*

ミッフィーの作者ディック・ブルーナが死去

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 News

ミッフィーの作者ディック・ブルーナが死去

ミッフィーの作者である絵本作家のディックブルーナ氏が2017年2月16日にオランダのユトレヒトにて逝去されました。今日はミッフィーとブルーナについて調べてまとめてみます。

 

ディック・ブルーナさんの訃報が突然に。ミッフィーも泣いている!

ミッフィーの作者であり、デザイナーであるディック・ブルーナさんが、オランダで89歳にて逝去されたという訃報が入ってきました。公式のツイッターでの2月16日の発表はこちら。

訳すと「ディック・ブルーナ、ミッフィーの生みの親が昨日オランダのユトレヒトにある自宅で逝去されました。89歳でした。」

地元のメディアは、ブルーナさんの功績をたたえて、「ブルーナの描いたミッフィーは子どもたちの本棚から永遠に消えることはない」と言っています。

 

「ナインチェ」という名前は?

ミッフィーは、オランダ語では「ナインチェ・プラウス」と言います。ミッフィー (Miffy)は英語の名前だったのですね!もうこれだけで驚愕の新発見でした。日本では「うさこちゃん」という名前で広まっていた時代もあります。

ナインチェの絵本は、全世界で8500万部を超える売り上げに達しています。

ナインチェ誕生秘話

ディックブルーナはもともと、単純な色とデザインを用いて、書籍の装丁などをしていました。写実的な絵柄によって絵本が作られていた時代に、単純な線と色使いによる絵を持ち込んでいきました。そしてウサギを主人公とした新しい絵本シリーズが生み出されました。それがナインチェです。

 

ディック・ブルーナのプロフィール

ディック・ブルーナ(Dick Bruna)さんは、1927年8月23日に、生まれます。父は出版社を経営していました。絵が好きな少年で、スケッチブックを持って歩いているような男の子でした。父の仕事の関係上、さまざまな本を読みあさりながら、絵を描くことが大好きだった少年時代だと言われます。

やがて、レンブラントやゴッホの影響を受け、油絵を描くようになります。

高校を退学してしまったあと、ブルーナは父の仕事の関係から出版の仕事に進んでいきます。出版について学びながら、美術館や画廊にも出入りするようになり、芸術家としての素養も磨かれていきます。

特にパリのマティスなどに影響を受け、次々とスケッチブックに油絵の作品を作り上げていくようになります。

アーティストへの道

20歳になったときに転機は訪れます。

ブルーナはオランダの父にあらためて「自分は経営者ではなくアーティストになりたい」ことを訴えます。父がこれを認めて、晴れてアーティストとして歩み出すことになります。

最初は国立美術アカデミーに入学しますが、すぐに合わずに退学してしまいます。その後は独学で研究を続けて、自分のスタイルを確立させていきました。

父の経営するブルーナ社に入社後、年間100冊ほどの同社が出版する書籍の装丁を行います。ブルーナの作るデザインは、これまでの装丁の概念をひっくり返してしまう斬新さがありました。

ナインチェ登場

1955年にナインチェのシリーズをついに刊行します。写実的な描写ではなく、シンプルで斬新なキャラクターデザインは、専門家の評判は悪かったのですが、子どもたちの圧倒的な支持を得ることになります。

 

ナインチェのデザインにおける秘密

ブルーナのデザインには、キャラクターが常に正面を向いている、線が微妙に揺れている、などの秘密があります。キャラクターが正面を向いている理由は、キャラクターがあなたを常に見ている、という愛のメッセージを伝えたいというブルーナの考えがあります。

ブルーナカラー

 

 

ブルーナはミッフィーの絵本で6つしか色を使いません。それが上記のブルーナカラーです。シンプルな6色だけを使って絵本を生み出しているのです。こういったこだわりが、洗練されたデザインにつながっていくのですね。

 

まとめ:ディック・ブルーナさん逝去は寂しい、、、

ミッフィーも泣いた、生みの親ブルーナさんの死。しかし彼が描いた絵本が子どもたちの本棚から消えることはありません。ちなみに「うさこちゃん」という日本名より、もうすでにミッフィーの方が一般的だと思いますね。

 

以上、ミッフィーの作者ディック・ブルーナが死去・・・でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。もし面白かったらシェアしていただければ嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

うんこドリルで小学生が漢字を覚えるのはアリかナシか

うんこドリルで小学生が漢字を覚えるのはアリかナシか 話題のうんこドリルが人気です。 全て

記事を読む

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝 プロゴルファーで世界ランキング5位の松山英樹選手が、アメリカツア

記事を読む

ヒラリー・クリントンの2017年現在。今秋に今の心境を出版!?

ヒラリー・クリントンが現在の心境を出版!? ヒラリー・クリントン氏といえば、2016年の世界の

記事を読む

松本人志の「ドキュメンタル」シーズン4が始まる!!

松本人志の「ドキュメンタル」シーズン4が始まる!! 松本人志の異色お笑いバラエティー、「ドキュ

記事を読む

1日たった2往復!?別名「コウノトリ飛行場」、但馬空港の魅力

1日たった2往復!?別名「コウノトリ飛行場」、但馬空港の魅力 1日、たったの2往復という、世に

記事を読む

ブリューゲル「バベルの塔」展を見に、東京都美術館に行ってきた。

ブリューゲル「バベルの塔」展を見に、東京都美術館に行ってきた。 東京都美術館に久しぶりに行って

記事を読む

トムクルーズが「トップガン2」を明言。続編にはドローンが登場するのか。

トムクルーズが続編に意欲!? 「トップガン2」がついに実現。 トムクルーズが、大ヒット映画「ト

記事を読む

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象 オールスター20

記事を読む

噂のタバタプロトコル、その効果は!?

噂のタバタプロトコル、その効果は!? 噂のトレーニング、タバタプロトコルについて今日は解説しま

記事を読む

眞子さま婚約者で注目、「パラリーガル」の仕事内容や年収は!?

眞子さま婚約者で注目、「パラリーガル」の仕事内容や年収は!? 秋篠宮家、長女の眞子さまがもうす

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ 私は常々、

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

→もっと見る

PAGE TOP ↑