*

スター・ウォーズ「最後のジェダイ」エピソード8が歴代最高と思う5つの理由

公開日: : News

スター・ウォーズ「最後のジェダイ」エピソード8が歴代最高と思う5つの理由

スター・ウォーズの最新作、エピソード8「最後のジェダイ」を見てきました!

いままでスター・ウォーズの作品は全てみていますが、歴代最高作品と言っても過言ではないと思います。

その理由を今日は5つあげてみます!

(ネタばれありですのでご注意ください)

 

 

スター・ウォーズ8「最後のジェダイ」が歴代最高の理由1:主人公がカッコいい

やっぱり、映画は主人公がカッコよくないと始まりません。

歴代のスター・ウォーズは、最高のイケメンが主人公でした。

 

元祖三部作スター・ウォーズの主人公は、ルーク・スカイウォーカー。イケメンです。

 

 

新三部作の主人公は、その父親であり、これまたイケメンなアナキン・スカイウォーカー。

 

そして最新のエピソード7-9の主人公は、女性なのです。

カッコイイ!しかもかわいい!

 

「いやー、ストーリーはわけわからんところもあったけど、ずっとレイちゃんが可愛くて、良かったわ」

そういう感想がまず第一に来る観客は、私だけではないはず!

 

 

「最後のジェダイ」が最高の理由2:物悲しいトーン

スター・ウォーズって、テーマ音楽や風景に、

どことなく寂しいトーンが必須

なんですよね。

 

それは、元祖三部作が、砂漠の星タトゥイーンで始まり、主人公の養父母が亡くなってから旅がスタートする、という時からずっとそうなのです。

スター・ウォーズは右肩上がりのイケイケドンドン、主人公がめちゃ強で無敵、という単純な物語では決してありません。

 

・主人公の貧しい出自

・肉親の死

・挫折、敗北

・恩師との別れ

・そしてそれでも残る、ほのかな希望

そんなのが、スターウォーズ・ファンの大好物なのですよ!

 

アナキンが主人公となった新三部作(エピソード1-3)も、物悲しいトーン、悲劇的なシーンはたくさんあるのですが、最初のエピソード1だけは楽観的なムードに満ちていて、戦闘シーンもコミカルに描かれることが多かった。

メインキャラクターの一人「ジャージャービンクス」は、お笑い専門でした。

 

そして、エピソード1の評判の悪いこと、悪いこと。

「スターウォーズの雰囲気にそぐわない」

「なんだこのお気楽な映画は」

などと叩かれ続け、ジャージャービンクスはその「戦犯」として出番が減り、エピソード2以降では本当の端役に降格。

 

エピソード7-9の最新三部作は、その反省も生かして、もともとの物悲しいトーンを見事に継承。

レイの出自の貧しさから、ハン・ソロの死。

などなど、悲しい設定がもりだくさん。

そして、今回「最後のジェダイ」では、レイア姫が絶対死ぬと思いました。(かろうじて死なない)。

 

 

「最後のジェダイ」が最高の理由3:レジェンドたちへのリスペクト

これは、オールド・ファンへの配慮もあると思うのですが、

歴代作品のレジェンドたちへのリスペクトが半端ない。

 

今回のエピソード8では、ルーク・スカイウォーカーが、ジェダイの中のレジェンドとして登場します。

そして主人公のレイちゃんよりも、ルーク・スカイウォーカーの方が目立っています(笑)。

「あなたは、レジェンドよ。」

みたいなことも、レイちゃんから言われてしまうのです。

「最後のジェダイ」とは、レイのことではなく、なんとルークなんですね。

 

また、小さい緑色のあのお方まで登場するとは思っていなかった。。。。

そうです、マスター・ヨーダです。

アナキンとルークを育てた、ジェダイの亀仙人みたいな人です。

これも、古くからのファンは大喜びでしょう。

 

そして、あのダースベイダーにすら、リスペクトが払われているような気がします。

敵キャラのカイロ・レンに関して、

「おまえは、ダースベイダーのようにはなれんのだ!」

みたいなことを言って、スノークが檄を飛ばしているのです。

これは「ダースベイダーを超える悪役なんていない、、」という幻想を抱いているオールド・ファンへの配慮ではないかな、と個人的には思ったりします。

 

 

「最後のジェダイ」が最高の理由4:主人公レイに関して謎がまだまだ

レイの出自は、

「誰でもない、無名の親から生まれた」

というように片付けられてしまっていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

レイは、このあと、ジェダイとして成長していくのでしょうか。

ジェダイ・マスターとなり、後進を育てるのでしょうか?

 

レイと、レイア姫、ルーク・スカイウォーカー、カイロ・レンは、どういう関係なのでしょうか?

私は、

「レイはルーク・スカイウォーカーの娘だった!」

みたいな展開になるはず、と勝手に思い込んでいたんですけどね、、、

 

 

「最後のジェダイ」が最高の理由5:続きが見たくなる!

スター・ウォーズの続編は、エピソード9。

これで完結するはずですが、ストーリーの結末がまだまだ全く見えません。

 

興味深いのは、敵キャラがどうなっていくのか?

敵の大ボスと思っていたスノークは、カイロ・レンが倒してしまいました。

カイロ・レンが、これから悪にますます傾いていくのでしょうか?

 

また、カイロ・レンは

「ジェダイとか、シスとか、そんなものはどうでもいい!」

みたいなことを言っていますよね。

 

昔のシリーズは正義・悪がはっきりしていましたが、今回は正義であるはずの反乱軍が武器商人から戦闘機を買っている、という指摘があり、衝撃的でした。

戦争に正義も悪もない。立場の違いがあるだけだ。

的な、なんと現代らしい、ポストモダンなストーリー展開!。。。

 

 

ともかく、スター・ウォーズのエピソード8「最後のジェダイ」は、歴代最高傑作といえるほどの面白さでした。絶対に劇場に見に行って損はありません!

 

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

一日5時間労働って、個人にも社会にも理想かもしれない

一日5時間労働って、個人にも社会にも理想かもしれない 過労死や働きすぎによる心身の不調に関する

記事を読む

レゴランドの評判とゴールデンウィークの混雑予想

レゴランドの評判とゴールデンウィークの混雑予想 2017年4月1日に、名古屋にレゴランドジャパ

記事を読む

パパラッチ出川第4弾、イッテQでカンヌに突撃!?

パパラッチ出川第4弾、イッテQでカンヌに突撃!? 「世界の果てまでイッテQ!」の中の人気コーナ

記事を読む

藤井聡太、連勝記録へ。受け継がれる”最年少”棋士の系譜。

藤井聡太、連勝記録へ。受け継がれる"最年少"棋士の系譜。 藤井聡太四段、まさに漫画のごとき快進

記事を読む

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇 体操の内村航平選手が、全日本選手権の個人総合で、前人

記事を読む

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝 プロゴルファーで世界ランキング5位の松山英樹選手が、アメリカツア

記事を読む

「最後のジェダイ」って誰のこと?スターウォーズ・エピソード8のうまい仕掛け4つ

「最後のジェダイ」って誰のこと?スターウォーズ・エピソード8のうまい仕掛け4つ スター・ウォー

記事を読む

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り 加藤一二三九段が、芸能事務所のワタナベエンターテイメントに

記事を読む

NHK BS1スペシャル 巨匠スコセッシ『沈黙』に挑む ~よみがえる遠藤周作の世界

NHK BS1スペシャル 「巨匠スコセッシ『沈黙』に挑む ~よみがえる遠藤周作の世界~」

記事を読む

一日5時間勤務のフューチャーイノベーションは、満足度100%!!

一日5時間勤務のフューチャーイノベーションは、満足度100%!! 一日5時間勤務について、以前

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる 「モテるため

TOEFL iBT100点突破のための勉強法と考え方 その2「単語の次はリスニング」

TOEFL iBT100点突破のための勉強法と考え方 その2「単語

朝スクワットの習慣で、太らないカラダ作り

朝スクワットの習慣で、太らないカラダ作り ダイエットや筋トレって

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット 大谷翔平のエンゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑