*

マツダの新型CX-8について。3列シートのSUVが登場!

公開日: : News, 生活・健康

マツダの新型CX-8について。3列SUVがファミリー向け

マツダが新車として、新型CX-8を発売することを発表しました!

CXシリーズの最新作は、

3列シートのファミリー向けSUV

となりそうです。

今日はこのマツダの新型車CX-8についてです!

 

 

いままでのマツダのCXシリーズのラインアップ

いままでのマツダのCXシリーズのラインアップを、ここでおさらいしておきましょう。

 

マツダCX-3

CX-3はディーゼルエンジン専用車です。

ディーゼルエンジンは環境への影響などから苦境に立たされたこともありましたが、マツダは排ガス規制をクリアして、クリーンディーゼルエンジンを開発。そしてCX-3はコンパクトで、人気がありました。

燃費も良好。

軽油を使用することもあり、かなり経済的な車です。

 

マツダSUV CX-5

マツダのCX-5は、SUV部門で国内販売台数の一位を何度も獲得しています。

非常に人気のある、シリーズのなかでも有名なモデルと言えるでしょう。

CX-5はガソリンエンジンと、2.2リットルのディーゼルエンジンがあります。

 

マツダ CX-4とCX-9は海外中心でまだ日本市場に無し

マツダは日本国内だけ人気の車ではありません。

中国ではCX-4、北米ではCX-9が発売されており、大人気です。

このどちらも、日本市場には存在しません。

 

CX-4は中国市場を狙って開発されており、大人気を獲得して、「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

 

CX-9は北米をターゲットにして開発された車です。

CX-9は3列シートの大型SUVで、いままでのCXシリーズと比べて大型になり、アメリカを意識したデザインとなっています。

 

なくなったラインアップ、CX-7

なくなったモデルとして、CX-7があります。

CX-7は5人乗りのSUVです。しかし2012年に生産を終了しました。

 

そして、満をじして、CX-8登場!

マツダが今回発表するのは、いままで挙げてきたCXシリーズの流れを汲んでいます。

そしてミニバンの市場から撤退して、7人乗り3列シートの車を新しい方向性として、マツダが挑戦です!

2017年内の発売ですから、どのように人気を博すか楽しみです。

 

 

 

まずは新型CX-8の概要を確認しよう!

まずは今回発表された、2017年内に発売されるマツダ新型CX-8の概要を確認します!

 

発売日:2017年中

価格:300万円台前半

座席:3列シート、6-7人乗り

エンジン:2.2リットルのクリーンディーゼルエンジン

(ガソリン車ではない、CX-5はガソリン車)

ボディーサイズ:4900mm

ドア:スライドドアは付かない!

市場の方向性:ファミリー向けSUV、ミニバン市場からは撤退

 

いろいろと画期的、衝撃的な内容になっています!

マツダの新しい冒険です。

 

 

マツダ社長、小飼雅道氏が、新型CX-8を発表

マツダの小飼雅道社長が、2017年4月28日に、都内で記者会見を開きました!

今回、マツダが発表したのは

2017年中に3列シートのSUV 新型CX-8を発売する

ということでした。

 

マツダの小飼社長は、

「ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦していく」

と発表。

ミニバン市場から撤退して、新たにSUV市場に挑戦です。

スライドドアがCX-8からなくなっているのは、ミニバン撤退という言葉を聞くと、納得です。

 

小飼社長はCX-8の位置付けを、「弊社の(いままでの)ミニバンに置き換わるもの」という表現もしています。

 

また、小飼社長は、「300万円前半の価格帯」を考えていることまで発表しました。

CX-8のユーザーとなるターゲット層は、「ミニバンをお求めの家族構成のお客様」や「CX-5をご購入いただいた方の買い替えで、3列シートをお求めの方に」と言っています。

そういう意味で、価格はCX-5から見て、少しだけ高めの価格になっているのです。

 

 

小飼社長は、今後のマツダの商品計画についてもプレゼン

 

小飼社長は、今後のマツダの計画も発表しました。

国内の市場に向けては

・CX-3にガソリンエンジンモデルを追加する

ということ。

 

また、

・北米向けのCX-9で高い評価を得た2.5リットル直噴ガソリンターボエンジン搭載車種を拡大する

ことを発表しています。

 

 

マツダ新型CX-8はスライドドアが付かない

マツダの新型CX-8は、スライドドアがつきません。

このスライドドアというのは、いままでマツダのミニバンで特に人気のあった仕様です。

今回新型のCX-8でその人気あったスライドドアをやめるということは、ミニバン市場からの撤退という方向性が象徴的に表れているともいえるでしょう。

 

スライドドアは無いけれども、ファミリー向け。

いままでマツダのミニバンを買ってくれたファミリー層が、こんどは新型CX-8を買ってくれるようにとの狙いも込めて、新しい冒険です。

 

 

この発表は、噂を打ち消すためか

この新型CX-8の発表は、さまざまに流れていた噂・憶測があったため、マツダとして対応せざるを得なかった背景があったと言われています。

 

そのうわさとは、二つあります。

1. CX-5がストレッチされて、CX-6が発売される予定であること。

2. 北米で人気のCX-9が、日本仕様になって日本市場に登場すること。

 

結果的には、二つとも可能性は否定されたわけですが、これらの噂が先行してしまったため、マツダとしても対応したのではないかと言われています。

 

 

まとめ:マツダの新型CX-8について。3列シートのSUVが登場!

今日はマツダの新型CX-8について、詳しく調べてみました!

うーん、楽しみです。

マツダがミニバンを撤退して、どんな方向に進んで行くのかもこの新型モデルは表しています。

マツダの人気商品になっていくことを期待します。

 

以上、マツダの新型CX-8について。3列シートのSUVが登場!・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくだされば嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

「太陽がいっぱい」のアランドロンが俳優を引退宣言

「太陽がいっぱい」のアランドロンが俳優を引退宣言 美男子の代名詞であったフランスの大俳優アラン

記事を読む

USJのハロウィンパレードに、広瀬アリス&すず姉妹がかぼちゃコーデで登場

USJのハロウィンパレードに、広瀬アリス&すず姉妹がかぼちゃコーデで登場 広瀬アリス&

記事を読む

美意識を向上させたい人にオススメのブログ

美意識を向上させたい人にオススメのブログ 美意識を向上させたいと考えている人に、オススメのブロ

記事を読む

リバウンド知らずで確実にやせる!ダイエットに成功する食事の原則。

リバウンド知らずで確実にやせる!ダイエットに成功する食事の原則。 ダイエット、筋トレに関する知

記事を読む

NHK BS1スペシャル 巨匠スコセッシ『沈黙』に挑む ~よみがえる遠藤周作の世界

NHK BS1スペシャル 「巨匠スコセッシ『沈黙』に挑む ~よみがえる遠藤周作の世界~」

記事を読む

うんこドリルで小学生が漢字を覚えるのはアリかナシか

うんこドリルで小学生が漢字を覚えるのはアリかナシか 話題のうんこドリルが人気です。 全て

記事を読む

毎日の腹筋ローラーで腹筋を割る!

毎日の腹筋ローラーで腹筋を割る! 腹筋ローラーは、プッシュアップバーと並んでとてもお手軽な筋ト

記事を読む

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件 オールスター2017が盛り上がっ

記事を読む

注目ブランド「アイフェイス」とは!? 人気色やディズニーまで

(画像出典はLoftの通販サイト https://www.loft.co.jp/より)

記事を読む

トムクルーズが「トップガン2」を明言。続編にはドローンが登場するのか。

トムクルーズが続編に意欲!? 「トップガン2」がついに実現。 トムクルーズが、大ヒット映画「ト

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

瞑想をシンプル・簡単にする、いくつかのヒント

瞑想をシンプル・簡単にする、いくつかのヒント 久しぶりに瞑想ネタ

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。 腹筋

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン!

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン! 待ってました!大谷翔平

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める 久しぶりに、思

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑