*

カーズ3「クロスロード」が上映間近

公開日: : News

カーズ3「クロスロード」が上映間近

カーズ/クロスロード(原題はカーズ3)がもうすぐ上映間近です!

ディズニー・ピクサーの代表的な作品群の一つともなった、カーズシリーズ。

今日はその魅力を追って、新作カーズ3「クロスロード」の見どころもお伝えします!

 

 

もともと、「カーズ」は1作目がすごかった

カーズは、今やディズニー・ピクサーの代表作の一つ、最高傑作の一つと呼べる作品ですが、

最初に出てきたときの感動

を今でも覚えています。

主人公のレーシングカー、「ライトニング・マックイーン」は、レースに向かう途中のトレーラーから落ちてしまうのです。

しかし、ひょんなところから「忘れられた街」ラジエーター・スプリングスに辿り着き、そこでマックイーンは仲間たちに出会います。仲間との関わりの中で、彼は大切なことを思い出していく・・・というストーリー。

 

ロードムービーとしての魅力が、カーズ1には満載。

そして人間味あふれるストーリーなのです。

マックイーンという青年の成長物語でもあるのです。

 

ラジエーター・スプリングスを通っている「ルート66」という道路はアメリカに本当にあるのですよ!

州と州をまたいで、広大な土地を横切っている道路です。

実際にアメリカに行ったときに、「ルート66」という看板の前で写真撮影したのは良い思い出です。。。

 

 

カーズ2は国際的、そしてド派手になった

カーズ2は1から一転、ド派手な映画になりました。

スパイ映画の要素も加わり、激しいバトルなんかもあります。

そしてレースのシーンも派手なことこのうえない。

レースをする場所は

・第1レース:日本

・第2レース:イタリア

・第3レース:イギリス

という、国際色豊かな映画でもあるのです。

 

しかし、、、、

このカーズ2を見たときの失望と言ったらなかった(笑)

のですよ。

 

ロードムービー、人間味あふれる登場人物たちの温かい交流、成長物語、

といった要素が全くない映画になっていたのです。

 

どちらかというと

・アクション満載

・迫力あるレースシーン

・レッカー車のメーターを中心とする笑い・パロディの要素

・スパイ映画的な推理の部分、それから銃撃を含むバトル

こんな要素が目立っていました。

それはそれで良いと思うんですが、テンポが速すぎて、乗り切れなかったです。

 

最後にレッカー車のメーターが改造によって空を飛んだ瞬間などは、

「ついていけない・・・」

と思いましたもんね。

 

実際、そう思ったオールド・ファンは多かったのではないでしょうか。

カーズ2は、1より大人からの人気が得られなかった気がします。

子どもは大喜びだったかもしれませんが。

 

 

カーズ/クロスロード(カーズ3)は原点回帰。オリジナルの1のような路線に戻したか

カーズ/クロスロード(カーズ3)の予告編とかあらすじとか前評判を調べていますと、

どうやら原点回帰というか、オリジナル路線に戻したのだな

と思われるような展開です。

 

主人公は変わらず、天才レーサーマシンである「ライトニング・マックイーン」なのですが、

彼もベテランになりつつある

という設定で物語は始まります。

 

そして、ベテランになったマックイーンを待ち受けていたものは、

・新しいライバルである新世代マシン

だけではなくて、

・マックイーンの人生を揺るがす大クラッシュ

だったのです。

 

そしてマックイーンは、夢の続きを追っていくのか。それとも新しい道を選び取るのか。

選択の岐路にたたされます。

 

「クロスロード」という邦題は、いわば「人生の岐路」(クロスロード)という意味合いを込めたのでしょう。

アメリカでの原題は、「カーズ3」ですが、もしかしたら邦題の方がテーマにぴったり合っているのかもしれません。

そういう意味でも、元の製作者サイドにも、この邦題は評判が良いようです。

 

成長と衰え。挫折。そこからの回復。そして人生の決断。

こういったテーマを扱うことで、カーズは原点回帰。最初の1のトーンに近づいていくような気がします。

 

これは全くの予測にすぎませんが、おそらくはこのカーズ3で完結でしょう。

 

 

トイ・ストーリーも同じように、3作目で完結させた

ディズニー・ピクサーは、同じように3作目で完結させた映画を他にも持っています。

そう、あのトイ・ストーリーです。

 

3作を通じたあのストーリー展開は素晴らしかった。

トイ・ストーリー3では、おもちゃの持ち主である少年アンディーが、大人になろうとしている。

大学に入学するにあたって、今まで遊んできたおもちゃに別れを告げる。

バズ・ライトイヤーも、ウッディーも、アンディーに別れを告げて、新しい人生を始める。

 

そんなストーリーは感動的でした。

そして一番最初にトイ・ストーリーが登場したときに小学生だった世代が、ちょうど10年後、大学生になったころに、トイ・ストーリー3が出るんですよね。だから、観客はアンディーを追体験できた。

 

 

カーズ3はトイ・ストーリー3と同じような完結作品となるか

今回のカーズ3も同じような効果があるような気がします。

シリーズものというと、ついついマンネリで同じようなストーリーを繰り返してしまいます。

敵キャラが、味方の武器が、よりド派手にエスカレートしていくだけで、ストーリーの持つ構造は変わらない。

 

でも、カーズ3はちがいます。

ライトニング・マックイーンが年をとるのです。

それも、同じ映画の2時間の中で年をとるわけではない。ちゃんと10年かけて、マックイーンが年をとったのです。

観客は、マックイーンを追体験できるのですよ。

 

良く考えられた、すごい映画の作り方だなぁと思いますね。。。

さすがはディズニー・ピクサー!!

 

 

まとめ:カーズ3「クロスロード」が上映間近

これ、封切られたらすぐ行きますよ。

もしかしたらDVDも買うかもしれません。

カーズは、数少ない、続編をもっているシリーズです。

3で完結して、トイ・ストーリーと並んでディズニー・ピクサーの成長物語として語り継がれていくような名作を、期待します!

 

以上、カーズ3「クロスロード」が上映間近・・・でした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくだされば嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

安室奈美恵さん引退は、若いまま「冷凍保存」の大技! コメント全文も紹介

安室奈美恵さん引退は、若いまま「冷凍保存」の大技! コメント全文も紹介 2017年9月20日、

記事を読む

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝

松山英樹、ゴルフ米ツアー優勝 プロゴルファーで世界ランキング5位の松山英樹選手が、アメリカツア

記事を読む

来栖あつこ、元ミニスカポリスが結婚していた!?

(出典:画像は、来栖あつこ公式ブログより) 来栖あつこ、元ミニスカポリスが結婚していた!?

記事を読む

「とんねるずのスポーツ王は俺だ! 2017夏の決戦スペシャル」が面白い

「とんねるずのスポーツ王は俺だ! 2017夏の決戦スペシャル」が面白い 超人気番組、「とんねる

記事を読む

どわっと爆笑! すぐに仲良くなれるウノアタック

どわっと爆笑! すぐに仲良くなれるウノアタック 今日は、ウノに似たゲーム、「ウノアタック」を紹

記事を読む

ヤンキース田中将大、不調続きから脱却できるか

ヤンキース田中将大、不調続きから脱却できるか ヤンキースの田中将大が、2017はまさかの大不調

記事を読む

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる

ついに藤井聡太四段、29連勝後に敗れる ああー、遂に藤井聡太四段が敗れました! 29連勝

記事を読む

遂に関東進出! 舞浜「変なホテル」は恐竜やロボットがお出迎え

遂に関東進出!ハウステンボスだけじゃない。舞浜の「変なホテル」は、恐竜やロボットがお出迎え 「

記事を読む

室屋義秀さんがレッドブル・エアレースでアジア人初の総合優勝!

室屋義秀さんがレッドブル・エアレースでアジア人初の総合優勝! 室屋義秀さんが、レッドブル・エア

記事を読む

高一ミスコンは「りおちょん」吉田莉桜に!!

高一ミスコンは「りおちょん」吉田莉桜に!! 日本一かわいい女子高校生を決める「高一ミスコン」が

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想 アジアプ

クッションファンデ、人気の秘密と使い方

クッションファンデ、人気の秘密と使い方 彗星のごとくあらわれて、

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。

今、人気のファットバイクとは?タフでぶっとい自転車の安定感。 世

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平

FA市場で人気一位ダルビッシュ、二位大谷翔平 メジャーリーグ公式

ダルビッシュ、FA格付けで4位。ワールドシリーズ敗退が影響か。

ダルビッシュ、FA格付けで4位。ワールドシリーズ敗退が影響か。

→もっと見る

PAGE TOP ↑