*

グランピングとは!? 新レジャーのおすすめスポット3つ

公開日: : News, 生活・健康

目次

グランピングとは!?新レジャーのおすすめスポット

今話題になりつつあるグランピングとは何でしょうか!?

新しいスタイルのアウトドア、グランピングの魅力を紹介して、

そのおすすめのスポットを紹介していきます。

 

 

グランピングとは何か

グランピングとは、

グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を組み合わせた造語

です。

 

グラマラス(glamorous)とはなんだか聞きなれない単語ですが、魅力的とかゴージャスという意味です。

そのまま直訳すると

魅力的なキャンプ、ゴージャスなキャンプ

ということになりますが、

それではちょっと良く分かりません。

 

グランピングとは、海外ではluxury camping(ラクジュアリー・キャンピング、贅沢なキャンプ)とも言われており、この方がイメージがつかみやすいと思います。

 

グランピングは、アウトドアが苦手なひとにも楽しみやすい、何もかもお膳立てがされているキャンプのことです。そして少し贅沢でリッチな気分も楽しめます。

 

 

グランピングは普通のキャンプとは何が違う?

では、グランピングは普通のキャンプとは何が違うのでしょう。

普通のキャンプと比較して、いくつかの項目で考えてみましょう。

 

グランピングとキャンプの違い その1: グランピングはキャンプと違って特別な荷物が要らない

まず、キャンプはたくさんのキャンプ道具が必要です。

私はキャンプ好きの友人と山の中でのキャンプに連れて行ってもらったことがなんどもありますが、それはもう、楽しいものです。

昼間は川遊びをして、夜はこどもを寝かしつけたあとちょっとしたキャンプファイヤーを作って語り合い、星空を見て、朝は彼がコーヒーまで沸かしてくれて、、、

 

しかし、キャンプ好きの友人の、その装備のすごさに圧倒されたものです。

ランタンなどの灯りや、火を起こすための道具、バーベキューのための道具。

 

それどころか、テントや寝袋を持っていないと、まず寝る場所すら確保できない。

 

キャンプをするときに、素人から見て敷居が高いな、と思うところはこの辺りですよ。キャンプはまず道具・装備がたくさん要ります。

 

その点、グランピングは、キャンプと違って特別な荷物が要りません。ホテルに泊まるような感覚で、自分の着替え・荷物があればそれで十分です。

 

これだけで、敷居がぐっと下がります。

 

グランピングとキャンプの違い その2: グランピングはキャンプと違ってテントを張らなくて良い

その1にも少し出てきましたが、キャンプではテントを張らなくては寝るところがありません。

しかし、グランピングではテントを張る必要が無いのですよ!

 

テントを持ってくる必要も、寝袋を買う必要も、

それどころかテントを設営する手間

も要らないのです。

 

そんなのキャンプじゃねえ!とキャンプ好きの方々からは叱られそうですが。

そうなんです、キャンプではなくてグランピングなのです。

 

これはグランピングとキャンプの最も大きな違いの一つかもしれませんね。

 

 

グランピングとキャンプの違い その3: グランピングは食事を作らない

グランピングは、キャンプと違って、食事を作る必要がありません。

大自然の中でアウトドア風の宿泊ができますが、食事やテント設営などの手間・装備を一切省いている。

それがグランピングなので、食事はシェフが作ってくれます。

 

レストランで食べるような豪華な美味しい食事を、テントの前で大自然の中で、楽しめちゃうというわけです。

 

だんだん、

アウトドアが苦手なあの人を誘ってみよう

という気になってきましたね。

 

 

グランピングとキャンプの違い その4: グランピングはお風呂に入ることができる

これ、けっこう大きいんじゃないですかね?

キャンプはお風呂に入ることはありません。

まあ、キャンプ場によっては、もしかしたらシャワーが付いているかも、、、というレベルです。

基本的には、キャンプ中にお風呂に入るなんて邪道です。

 

もしくは、私はキャンプ好きの友人たちが

火を起こしてドラム缶のお風呂に入るのが最高

と語り合っているのを聞いたことがあります。そんな世界です。

 

きっと、そういう自分たちで沸かしたドラム缶のお風呂に入るって最高ですよね。

楽しいし、キャンプの醍醐味ですよね。

それはなんとなく、分かります。

 

しかし、、、それが苦手な人もいるわけですよ。

快適なホテルの方が嬉しい、という人も少なくないわけですよ。

 

そんな人たちのために、グランピングはあります。

グランピングは基本的に、シャワー完備です。

 

シャワーも食事もついてくる、ほとんどホテルだと思ったら良いです。

 

 

けれどもグランピングは、ただのホテルではない

けれどもグランピングは、ただのホテルではありません。

キャンプよりはるかに快適ですが、アウトドアのさまざまなメリットを享受できるようになっているのです。

 

いくつかのグランピングの醍醐味を挙げてみましょう。

 

グランピングの良さ その1:  素晴らしいアウトドア環境の中である

グランピングは、街中であっては成立しません。

グランピングは大自然の中で行われます。

快適な生活をしつつも、素晴らしいアウトドアの環境の中で、アウトドアの雰囲気を味わえるのです。

 

 

グランピングの良さ その2: キャンプファイヤーができる

グランピングは、キャンプファイヤーが必須の楽しみです。

キャンプファイヤーをしなければ、ホテルに泊まるのと本当にあまり変わらなかったりするわけですから(笑)。

そしてキャンプファイヤーをするときにオススメなのが、

マシュマロを焼いて、クッキーで挟む

これは英語で「サモアー」と言って、大人気のメニューです。

 

これは美味しすぎてやめられなくて

Some more!!! もうちょっとちょうだい!

からできた英語だと言われています。

 

ぜひぜひお試しあれ!

 

 

グランピングの良さ その3:テントに泊まって自然の音を聞く

グランピングは、ちゃんとしたベッドや良い家具に囲まれて寝泊まりができるのですが、基本的には

設営すみのテント

が多いです。

 

たとえば、テントの屋根にぶつかる雨の音

あるいは、夜中に聞こえてくる虫の鳴き声

明け方の小鳥のさえずりや、川の流れるせせらぎ

 

こういった音を満喫できるのは、テントならではなのです。

ホテルでは、いくら自然の真っ只中にいても、これらの音は聞こえてきません。

グランピングの素晴らしさが、伝わってきたでしょうか?

 

 

グランピングの良さ その4: 家族や友人と濃密な良い時間が過ごせる

グランピングは、家族や友人と、良い時間が楽しめます。

ホテルでも一緒に宿泊することはできますが、大自然の中で一夜を過ごした思い出は格別です。

しかも、キャンプでは過酷でついていけないおじいちゃん、おばあちゃん、小さい乳幼児やそのお母さん。そんな人たちにも優しいのがグランピングです。

ご家族の良い思い出作りに、グランピングは非常に向いているような気がします。

 

 

グランピングの良さ その5: 新鮮な空気を味わえる

グランピングの良さの最後は、なんといっても大自然の中での新鮮な空気だと言われます。

都会の喧騒から離れて、フレッシュな新鮮な空気を味わってください。

普段のストレスが吹き飛ぶような爽快感を味わえます。

この空気こそが、グランピングの最大の魅力と言えるかもしれません。

 

 

 

グランピングのオススメ国内スポット

さて、グランピングの魅力を今まで書いてきましたが、このグランピングが楽しめる場所は国内にどれくらいあるのでしょうか。

 

少なくとも現時点(2017年5月)で

20箇所以上のグランピングのスポット

があります。

 

しかし、グランピングは

グラマラス(glamorous)でなくてはいけないと思いますので、

ラグジュアリーな雰囲気がちゃんと出ているスポットを7つ紹介します。

その中でも特に口コミなどで評判の高い三つを詳しくお伝えします。

 

日本国内のグランピングスポット

私が見る限り、グランピングのスポットとして、ラグジュアリー感の感じられる場所はここです。ここはどれも、グランピングの醍醐味を満喫できるかと思います。

ワイルドマジックを除けば、すべて東京から離れた郊外になっています。

 

1. 星のや富士(山梨県)

2. 初島アイランドリゾート(静岡県)

3. 森と星空のキャンプヴィレッジ(栃木県)

4. WILD MAGIC (東京)

5. グランピングハヤマ(神奈川県)

6. 伊勢志摩エバーグレイズ(三重県)

7. 北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

 

 

評判の高いおすすめグランピングスポット

その中でも特に評判の高いグランピングの場所、私が行ってみたいと思った場所は以下の三つです。

 

星のや富士(山梨県)

まず大本命はこちらです。

星野リゾートが経営する、山梨県富士山そばにある河口湖畔にある、

星のや富士

です。

 

星野リゾートって、高級リゾートホテルを専門に扱うチェーンですからね。

グランピングに、これほど似合う企業もないわけです。

 

みてください。このラクジュアリー感。

 

 

そして、星野リゾートのオフィシャルサイトに書いてある宣伝文句がこちらです。

グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語。贅沢にキャンプを楽しむ新しいアウトライフ・スタイルの提案だが、そのスタイルはキャンプだけにとどまらない。ホテルライフも含めた新しいリゾート・スタイルの提案でもあるのだ。

グランピングは決して最近沸き起こったブームではない。その歴史は19~20世紀初頭までさかのぼる。時はヨーロッパの列強が世界中に植民地を広げていった時代。イギリス、フランス、イタリア等の貴族たちは植民地に統治者として赴任する際に、ルイ・ヴィトン等ラグジュアリーブランドの大型トランクに自らの宮殿から生活用品、インテリア、洋服を一式梱包。大型船に何百というトランクを積み込んででかけた。赴任地に総統府等という名の「宮殿」を建てるまでは、テントで生活するとしても、そこは限りなく宮殿の空間と快適さが求められた。

そんな歴史的な文化が欧米には色濃く残り、20世紀の後半には、銀幕のスターたち、作家、ファッションデザイナーたちが、同じようにロンドン、パリの生活を、地中海の孤島や、アルプスの山の中に求めた。そう、グランピングとは「自然の中に都会の快適空間をいかに持ち込むか?」。かつては限られた階級社会の人々のラグジュアリーなライフスタイルだったが、今それが我々庶民にも「グランピング」というスタイルで楽しめるようになったのだ。

(以上、すべて星野リゾートより引用)

 

なんか、心に刺さってくるフレーズが満載ですね。

「宮殿」とか。何なんだよ、スゲーよ。笑

 

グランピングを謳っておきながら、実はキャンプ場っぽいところも少なくない中、

星野リゾートの星のや富士だけは、間違いなく贅沢な気分に浸れそうです。

 

 

初島アイランドリゾート(静岡県)

次は初島アイランドリゾートです。

ここの利点は何と言っても、島であること。

 

海を渡って出かけなきゃいけない。

そのアウェイ感、特別感が、都会の喧騒に疲れた人たちに癒しをもたらすのですよ。

 

そしてここも、ラグジュアリー感満載。

海でプールで、思う存分、楽しむこともできます。

温泉だって、あるようです。

 

 

 

そしてテントヴィラに泊まって自然を満喫したあと、ホットサンドイッチで朝食を!

絵に描いたような贅沢なアウトドア。

まさに「グランピング」を楽しめます。

オフィシャルサイトには、一泊二日のモデルスケジュールが載っており、どんな体験ができるのかはっきりわかり、ハズレがありません。

 

 

伊勢志摩エバーグレイズ(三重県)

だんだんグランピングスポットの回し者みたいになっていますが(笑)、

一銭もいただいておりません。

最後に紹介するのは伊勢志摩エバーグレイズ(三重県)です。

 

 

 

この伊勢志摩エバーグレイズは、いわばグランピングスポットの定番です。

人気も実績も定評があります。

特徴は水辺でカヌーがあって、カヌーを楽しめること。

そしてもう一つは伊勢志摩という土地柄ならではの、食材が楽しめること。

 

シーフードが食べたいなら伊勢志摩ですよ。

ここは食事も含めて、ラグジュアリーさを楽しめます。

 

 

まとめ:グランピングとは!? 新レジャーのおすすめスポット3つ

今回の記事は、書いていて非常に楽しかったです。

 

グランピングは、アウトドアの面倒なところ・不快なところをすべて排除して、

アウトドアの良いところだけいただいてしまおう。

そして、それを超えてさらに、大自然のなかラグジュアリーな雰囲気で癒されてしまおう

というコンセプトです。

 

今回はグランピングについて詳しく書きました。

そしてオススメのスポットを三つ、評判の良いものから選びました。

グランピングでリゾートを味わう際の参考にしてください!

 

以上、グランピングとは!? 新レジャーのおすすめスポット3つ・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくださればうれしいです。

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

どわっと爆笑! すぐに仲良くなれるウノアタック

どわっと爆笑! すぐに仲良くなれるウノアタック 今日は、ウノに似たゲーム、「ウノアタック」を紹

記事を読む

髭男爵の山田ルイ53世がワイドナショーにて名言!?

髭男爵の山田ルイ53世がワイドナショーにて名言!? 髭男爵の山田ルイ53世が人気ニュース番組ワ

記事を読む

流行のおもちゃハンドスピナーとは!? その遊び方から購入方法まで。

流行のおもちゃハンドスピナーとは!? その遊び方から購入方法まで。 ハンドスピナーというおもち

記事を読む

トムクルーズが「トップガン2」を明言。続編にはドローンが登場するのか。

トムクルーズが続編に意欲!? 「トップガン2」がついに実現。 トムクルーズが、大ヒット映画「ト

記事を読む

土屋太鳳が「美脚大賞」を受賞!! 観月ありさも40代で驚きの受賞。

(画像出典: Wikipedia) 土屋太鳳が「美脚大賞」を受賞!! 観月ありさも40代で

記事を読む

「太陽がいっぱい」のアランドロンが俳優を引退宣言

「太陽がいっぱい」のアランドロンが俳優を引退宣言 美男子の代名詞であったフランスの大俳優アラン

記事を読む

上野動物園のパンダ「シンシン」が出産してママに!

上野動物園のパンダ「シンシン」が出産してママに! 上野動物園のパンダ「シンシン」が5年ぶりに出

記事を読む

「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える

「日傘ブス」は言い過ぎ!? 増えた日傘女子のマナーについて考える 最近、街を歩いていても、「増

記事を読む

サッカー本田圭佑、トルコ移籍報道から一転

サッカー本田圭佑、トルコ移籍報道から一転 サッカーの本田圭佑が、トルコのガラタサライと移籍交渉

記事を読む

注目ブランド「アイフェイス」とは!? 人気色やディズニーまで

(画像出典はLoftの通販サイト https://www.loft.co.jp/より) 注

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

池の水全部抜く! 全滅大作戦の第一弾が、おもしろすぎる。

池の水全部抜く! 全滅大作戦の第一弾が、おもしろすぎる。 一体な

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想 アジアプ

クッションファンデ、人気の秘密と使い方

クッションファンデ、人気の秘密と使い方 彗星のごとくあらわれて、

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。 世

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平 メジャーリーグ公式

→もっと見る

PAGE TOP ↑