*

あなたの英語が通じる、意外なスピーキングのコツ5つ

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 TOEFL iBT, 留学・アメリカ生活, 英語を楽しんで勉強

今日は英語の初心者向けに、今よりあなたの英語が通じるようになる、スピーキングのコツ5つをお伝えします。

この5つを頭に入れておくだけで、だいぶあなたのスピーキングが変わってきます。

英語が通じる!という気持ちを味わえるようになります。

あなたの英語が変わります。

ぜひ、以下の5つのコツを頭に入れて、実践してみてください。

 

その1. 声のボリュームを上げる

まず、英語が通じるようにするには、

声のボリュームを上げる

というのが一番早道です。

こんなことを言うと、「はぁ?」と思われる人がいるかもしれません。

英語の勉強法・コツを聞いているんだ、声のボリュームなんて答えがあるか!と

思われるかもしれません。

しかし、私も含め、大人になってから英語が話せるようになった人たちの多くは、

「声のボリューム・トーンを変えて英語が通じるようになった」

という体験を持っています。

私は、EQ英会話の本城さんがこのことを言っているのを聞いて、すぐに「これだ!」と

思いました。

 

そしてこのアドバイスを聞いたあと、すぐに声の音量を上げて話すようにしたのです。

すると、、、

見違えて通じるようになったではありませんか!

 

これはEQ英会話の本城先生がいうところの、

「日本人の欧米コンプレックスが、英語力にまで悪影響を及ぼしている」

ということの実際例なのです。

私はお店で話しかけられた時、それまでは小さい声でびびって答えていたのですが。

意識して、大きな声で英語を返すようにしてみました。

すると、どんどん会話が弾むのです。

考えてみれば、「how are you doing? 元気?」で要求される答えは、まったく難しくありません。

Doing all right. 元気だよ!

くらいです。それに「it’s too hot(最近暑すぎるね)」とか「it’s freezing(寒いよね最近)」などを

さっと付け加えれば、ものすごく自然に会話が弾んでいくのです。

勝手にしゃべってくれます。

しかし、第一声のボリュームが小さいと、あちらも警戒して、会話が弾みません。

 

細かく言うと、単に声のボリュームを大きくするだけではなく、

パワーを込める(お腹から力を入れて声を出す)

のがコツなのです。周りのアメリカ人の話し方(特におじさんたち笑)を見てみましょう。けっこう大声で、通る声で、堂々と話している人が多いはずです。

まずはあなたの実践の場で、素直に大きな声を出すことを始めてみましょう。

 

その2. 素直に発音のアドバイスに耳をかたむける

アメリカ人の友人や英会話の先生、バイリンガルの知人などに、英語の発音・スピーキングの

アドバイスを積極的に求めましょう。

彼らは(英会話の先生は別として)基本的に内容がわかればいいや、という感じで、

基本めんどうくさがって

こちらの発音を直してきません。

それはそうですよね。

逆を考えればすぐにわかります。

少しくらい発音がおかしくても、一生懸命日本語をしゃべってくれる外国人の友人がいたとしたら、

その人の発音のおかしさなんていちいち指摘しません。

指摘しようと思ったら数限りなくあるだろうし、こちらが理解できるなら、そんなことには

まったく意味がないからです。

だから、発音やスピーキングのアドバイスや指摘をもらえたらありがたい、

と普段からアピールしておくと良いかもしれません。

時に、自分が習っている英会話の先生ですら、

面倒くさがる

ことがありますので、積極的に発音の誤りを指摘するようにお願いしておきましょう。

そしてポイントはここからなのですが、

もし発音の誤りを指摘されたり、「こうするといいよ!」というアドバイスをもらえたのなら、

全力でそこを修正しましょう。

できればそこをよく質問して完全に理解して。

自分でもそのあと一人で調べて、理論的にも理解をして。

そこは、あなたの発音の、大きなポイント・肝なのです。

そこを直せば、通じるようになるのです。

そういったポイントの修正を、5〜10個行うだけで、もう見違えます。

たぶん「初心者」というカテゴリーを脱して、ある程度話せるようになっています。

 

私はthank youという発音を、自分の英会話の先生に最初に直されました。

サンキュー

と最初は発音していたのですね。

英語で書くならば、sank you(おまえを沈めたぜ。笑)に近い感じです。

本来はthank youのthをきちんと発音しなければならないのです。

thは舌を噛んで発音します。

テンキューに近い?。。。まあ、近くはありませんが、少なくともサンキューではありません。

 

私の英会話の先生は日本人でしたが非常に優れた人で、その発音の誤りを指摘してくれました。

そして、一度指摘してくれたポイントが、直っていなかったのです。

そのことをもう一度指摘してくれました。

言われたことは直しましょう。

 必ずthは舌を噛んで発音してください。

 自分でも奇妙に聞こえるかもしれませんし、ネイティブのthとも微妙に違うかもしれませんが、

 それでもあなたのサンキュー(sank you)という和製英語よりはマシなのです。

 その発音はネイティブにとっては本当に混乱をもたらすのです。

自分で奇妙に思っても、恥ずかしく思っても、直してください。

と教えてくださいました。

それで私は、慣れないながらも、舌をきちんと噛んで、thank youというようになりました。

こうやって発音を、「自分の感覚や慣れを優先するのではなく、教えられたことを優先して」

直していくことが大切です。

 

この話を、日本在住のアメリカ人にしたところ、彼は英会話スクールでアルバイトをしている

のですが、その経験からこんな話をしてくれました。

「ああ、それは日本人で英語を学んでいる人にはよくあることだよ。

ぼくも “th は舌を噛んで発音してください” って教えている。

でも、100人くらい教えたと思うけど、

その場ではみんな熱心に練習するんだけど、

 一人も、舌を噛んで発音するように、自分の発音を変えた人はいなかった。

 なんか、恥ずかしいというか、自分のやり方に戻るみたいだね。

それじゃ、しゃべれるようにはならないよ。

(余談)

告白されるのはしょっちゅうあるのに、、、(アメリカ人の先生はモテる)」

まとめますと、発音の誤りを指摘してもらうようにしましょう。

もしラッキーにも指摘してもらえたら、全力で新しい発音に直しましょう。

 

その3. 練習機会を増やす

英語が話せるようになるには、練習の機会を増やすことです。

当たり前のことですが、実はこれが一番難しく、差が出るところ・知恵を出すべきところです。

アメリカに住んでいれば自動的に英語が上手くなるわけではありません。

その中で、まれに、ほとんどネイティブに近い英語力を身につける人々がいます。

それは、国際結婚をした人です。その中には、とんでもない英語力を持っている人もいます。

なぜなら、練習機会が圧倒的、というか生活のほとんどすべてが英会話の練習になってしまう

からです。夫婦喧嘩も英語でやらなくてはならないですし(笑)。

だから最強の英語学習法は外国人とおつきあいすることだとよく言われますが、

それはさておき、

英語が話せるようになるために、工夫して練習の機会を増やしていきましょう。

4では、そのためのアイディアを二つ紹介しましょう。

 

その4. 練習機会を増やすアイディア二つ

一つ目は、このブログで何回も紹介している独り言です。

一人でブツブツ英語をしゃべります。それも漠然と挨拶や思ったことを思いつきで話すのではなく、

システマティックにお題を用意して練習すると良いでしょう。

私は約30分で終わるヒトリゴト練習メニューを作り、やっていました。

これはすごく伸びるし、何より人が不要、お金が不要です。

日本でもどこでも実行できるアイディアです。

 

二つ目は、レアジョブなどに代表される格安スカイプ英会話を使い倒すことです。

普通の英会話スクールに比べると破格の値段です。

しかし英語を話す機会ということでは、実際の英会話スクールと変わらないどころか、

1対1ですし、どんな空き時間にでもできますし、効率的・実際的です。

 

私の秘密を惜しみなく披露してしまっていますが、

「ヒトリゴトとレアジョブで、実は英語はペラペラになっていくことが十分に可能」です。

 

その5. 表現を磨いていく

表現を磨いていくことが、5つ目のコツです。

海外在住なら、

「あのクラスで、

あの友人とのやりとりで、

どう言えば良かったのだろう?

他にどういう言い方ができただろう?」

と毎日振り返ることです。想像して、もっと上手い表現を作り上げて、スムーズにしゃべっている自分

を想像しながら、練習するのです。

 

 

自分の英語をより上手な英語に変えていくという意識をもって、振り返っていくことが大切です。

そうしますと、英語のインプットも変わっていきます。

あ、、、この表現は使えるな!とピンと来るようになるのです。

どんどん表現を磨いてください。

 

まとめ:

今日は「あなたの英語が通じるようになる、スピーキングのコツ5つ」として、

英会話が上手くなっていくための心がけを紹介しました。

これは、効きます。必ず伸びます。

その1. 声のボリュームを上げる

その2. 素直に発音のアドバイスに耳を傾ける

その3. 練習機会を増やす

その4. 練習機会を増やすアイディア二つ

その5. 表現を磨いていく

です。Good luck!!!

 

以上、あなたの英語が通じる、意外なスピーキングのコツ5つ・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくださるとうれしいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法

TOEFL iBTでスコア100を取る勉強法。 TOEFL iBT、頑張っていますか?

記事を読む

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法

TOEFL iBTでラクにスピーキングのスコアアップを狙う方法 TOEFL iBTでスコア10

記事を読む

ブログ運営記:2週間 まずは好きなことを書いていく

全くのブログ初心者が、WordPressでブログを始めてどこまでアクセス数が伸びるかトライしています

記事を読む

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度は?

TOEFL iBT(トーフル)のレベル・難易度はどれくらい? TOEFLはTest Of En

記事を読む

ライティング対策と勉強法! | TOEFLスコアアップ

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法を紹介しています。 過去のTO

記事を読む

初心者はここから! リーディング基本 | TOEFL iBTスコア

TOEFL iBTのスコアアップをするための対策と勉強法をときどき紹介しています。 い

記事を読む

TOEFL スコアは必ず上がる(その2) 私の事例

さて、以前にTOEFLのスコアをどうやってあげるか?という半年間の戦略の立て方を示しました。 関連

記事を読む

書評: EQ英会話 (本城武則)でシャイな人も英語がペラペラに。

  今日は 「EQ英会話」 を紹介して、英会話の上達方法について

記事を読む

書評: 英会話ヒトリゴト学習法(酒井穣)

今日は「英会話ヒトリゴト学習法」(酒井穣)を紹介します。 この本は「新しいアイディアを教えてもらっ

記事を読む

TOEFL iBT 英単語を覚えるときに必ずすべきこと

今日はTOEFL iBTの対策をしていくときに、英単語を覚えるときに必ずすべきことをお伝えします。

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。[/ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑