*

「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える

公開日: : News

「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える

最近、街を歩いていても、「増えてきたなー」と思うのが、日傘をさしている女性の姿です。

日傘って、女性の特権ですよね。男性はいくら暑くても日差しが強くても、日傘をさすわけにはなかなかいかない。

ファッション的にも似合う人は見栄えがするし、紫外線を防ぐためにも大切だと思います。

しかし、最近は「日傘をさす人のマナー」がネットで取りざたされています。

今日は日傘女子のマナーについて考えてみましょう!

 

 

「日傘ブス!」日傘女子に対する男性側の厳しい意見も。

私は日傘について「うらやましい」という想いこそあれど、あまり悪く思ったことがないので、今回ネットでのアンケートや声を見て、けっこうびっくりしたんですよね。

日傘女子に対する厳しい意見を持っている男性は、けっこういるようで。

中には

「日傘ブス」

なんていう、それは言い過ぎかなと思われる発言も出てきました。

 

一つのアンケート結果によれば、日傘女子に関してあまり良い想いを抱いていない人が4割以上にのぼっており、これは単なる好みをこえて理由があるのではと思うようになりました。

 

きっと、日傘がアリとかナシとかの好みをこえて、日傘女子のマナーが問われているのではないでしょうか。

日傘をさすときには、どんなマナーが存在して、どのように振舞わなきゃいけない。

そういうことが、社会のコンセンサスとして共有されていないかもしれません。

 

日傘は日本に固有の事情!?

そもそも、日傘というのは日本に特有のアイテムです。

日本以外では、皆無ではないかもしれませんが、ここまで一般に普及していません。

 

アメリカは車社会なのであまり使う場面がないし、ヨーロッパでは日本ほど夏の暑さが厳しくないでしょう。

 

もっといえば、

日本は短期間で急激に夏の気温が変わっているので、日傘の文化は最近生まれた

と言って良いでしょう。

 

20-30年くらい前は、気温が30℃を超えると新聞の一面記事に載っていましたよ。でも今では、

30℃をこえないほうがニュースになるのでは、というくらい

の暑さです。

 

けれども、こんな大きな変化、気候の変化って、20-30年で起こってはいけないような変化だと思うんですね。

 

特に東京は、気候が変わって亜熱帯になり、夏は非常に住みづらくなっていると考えます。

だから、スーパーフレックスで8月は1日の労働時間を5時間くらいにするとか(笑)。

抜本的な改革をして対応しないと、不健康な人が増えますね。

 

日傘女子の急増というのは、マクロにはこんな背景があると思います。

 

 

日傘女子のマナーを考える

では、日傘をさすときのマナーについて考えてみます。

 

日傘をさすときのマナー違反には、どういうものがあるでしょうか。

 

まず、日傘は人にあたる。場所が多く取られる。ということを注意すべきです。

ですから、人混みの中においては、遠慮しなくてはならない場面も出てくるかもしれません。

 

女性が日傘をさすときには、男性との身長差によって、

ちょうど目の高さに傘の尖った先端がある

という点も抑えておくべきです。

 

迷惑をこえて凶器だ、

という声もツイッターなどには見られました。

他人に怖い想いをさせないような配慮は必ず必要になってくると思います。

 

また、雨の日の傘と日傘の違いについても理解しておきましょう。

雨の日においては、

みんなが傘をさしているから、人と人の間の距離が取りやすいし、すでに取れている

ということがあります。

 

しかし、日傘はそうではありません。

人と人の間の距離が近くなりがちな日に、一人だけ傘をさしていて近づいてこられると、本当に危ない、というのは理解できます。

日傘をさす人は、周りがそういう想いをしていることは理解しなければなりません。

 

 

 

まとめ:「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える

「日傘ブス」というのは、ワイドナショーで取り上げられて、一気にネガティブな形で広まってしまったのですよね。

日傘とブスを結びつけた言い方をするのはちょっとやりすぎだとは思うんですが、危ない思い、ひやっとした思いをすると、一気にアンチ日傘女子になってしまうのは無理ないことだと思います。

ここは日傘をさすほうが、周囲に人がいるなかでどう振る舞うかのマナーのレベルを上げていってほしいですね。

 

以上、「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

ブルゾンちえみマラソン完走もメイク落ちず

ブルゾンちえみ、24時間テレビでマラソン完走もメイク落ちず ブルゾンちえみが、24時間テレビの

記事を読む

ネイマールのPSGへの移籍を考える

ネイマールのPSG移籍を考える サッカーのネイマール選手が、スペインのバルセロナからフランスの

記事を読む

紅茶キノコ(コンブチャ)はキノコじゃない!? 購入法から危険性、効果効能まで

  紅茶キノコ、自作は危険!? 購入方法から効果効能まで 紅茶キノコが、数十年

記事を読む

一日5時間労働って、個人にも社会にも理想かもしれない

一日5時間労働って、個人にも社会にも理想かもしれない 過労死や働きすぎによる心身の不調に関する

記事を読む

ドラマ「逃げ恥」の続編2017年版はあるか!?

ドラマ「逃げ恥」の続編2017年版はあるか!? 大人気で話題になった昨秋のドラマ「逃げるは恥だ

記事を読む

[スター・ウォーズ/最後のジェダイ]の感想と驚いたこと4つ。

  の感想と驚いたこと4つ。 スター・ウォーズ、最後のジェダイを観た興奮冷めや

記事を読む

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝 プロゴルファーで世界ランキング5位の松山英樹選手が、アメリカツア

記事を読む

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

パニック障害の星野源が病気を克服。感動ストーリー

星野源がパニック障害の病気を克服した感動ストーリー 人気のミュージシャン星野源は、最近俳優とし

記事を読む

グランピングとは!? 新レジャーのおすすめスポット3つ

グランピングとは!?新レジャーのおすすめスポット 今話題になりつつあるグランピングとは何でしょ

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ イチロー

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた 今日は時短

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑