*

[スター・ウォーズ/最後のジェダイ]の感想と驚いたこと4つ。

公開日: : News

 

[スター・ウォーズ/最後のジェダイ]の感想と驚いたこと4つ。

スター・ウォーズ、最後のジェダイを観た興奮冷めやらぬ状態です。

ネットを見てみると、けっこう最後のジェダイに失望した人もいるようで・・・

でも、他人の評価は関係ないですね。名作は名作!

とはいえ、私も最後のジェダイを見て驚いた部分がゼロではないのです。

今日は、その辺の「最後のジェダイに驚いたこと4つ」をシェアしたいと思います!

ネタバレありなので、注意してください。)

 

 

最後のジェダイに驚いたことその1:善悪がはっきりしない

スター・ウォーズにとって、

善か悪かを選び取る

って、すごく大きなテーマだと思うんです。

 

最初の旧三部作は、ルーク・スカイウォーカーがダースベイダーと皇帝の誘惑に負けずに正義(善)を貫けるかってところがストーリーのキモでした。

そして新三部作であるエピソード1-3は、そのダースベイダーが悪に堕ちる前、アナキン・スカイウォーカーが主人公でした。

まさに、人間は善にもなれば悪にもなれる。その選択こそ大切

というのが、シリーズを貫いていたテーマだったと思うのです。

 

けれども、エピソード7と8は違います。

善悪の境目が、きわめてはっきりしない。単純な勧善懲悪では無いのですよ。

時代の変化でしょうか・・・

 

そして極め付けは今回の最後のジェダイのなかで、カイロ・レンが言い放つセリフ。

「ジェダイとかシスとか、どうでもいい・・・!」

もう、カイロ・レンにとっては、どちらも時代遅れなのですね。

そして完全な悪に染まるでもなく、母親を殺すでもなく、青き自意識を抱えたまま、ファースト・オーダーの最高指導者に登りつめていくカイロ・レン。

 

からかうつもりはありませんが、ちょっと思春期入った悪役(笑)

と思いました。

 

特に、私は家族にこの数年、

「絶対レイア姫はカイロ・レンに殺される!そしてレンが新ダース・ベイダーになるんだよ。」

と主張し続けてきたので、映画が終わった後、恥ずかしかったのです。

カイロ・レンに対して「なんだお前、殺せないのかよ」と、おもわず皇帝もびっくりの鬼畜な感想を抱いてしまいました。。。

 

最後のジェダイに驚いたことその2:反乱軍すら、手が汚れた戦争屋

武器商人たちの船をフィンたちが奪ったときに、憎きファースト・オーダーがいかに武器商人たちと結託して、裏で兵器のやりとりをしているかのデータが出てきました。

そして、その武器商人たちの兵器の売買が、莫大な富を生み出し、また多数の貧しい者と奴隷を生み出していく負の構図。。

これは現代世界そのものの風刺であり、目を背けたくなる、しかし重要な描写なのです。

 

・・・などと真剣なことを考えていたら、

「正義の軍団であるはずの反乱軍も、武器商人から戦闘機を買ってるぜ」

という、なんとまあ、リアルな展開・・・・!!!!

 

絶句ですよ。これは言っちゃいけない。

その1の善悪のあいまいさにも通じるものがありますが、まさに

・反乱軍=正義・善

・ファースト・オーダー(昔だったら帝国・ダースベイダー)=悪

という単純な図式が崩されてしまいました。

 

これはすごい。みんな大きな正義のためではなく、(そんなものはなく)、自分と自分の家族のために戦う、という、なんともポストモダンな展開です・・・!

 

 

驚いたことその3:役の人種・性別に、現代を感じる

役の人種と性別に、現代を感じます。

主人公のレイは女性ですし、女性兵士が増えましたよね。

 

レイの相手役というかヒロインは、フィンですが、いわゆる黒人の外見をしています。

今回重要な役どころとして出てきた新キャラクターであるローズは、アジア系です。

黒人と白人のカップル(まだ付き合っていませんが)だったり、アジア系が前面に出たり、というのはさすがに時代が進んだことを感じさせます。

 

良いことでも悪いことでもないと思います。時代が変わって、映画がそれに対応していったのですね。

 

 

驚いたことその4:重要なキャラが弱い・頼りない

このシリーズで驚いたのは、レジェンドとなりうる強いキャラクターが少ないことです。

まず、ダースベイダーとなるべき、最大の敵キャラであるカイロ・レンが、すごく弱い。本作で少しは進歩を見せていますが、心は甘甘です。

そして味方となるフィンも弱い。この人はライトセーバーを持って戦ったこともあるので、いずれジェダイになるかもしれません。それにしても弱い。

主人公のレイすらも弱い。

 

旧三部作のダースベイダーは強かったし、ルーク・スカイウォーカーもジェダイとして立派に成長を遂げて互角に戦えるようになりました。そして、ダースベイダーを操る皇帝の底知れない怖さと強さ。

新三部作は、とにかくアナキン・スカイウォーカーをはじめとするジェダイ軍団が強かった。超人的な身のこなしとフォースの力です。

 

でも、そんな強い人は、誰もいない。

それがこのエピソード7&8の新シリーズです。

それでも面白いのですが、比較してみると、みんな弱い、頼りないという印象は否めません。

 

 

最後のジェダイはそんな不思議なところ、疑問点があるにもかかわらず、名作中の名作です。

私はスター・ウォーズ・シリーズの名に恥じぬ、素晴らしい映画だったと思っています!

 

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

ブリューゲル「バベルの塔」展を見に、東京都美術館に行ってきた。

ブリューゲル「バベルの塔」展を見に、東京都美術館に行ってきた。 東京都美術館に久しぶりに行って

記事を読む

オープン間近! 名古屋のレゴランド・ジャパンがプレオープン、評判・料金など

オープン間近! 名古屋のレゴランド・ジャパンがプレオープン、評判や料金など レゴランド・ジャパ

記事を読む

宇多田ヒカルが自身の曲を「無料で使って」と私見

宇多田ヒカルが自身の曲を「無料で使って」と私見 JASRAC(日本音楽著作権協会)が著作権使用

記事を読む

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り 加藤一二三九段が、芸能事務所のワタナベエンターテイメントに

記事を読む

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる ああー、遂に藤井聡太四段が敗れました! 29連勝

記事を読む

杉村太郎の「絶対内定」はなぜ就活面接に効果があるか、その良い使い方

杉村太郎の「絶対内定」はなぜ就活面接に効果があるか、その良い使い方 杉村太郎氏の書いた「絶対内

記事を読む

「毎日パンダ」という凄いブログを発見 !?

「毎日パンダ」という凄いブログを発見 !? 上野動物園のジャイアント・パンダであるリーリーとシ

記事を読む

大谷翔平が2016年末の紅白歌合戦に!

2016年年末の第67回NHK紅白歌合戦ですが、ゲスト審査員は次の通りです。  

記事を読む

すぐにやせたい人に、サプリを使った簡単ダイエット

すぐにやせたい人に、サプリを使った簡単ダイエット 今日はときどき書いているダイエットシリーズで

記事を読む

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇 体操の内村航平選手が、全日本選手権の個人総合で、前人

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる 「モテるため

TOEFL iBT100点突破のための勉強法と考え方 その2「単語の次はリスニング」

TOEFL iBT100点突破のための勉強法と考え方 その2「単語

朝スクワットの習慣で、太らないカラダ作り

朝スクワットの習慣で、太らないカラダ作り ダイエットや筋トレって

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット

大谷翔平・二刀流の誰も気がつかなかったメリット 大谷翔平のエンゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑