*

ジムに女性一人で行っても大丈夫!? 「お一人さま」筋トレをもっとしよう。

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 News, 生活・健康

ジムに女性一人で行ってもだいじょうぶ!?

トレーニングブームの昨今、誰もがジムに通って体を鍛えることに興味をもっています。

ジムに通って体を鍛えることは、一部の特殊な人々だけがやっていた時代は終わりました。

気軽なフィットネス、仕事帰りにさくっとフィットネス、

そんなキャッチフレーズと共に、どんどんジム通いへのハードルは下がっています。

 

適度な筋トレこそダイエットに最適だという知識も広まっている今、実は非常に意外なことがジムに通う障害になっているのではないでしょうか。

 

その障害とは、

ジムに女性一人で行ってもオッケーなのか、「おひとりさま」で行っても大丈夫か!?という疑問です。

今日はそんな疑問におこたえすべく、ジムの実態を考えてみましょう!

 

なぜ、ジムに女性が一人で通うことがためらわれるのか。

そもそも、なぜジムに女性が一人で通うことをためらってしまうことがあるのでしょうか。女性が一人でジム通いをしてはならない、なんてルールがあるはずもありません。なのになぜ、「女性一人で大丈夫かな?」と思わず心配になってしまうのでしょう。

 

ジムに女性一人で行くことが心配になる、ためらいを感じる、いろんな理由

女性が一人でジム通いをするときに、ためらいを感じるのは次のような理由が考えられます。

・スポーツジムは、男性が多いイメージがある。

・女性一人だと、浮きそう。

・女性一人だと、怪訝な顔で見られないか。

・女性一人だと、話しかけられてしまいそう。面倒なことになるのでは。

・運動あとの、汗を流してすっぴんの顔を人に見せることにためらいがある。

何を着ていったら良いか、わからない。

体型を人に見られるのが、恥ずかしい。

この中には、心配するだけ骨折り損の、現実とはちがう状況を想像してしまっているものと、そんなことを気にする必要はない・他人はそれほどあなたのことを見ていない、と考えることで乗り切っていくものがあります。

 

女性一人だと怪訝な顔で見られる、なんてのはまず非現実的な想像ですよね。そんなことは基本的には起こり得ないし、悪質な場合はジム側に話すこともできるような内容です。

 

どうやったら、女性もジムを一人で楽しめるようになるか?

さて。ではどうやったら、ジムを女性一人でも楽しめるようになるでしょうか。

以下にいくつかの方法を書いてみます。

 

まずは、ジムを事前に見学させてもらう

ほとんどのスポーツジムは、入会前に見学させてもらえる制度がついています。ジムを一度見学させてもらえれば、そこでどんな人たちがどれくらい集まって何をしているのか、知ることができます。

そこで女性のお一人さまが自分以外にもけっこういることがわかれば、気がラクになりますよね。たとえそうでなくても、ジムの雰囲気がわかり、慣れていくことができます。

そういうわけで、良いことはたくさんあります。ジムはぜひ、事前に見学しましょう。

 

ジム用のスポーツウェアを用意する

ジム用の、体にフィットしていて気に入ったものを買いましょう

高価なものである必要はありません。けれども、浮いたり、怪訝な顔で見られるのではとか、体型を見られたくない、等々の不安は、自分が気に入ったウェアを手に入れればなくなります。

体型に個人差があるのは当然ですので、だぼだぼの体を隠すタイプのものを買う必要もありません。むしろ体にきちんとフィットしたものを選びましょう。その方が、ジムでは恥ずかしくないのです。

 

不要な心配をやめて、目的に集中する

ジムで働いている人のコメントによれば、

「友達と一緒に入会する人よりも、一人で入会して一人で通っている人の方が長続きする傾向がある」

という話があるほどです。

 

友達とおしゃべりをするためにジムに行くのではないのです。ジムに通うのは、実は一人で十分です。

また、周囲の人は自分自身が思っているほどには、あなたに注目していません。

ですからジロジロ見られているのではないか、自分に何かおかしいところはないか、と過度に気にすることもやめましょう。

ジムに通う目的はダイエットであり、体を鍛えることです。ジムに入会した「目的」にフォーカスして、運動をすることが大切です。

 

トレーニングの基本的なメニューを作る

自分の目的(ダイエットなり、健康増進なり)にかなった、自分のトレーニングメニューを作ってください。

自分に専門知識がなくても、心配する必要はありません。トレーニングメニューは、ジムのトレーナーに相談すれば、一緒に作ってもらえます。

ジムに来て、目的なし・目標なしにだらだらとマシンに向かうのではなく、決められたメニューをこなしてさっと帰る。

そんなことを心がけていけば、長続きしますし、余計なことに気を取られて心がわずらわされることもありません。

まとめ:女性のジムお一人さまは意外と多い!フィットネスしよう。

はっきりと結論を言いましょう。

女性の一人でのジム通いには、あなたが心配するようなことはあまり起こりません。

 

これは女性のお一人さまでジムに入会しようとしている人には励ましになるでしょう。

あまり気にしても仕方のないことを考えず、目的に集中するようにしましょう。ウェアを買い、メニューを決め、目標を定めて、淡々とジム通いのメリットを受けてくださいね。

ジムに行けば、女性が一人でトレーニングしている姿は、意外と多いはず。ぜひ、トレーニングによってダイエットなり体力アップなり、あなたの目的を果たしてください!

 

以上、ジムに女性一人で行っても大丈夫!?「お一人さま」筋トレをもっとしよう。・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくださったらうれしいです。

 

関連記事:

もうダイエットの方法に迷わない!? 知識と筋肉を付けてムリせず理想の体型に。

噂のタバタプロトコル、その効果は!?

ジムに女性一人で行っても大丈夫!? 「お一人さま」筋トレをもっとしよう

毎日の腹筋ローラーで腹筋を割る!

肉を食べて痩せる! 肉食ダイエットの方法

プッシュアップバーによるトレーニングでお手軽マッチョ

走らないでやせる! ダイエット 5つの基本

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

iPhone7のイヤホンもこれでオッケー! AKGがlightening接続のeイヤホンN20LT

iPhone7のイヤホンもこれでオッケー! AKGがlightening接続のeイヤホンN20L

記事を読む

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇 体操の内村航平選手が、全日本選手権の個人総合で、前人

記事を読む

広くて小さい! 軽自動車をオススメする5つの理由

「軽自動車は小さくて低燃費! しかも軽自動車の室内は意外と広い!?」  

記事を読む

レゴランドの評判は?ガラガラなのか。デマの真相!?

レゴランドジャパンの評判は?ガラガラで空いているのか。また飲食物に関するデマの真相は? レゴラ

記事を読む

平野紫耀のMr.Kingを最後にジャニーズJr.がCDデビューしなくなる!?

平野紫耀のMr.Kingを最後に、ジャーニズJr.がCDデビューしなくなる!? 平野紫耀くんの

記事を読む

毎日の腹筋ローラーで腹筋を割る!

毎日の腹筋ローラーで腹筋を割る! 腹筋ローラーは、プッシュアップバーと並んでとてもお手軽な筋ト

記事を読む

ファミコンクラシックミニ、大人気のまま生産終了

ファミコンクラシックミニ、大人気のまま生産終了! ファミコンクラシックミニって知っていますか?

記事を読む

注目ブランド「アイフェイス」とは!? 人気色やディズニーまで

(画像出典はLoftの通販サイト https://www.loft.co.jp/より) 注

記事を読む

ゴールデンウィーク日帰りの穴場はディズニーランド

ゴールデンウィーク日帰りの穴場は、ディズニーランド ゴールデンウィーク真っ只中です。 い

記事を読む

絶対喜ばれる母の日おすすめギフトと花の意味

絶対喜ばれる母の日のおすすめギフトと花の意味 Happy Mother's day!!!!

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

幻の巨大サメ「メガマウス」の撮影成功。連続した発見で大地震との関係は!?

(写真はウィキペディアより) 幻の巨大サメ「メガマウス」の撮

平野紫耀のMr.Kingを最後にジャニーズJr.がCDデビューしなくなる!?

平野紫耀のMr.Kingを最後に、ジャーニズJr.がCDデビューし

マタニティマークとは!?いつからつけるか。デザインの種類は?

マタニティマークとは!?いつからつけるか。デザインの種類は? マ

本田圭佑、ミラン退団をツイッターで発表

本田圭佑、ミラン退団をツイッターで発表 日本代表FWである本田圭

スプラトゥーン2 発売日間近! 新ブキとギアにワクワクが止まらない

スプラトゥーン2 発売日間近! 新ブキとギアにワクワクが止まらない

→もっと見る

PAGE TOP ↑