*

ラグビー五郎丸がフランスから日本へ復帰

公開日: : News

ラグビー五郎丸がフランスから日本へ復帰

ラグビーの五郎丸選手が、フランス・リーグで戦っていましたが、6月30日で退団して、帰国。

日本のチームに所属して頑張ることになりそうです。

今日は五郎丸選手の最近を追ってみましょう!

 

 

あの大フィーバーによって、海外からもオファーが

あの五郎丸歩選手が帰ってきました。

言わずと知れたラグビー元日本代表選手。

2015年のラグビー・ワールドカップ(W杯)では、日本中の人気者になったほどの活躍でした。

 

あのワールドカップの時の五郎丸選手の活躍は、日本中を熱狂させたのみならず、五郎丸選手自身にとっても大きな転機となったようです。

 

翌年2016年のシーズンから、オーストラリアのチーム、「レッズ」に移籍。

また2016年の8月にはフランスに移動して、フランス1部リーグのチーム「RCトゥーロン」の一員となりました。

このRCトゥーロンはフランスのなかでも一流選手が集まる名門だそうで、そのなかで揉まれてきたのは大変意味があります。

 

オーストラリアもフランスも名門。

というか、日本人とは体格が違います。

特にフランスはものすごく大きくて、強い。

そんななかで武者修行してきた経験は、何にも代えがたいものと思います。

 

 

しかし不遇の一年半

しかし、世界の壁は分厚く高かったというか、きっと五郎丸選手が思い描いたようには活躍できなかったことも事実でした。

 

オーストラリアのレッズ時代には、故障に悩まされ、

RCトゥーロンでは出場機会があまり与えられることがありませんでした。

(5試合のみ)。

 

なかなか海外で結果を残すというのは難しいです。

特にラグビーは水泳・陸上・テニスなどと違って、

チーム競技ですし、それも野球と比べても圧倒的にチームプレイの要素が大きい

と思います。

 

サッカーが似ていますけれども、それでもサッカーの方が足でボールを扱うという難しいことをやっていますので、個人技に差が生まれそうです。

 

ラグビーは手で持って走るという、

一見誰でもできそうな動作

であるだけに、高度な戦術やチームプレイ、他との連携が必要になってきます。

非常に文化的に高度な、頭の良い人が上にいけるスポーツのような気がします。

 

五郎丸選手はあまり出場機会のなかった不遇の一年半を振り返って、

「育った環境と文化の違いがある」

「そのなかで自分をアピールするのは難しかった」

とコメントしています。

その通りですよ。

サッカーや野球と違って、海外挑戦した選手の数も少ないですし。

よく頑張りました。

 

 

 

そして日本復帰へ

五郎丸選手は、

「パフォーマンス的にも、メンタル的にも、これ以上海外にいることはむずかしい」

と判断して、日本に復帰することになりました。

 

6月30日限りでRCトゥーロンから、ヤマハ発動機へと移籍しました。

ヤマハ発動機は、かつていた「古巣」のチームということができそうです。

 

古巣へと戻るためか、それとも日本に帰ってきたためか、五郎丸選手の記者会見の挨拶は、

「ごぶさたしています」

となりました。

 

ヤマハ発動機がこれから優勝へと向かうにあたって、大きな戦力になると思われます。

五郎丸選手自身も記者会見で「優勝したい」という思いを語っています。

 

ヤマハ発動機の首脳陣は、

「海外で感じてきたラグビーを、特に若い選手達に伝えてほしい」

とコメントしていました。

 

 

 

あのお祈りポーズが消えていた!?

五郎丸選手といえば、あの2015年ワールドカップの時に、

キックをする前のお祈りポーズ(五郎丸ポーズ)

として有名になり、いろいろとモノマネされたり、話題になったりしました。

 

 

しかし海外でプレイする間に、この五郎丸ポーズは、新しいスタイルに変更になっていました。

両手を腰に当てる自然体なルーティーンに変わったとのこと。

五郎丸選手自身は、

「大事なのはそこではない」

として、騒がれすぎた手のポーズよりもむしろ体重移動がポイントになっていて、そこに意識を集中させていることを説明しています。

 

五郎丸選手にとってみれば、例のポーズも重要ではなかったし、そして新しいスタイルでもある意味重要な(体重移動の)部分は全く変わっていないんだとか。

 

RCトゥーロンでも、この新しいスタイルでずっとやってきたそうで、

だとしたら日本復帰した途端、スタイルの変更が注目された

ということになります。日本人はラグビーの何を見ているんだ!??

 

 

 

 

「みなさんにとっては重要かもしれませんが、ぼくにとってはそんなに重要では・・・」

という五郎丸選手のコメントも、その辺を皮肉っているかもしれませんね。

 

 

2019年W杯日本大会に再び登場か

まずは日本復帰おめでとう、という感じですが、五郎丸選手のこれからの活躍次第では、日本代表に復帰ということも十分ありえます。

五郎丸選手自身も代表にふさわしい選手となるよう頑張りたいという意欲は示しています。ぜひぜひ、2015年の時のような活躍をもう一度期待したいところです。

 

 

 

まとめ:ラグビー五郎丸がフランスから日本へ復帰

オーストラリアとフランスのラグビーを、五郎丸選手がチームに持ち運んでくれたことでしょう。ヤマハ発動機が勝って躍進することで、五郎丸選手の評価も上がっていきます。

ラグビーってついつい代表戦ばかり注目しがちですが、こういう国内トップリーグが盛り上がっていくからこそ、レベルの底上げがなされるのですよね。五郎丸選手のシーズンを応援しよう!

以上、ラグビー五郎丸がフランスから日本へ復帰。。。でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくださったら嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる ああー、遂に藤井聡太四段が敗れました! 29連勝

記事を読む

寝苦しい熱帯夜対策に、冷却マットを買ってみた。選び方のコツなど。

寝苦しい熱帯夜対策に、冷却マットを買ってみた とにかく暑い! 急に暑くなった日本列島です

記事を読む

ウド鈴木の「友情短歌」ツイートに反響

ウド鈴木の「友情短歌」ツイートに反響 ウド鈴木がツイートした短歌に思わぬ反響が寄せられています

記事を読む

ネイマールのPSGへの移籍を考える

ネイマールのPSG移籍を考える サッカーのネイマール選手が、スペインのバルセロナからフランスの

記事を読む

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り

加藤一二三九段がワタナベエンタ入り 加藤一二三九段が、芸能事務所のワタナベエンターテイメントに

記事を読む

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇

体操・内村航平、全日本個人総合で10連覇 体操の内村航平選手が、全日本選手権の個人総合で、前人

記事を読む

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件 オールスター2017が盛り上がっ

記事を読む

マタニティマークとは!?いつからつけるか。デザインの種類は?

マタニティマークとは!?いつからつけるか。デザインの種類は? マタニティーマークってご存知でし

記事を読む

美人すぎる冒険家、南谷真鈴が七大陸グランドスラムを達成した。実はエベレスト登頂も日本人最年少記録。

美人すぎる冒険家、南谷真鈴が七大陸グランドスラムを達成した。実はエベレスト登頂も日本人最年少記録

記事を読む

にゃんこスターは恋人同士だった!? キングオブコントでデビュー

にゃんこスターは恋人同士だった!? キングオブコントでデビュー 噂のお笑いコンビ、にゃんこスタ

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ イチロー

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた 今日は時短

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑