*

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める

公開日: : 最終更新日:2018/06/26 書評・ブックレビュー

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める

久しぶりに、思いっきり楽しい本に出会いました。

自己啓発に分類されるのか、それともスピリチュアルか。

いや、私は哲学の本であり、量子力学、宗教の本だと答えたいと思います。

 

 

著者さとうみつろうさんの教養は半端ない

今ワールドカップサッカーの真っ最中で「大迫半端ない」が日本中を席巻していますが、(セネガル戦以降ぴったり止んだと思うのは私だけか?)、さとうみつろうさん半端ないです。

ギリシャ哲学、仏教、老子荘子、キリスト教、現代物理学から現代哲学まで。

 

きっとそれぞれを学問的に極めたというわけではないのだと思います。でも、頭が良くて、それらを自分なりに咀嚼して、平易な言葉で書き直してしまうのです。

 

 

正しさを疑え!お守りの反乱

正しさを疑え!というのが一番最初に出てくるテーマです。そして本全体を貫いています。

私たちは小さな自分の思想・常識・正しさに閉じ込められているのです。

自分の人生で機能しなくなったならその正しさを捨ててしまえばよいのに、そう簡単にはいかないのです。

正しさを疑え!常識を疑え!というメッセージはこれまでいろんな人からいろんな形で聞いたことがあるように思います。しかしその中でもさとうみつろうさんの本が一番でした。一番わかりやすくて、心に響きました。

 

 

お守りの反乱という話も、心に響きました。

私たちは、自分が手に入れた地位・持ち物にしがみつきます。執着します。

そして、「これを失ったらどうしよう・・・」と心配になります。

私も、つい最近までそうでした。今いる幸せなポジションを失わないかとしょっちゅう心配になり、それで幸せと感謝を味わう時間が少なくなったりするなど、本末転倒です。でも、そんなことをやっていたんです。

しかし、私たちがしがみついている地位や持ち物なんてのは、単なる「お守り」程度です。

そして、数年前は持っていなかったけれども、それでいのちに別状なんてなかったのです。

 

持っていなかったものなのに、手に入ると執着が生まれる。

お守りの反乱です。お守りが無くても、なくしても、生きていけるということを思い起こすことが必要なのです。

 

きっと、さとうみつろうさん自身が正しさを疑い、諦め、何者でもなく何者でもなれる

さとうみつろうさんのオフィシャルなyoutubeチャンネルを見ると、この人のワークショップや講演会の様子がわかります。

圧倒的なプレゼン能力!というか、ほとんどカリスマ、というか宗教者です。

でも、講演会以外の普段の動画は、静かで穏やかな雰囲気なんですよね。

きっと、このさとうみつろうさん自身が、正しさとかこうあらねばという考えが外され、なくなっていて、それゆえに何者でもなく何者にでもなれる、そんな人なんだろうなと思います。

ともかく、この本は超おすすめです。

何回も読んでいきたいと思います。

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

書評: もう、怒らない(小池龍之介)

今日は「もう、怒らない」という本を紹介します。 著者はなんと現役の僧侶、小池龍之介さんです。

記事を読む

望みをかなえる脳(林成之)| 書評・ブックレビュー

脳の仕組みを用いて、勉強・仕事に成果を出そう。 脳の仕組みを知ると、願望実現に一歩近づ

記事を読む

いつもいいことが起きる人の習慣 | 書評・ブックレビュー

「いつもいいことが起きる、幸運な人になりたい!」 「人生をより充実させるためのコーチングを受け

記事を読む

「社長力養成講座」小宮一慶 | 書評・ブックレビュー

  今日は「社長力養成講座」のレビューです。 ちょっと書名が似ている「

記事を読む

書評: 人生で大切なことは、すべて「書店」で買える(千田琢哉)

今日は 「人生で大切なことは、すべて「書店」で買える 20代で身につけたい本の読み方80」を紹

記事を読む

元気の出る名言20!! カーネギー名言集より

元気の出る名言20!!! カーネギー名言集より 元気が出る名言を20個抜粋してお届けします。す

記事を読む

どんな場でも困った人にならない気配りの習慣(上月マリア)|書評ブックレビュー

人間関係に疲れた人、職場の人間関係に悩んでいる人、必見です。 今日は 「どんな場でも、「

記事を読む

書評: 50歳からの出直し大作戦(出口治明)

50歳からの人生、50歳からの起業を応援する本です。 今日は 「50歳からの出直し大作戦

記事を読む

鈍感力(渡辺淳一)| 書評・ブックレビュー

かつて小泉純一郎元首相で話題になった、「鈍感力」の元ネタです。 鈍感力を身につけましょ

記事を読む

書評: バカになれる人はバカじゃない(小宮一慶)

「バカになれる人ほど、人望がある」とはよく言われます。 今日は 「バカになれる人はバカじ

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ 私は常々、

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

→もっと見る

PAGE TOP ↑