

両方の高得点を取っている人は誰でも同意してくれますが、TOEIC900点なんて、TOEFL iBTの80点くらいじゃないでしょうか。100なんて、遠い遠い。

 

ちなみに私は、アメリカ留学前にスコア100を取っていますが(自慢に聞こえそうな、、汗)、そのための受験勉強の大変さといったら。

それはもう、涙と汗と血の毎日を過ごしました。

留学できないかと思ったよ。

 

ちなみに、TOEFL iBTのレベル・難易度については、過去記事を参照してください。

ここで、TOEICの得点との換算表も載せています。

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度は?

 

 

TOEFL iBTスコア100への必須事項:単語力のアップ

さて、今日の本題。

TOEFL iBTでスコア100を取るために必須のことは何でしょうか。

答えは、

単語力のアップ

です。

 

過去記事において、TOEICとTOEFL iBTのレベル・難易度の違いを書いていますが、

それは単語のレベル・難易度の違いでもある

わけですよ。

TOEFL iBTを初めて受験すると、まず単語がわからない・聞き取れない。単語の意味がわからなければ、文章の意味が取れるわけはありません。

単語の意味は、推測できる!みたいなことを、大学受験のための塾講師みたいな人は言っていますが、一つの文章に二つも三つもわからない単語があったら、お手上げです。

しかも、意味がわからない難しい単語は、たいていキーワードです。

 

TOEFL iBTの対策の場合、単語の意味を推測していてはダメ。

それは単に勉強不足のケースが圧倒的に多いのです。

単語集を一冊買って、ボロボロにやりこめば、単語力不足によるスコア低下は防ぐことができます。

それがTOEFL iBTの勉強のはじめの一歩です。

何も迷わず、単語集を買って、今日からやりましょう。

 

 

TOEFL iBT対策で単語を覚える時に、注意すべきこと

TOEFL iBT対策で単語を覚える時に注意すべきは、

なるべく発音も正しく覚えていく

ということです。

 

自分の口で発音しながら覚えていくのが、脳の構造上、暗記をしやすいとわかっています。たいていの受験生は、発音しながら単語を覚えていくでしょう。

そのときに、(大学受験のときのように)「発音はデタラメでもいいや、、、」とテキトーに流さないでください。

全ての単語をCDで確認はできないにしても、発音記号を見て、できるだけ似せた発音で覚えてください。

 

なぜなら、単語集でせっかく覚えた、(今まで見たこともない)難しい単語が、リスニング試験でもそのまま出てくるのがTOEFL iBTだからです。

 

しかも、難しい単語が出てくるのは、リーディング(読解)だけではないのです。

もっと言えば、スピーキングもライティングも、何かしらの文章を「聞いて」から、アウトプットをするので、

正しい発音を伴った単語力が身についていないと、全滅

ということになるのです。

(というか、最初はみんなそうして撃沈するのがお約束なんですけどね。)

 

 

あれこれ手を出すよりは、一冊の単語集を潰す!

TOEFL iBT対策の単語集は、書店にいけば、いろいろな出版社から作られています。

あれこれ手を出して、中途半端に終わらないようにしてください。

 

やるのはたった一冊で構いません。

 

その代わり、その単語集に出てくる単語は徹底的に覚える。

繰り返して、やりこむのですね。

こういうのを、参考書を「潰す」と言います。

一冊だけで良いので、完全に潰してください。

 

そして単語の意味を思い出す反応速度をあげるのです。

 

最終的には、どれくらいの時間で、単語の意味が分かればいいのでしょうか?

 →ゼロ秒です。

 

見た瞬間、意味が取れる。イメージが脳内に想起される。

そうでないと、リスニングでは、一瞬で置いていかれます。

 

 

どの単語集を使えばいいのか?

という質問もよくいただきます。

 

これには答えがあります。

 

旺文社の大戦略シリーズです。

これをレベル4まで全て徹底的に潰せば、何も怖いものはありません。

 

たった一冊2000円で、TOEFL iBTレベル・難易度の単語力が身についてしまいます。これはやらない手はないですね。

 

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

まとめ:TOEFL iBTでスコア100を取るためにどうしてもやらなければならないこと。

TOEFL iBTでスコア100をとるためには、いろいろな力をつけなければなりません。

リーディング、リスニング、スピーキング(これでほとんどの日本人が死ぬ、、)、ライティング。

しかし、単語力は全てに共通していて、最初にやるべきものです。

単語力をアップさせることを怠って、他の何をしても、スコアは上がっていきません。

最初に気合いを入れて、学びましょう。

以上、TOEFL iBTでスコア100を取るためにどうしてもやらなければならないこと。・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法 TOEFL iBTでスコア10

記事を読む

TOEFL iBT 英単語を覚えるときに必ずすべきこと

今日はTOEFL iBTの対策をしていくときに、英単語を覚えるときに必ずすべきことをお伝えします。

記事を読む

ライティング対策と勉強法! | TOEFLスコアアップ

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法を紹介しています。 過去のTO

記事を読む

TOEFL iBTスコアアップ早道|初心者の対策・勉強法

TOEFL(トーフル)iBTのスコアアップのための対策・勉強法について、特に初心者のためにま

記事を読む

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度は?

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度はどれくらい? TOEFLはTest Of En

記事を読む

TOEFL スコアは必ず上がる(その2) 私の事例

さて、以前にTOEFLのスコアをどうやってあげるか?という半年間の戦略の立て方を示しました。 関連

記事を読む

TOEFL iBT スコアは必ず上がる。その戦略

TOEFL iBTは、アメリカの試験作成期間ETSが作っている、留学に必須のテストです。 この

記事を読む

あなたの英語が通じる、意外なスピーキングのコツ5つ

今日は英語の初心者向けに、今よりあなたの英語が通じるようになる、スピーキングのコツ5つをお伝えします

記事を読む

TOEFL iBT 対策をする前に、しておきたい2つのこと

TOEFL iBT対策といっても何から始めたら良いかわからない、という人は少なくないと思います。

記事を読む

初心者はここから! リーディング基本 | TOEFL iBTスコア

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法をときどき紹介しています。 い

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

池の水全部抜く! 全滅大作戦の第一弾が、おもしろすぎる。

池の水全部抜く! 全滅大作戦の第一弾が、おもしろすぎる。 一体な

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想 アジアプ

クッションファンデ、人気の秘密と使い方

クッションファンデ、人気の秘密と使い方 彗星のごとくあらわれて、

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。 世

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平 メジャーリーグ公式

→もっと見る

PAGE TOP ↑