*

ドジャースvs.アストロズ、ワールドシリーズ7戦はダルビッシュ

公開日: : 野球

ドジャースvs.アストロズ、ワールドシリーズ7戦はダルビッシュ

日本シリーズと並行してメジャーリーグMLBで行なわれているワールドシリーズ、大盛り上がりを見せています。

アストロズとドジャースは両者たがいに一歩も譲らず、ついに最終戦第7戦までもつれ込みました。

そしてその最終戦の先発登板が、我らがダルビッシュ有だということがわかりました!

 

 

今シーズン途中から、まさに「ワールドシリーズのために」ドジャースへ

ダルビッシュ有は、今季はテキサスレンジャースにおける5年目のシーズンですが、

シーズン途中の7月31日に、ロサンゼルスドジャースへと移籍。

 

レンジャースでも十分に活躍してきたわけですが、驚きの移籍となりました。

これは、史上稀に見る快進撃で勝利数を重ね、最強戦力を持っていたロサンゼルスドジャースが、

なんとしても今年はワールドシリーズをとりたい、いや今年はすごいチャンスだ!

とシーズン途中で考え始めて、有望な選手をかき集めたのですね。

ダルビッシュはFAの権利を取得する目前でした。レンジャースは優勝争いから外れて当面目先の勝利をがつがつ狙っていく必要がないことから、若手3選手とのトレードにレンジャースは応じたのだと思われます。

 

 

今年のワールドシリーズは、アストロズとドジャースのガチ・バトル

例年ワールドシリーズというのは、とんでもなく盛り上がることが多いのですが、今年は例年に増してすごい試合になっている気がします。

アストロズは、球団創立以来、史上初のチャンピオンを目指して、それこそ猪突猛進。

第6戦も、総力戦と呼ぶにふさわしい投球リレーでした。

第7戦にも、いままで先発した主戦級を待機させ、惜しみなくつぎ込んでいく方針です。

「選手たちはもれなくアドレナリン全開になる。」

「全員が総力をあげる必要がある。第7戦は想像しうる、最大の熱戦になる。」

とは、ヒンチ監督のコメント。

こうやってせっぱつまった状況になると、国民性があらわれますよね。

日本の監督は、「がんばるしかない」的な、ちょっと悲壮感漂うコメントが目立ちます。

しかし、メジャーリーグの監督って、煽る煽る。

テンション・マックスで、ガチンコのバトルをする気が満々です。

 

 

ドジャースは王手をかけられた状態から、土壇場で逆王手!

先に3勝を果たしたのはアストロズでした。

ドジャースとしては、王手をかけられた状態での第6戦。

 

3-1でドジャースは辛勝します。

マエケンも、第5戦で3ランホームランを打たれていたアルトゥーベを打ち取り、勝利に貢献して吠えました。

 

これで、ドジャース側もワールドチャンピオンに対して逆王手をかけて、

待った無しの第7戦を迎える

ことになります。

 

ドジャースのナインは、この大事な第7戦が、ホームであるドジャーススタジアムにて行われることに、

とてつもないアドバンテージがある

と感じているようです。

大観衆と、すさまじい声援とテンション。

メジャーリーガーであっても、興奮・緊張しないはずがありません。

ホームというのは、大きく有利だと思います。

 

 

運命の第7戦を託されたダルビッシュは、冷静さを強調

ダルビッシュは、そんなボルテージの上がる、チームメイト・敵側チーム・ファンのなかにあって、

一人で冷静さを強調しています。

 

「感情が高ぶるとか、そういうことはない」

と先発登板を発表した記者会見でもコメント。

 

ダルビッシュ有、えらいなー。

 

第3戦でアストロズのグリエルが、ダルビッシュに対して行ったとされる人種差別行為についても、

「自分は全く気にしていない。謝罪の必要もない。」

「人種差別は、してはならないこと。」

と、寛容で大人のコメントを残しています。

 

この人、本当に偉いし、アメリカで揉まれることによって本当に模範的なメジャーリーガーになりましたね。まさに人格者というか、周りの選手の手本になることでしょう。

 

ともかく、強調している平常心で、良いピッチングをしてほしいものです!

 

 

まとめ:ドジャースvs.アストロズ、ワールドシリーズ7戦はダルビッシュ

いやー、日本人としては、ダルビッシュに何としても活躍してほしい!!

最終戦・第7戦から目が離せません!

 

以上、ドジャースvs.アストロズ、ワールドシリーズ7戦はダルビッシュ・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

則本が自己最速159km/hをマーク

則本が自己最速159km/hをマーク プロ野球のオープン戦がいよいよ盛り上がってきました。

記事を読む

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。 日本プロ野球の一シーズンにおけるホームラン記

記事を読む

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ 田中マー君ことヤンキースの田中将大が、ヤンキースの開幕

記事を読む

プロ野球とWBC2017を今よりもっと楽しむための情報・記事一覧

  プロ野球を今よりもっと楽しむための情報・記事一覧 今までの記事一覧です。

記事を読む

松坂大輔が年棒1500万で中日と契約! なぜソフトバンク時代の成績は低調だったか

松坂大輔が年棒1500万で中日と契約! なぜソフトバンク時代の成績は低調だったか 松坂大輔選手

記事を読む

2018年、イチローが日本球界に復帰する可能性が高まった!?

2018年、イチローが日本球界に復帰する可能性は!? マーリンズをFAで出て、メジャーリーグ内

記事を読む

2017年、田中将大のヤンキースでの評価

2017年現在、田中マー君のヤンキースでの評価は!? 田中マー君がニューヨークヤンキースにポス

記事を読む

カープ鈴木誠也の2017自主トレ

カープ鈴木誠也の「神ってる」2017年自主トレはこれだ! 2016年「神ってる」活躍で大ブレイ

記事を読む

大谷翔平のアメリカでの報道について。本当に絶賛・評価されているか?

大谷翔平のアメリカでの報道について。本当に絶賛・評価されているか? さて、大谷翔平選手の夢のよ

記事を読む

甲斐拓也、脅威の盗塁阻止率。ホークスはこんな強肩を待っていた!?

甲斐拓也、脅威の盗塁阻止率。ホークスはこんな強肩を待っていた!? ホークスのキャッチャー甲斐拓

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。 腹筋

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン!

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン! 待ってました!大谷翔平

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める 久しぶりに、思

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる 「モテるため

→もっと見る

PAGE TOP ↑