*

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ!

公開日: : WBC・侍ジャパン, 野球

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ!

WBC2017で初戦のキューバ戦から大きなドラマがありました〜。山田哲人のホームラン級の大きなフライを観客の黒パーカーを着た少年がナイスキャッチwwww。そしてビデオ判定の結果、なんとエンタイトルツーベースに格下げになったという。。。これはなんとしても書き残さねばならない、歴史に残る大珍事ですよ。

 

WBC2017の初戦は歴史に残る乱打戦

WBC2017の初戦はキューバで幕を開けました!しかし、これが驚くほどの乱打戦だったのですよ。日本代表侍ジャパンはホームランを含めてめっちゃめちゃ打ったけど、逆にキューバ打線にも打たれまくっていました。

最初は息詰まる攻防、かと思いきや後半は両チーム乱れ打ち

前半はどちらもチャンスを作りながら堅守や美技に阻まれてなかなかホームを踏ませてもらえない、、、みたいな息詰まる攻防だったのですよ。「これがWBC2017のレベルか・・・・」みたいな幻想に満ちたことを思わず考えちゃったわけです。初戦からこれだと、毎日ものすごく楽しませてもらえるのではないかと。ところが途中からホームランがお互いにポンポンと飛び出し、ピッチャーもヒットを打たれまくり、キューバに至っては少し集中力を欠いて守備の動きが散漫に見えたりする時間帯もあったりとか。

もうちょっとしっかりしろ

と言いたくなるほど、お互いの打線が打ちまくった試合になったのです。

 

最初はやはりこの人、菊池涼介のファインプレー

まずリズムを作ったというか、やはり日本すごいぞという雰囲気を作ったのはセカンド菊池涼介の超ファインプレーからのダブルプレー。初回のノーアウト一塁、二塁というピンチから、ライトに抜けそうなヒット級のあたりを止めて、結果はダブルプレーにしとめました。

菊池涼介の特徴は、なんといっても守備範囲の広さ。そして送球動作も素早いし、時にはグローブトスを有効に使ってアウトにしてしまう。この人がいる限り、こういう要所で点をいくつもマイナスにできます。

関連記事:菊池涼介の守備にWBC2017は期待。守備範囲は「まるで忍者!?」

アストロズの青木もあわやセンターオーバーのあたりを後ろに全力ダッシュしてキャッチし、超ファインプレーでアウトにしています。

こういったファインプレーは、思ったよりゲーム全体の雰囲気に影響を与えてしまいますね。そして雰囲気だけではなく、結果的に何点も救っているわけですから、勝利への貢献度は大きいでしょう。

キューバ側もサントスというセンターがファインプレーを連発し、何度も日本側のチャンスを潰していました。やはり守備力というのはとても大事なものなのです。

 

石川がよく投げた

そして先発投手のロッテ石川がよく投げました。四回1失点はゲームを作ったという意味でも、リードを守って終始優勢だったという意味でも大きな貢献でした。

則本がその次

則本がそのあとを引き継いで、5、6回はびしっと抑えてくれました。三振もとったし、則本は見ていてこちらを熱くさせてくれるものがありますね。しかし、7回まで投げてしまって、これでオーストラリア戦は出られないことが確定。うーん、他の選手のウォーミングアップのためにも、則本の肩温存のためにも、6回終わった時点で変えておくべきだったんじゃないのかな、、、

 

果敢な盗塁が、隠れた大ファインプレーなんじゃないかな

WBC2017の侍ジャパンを見ていて気になったのは、盗塁が多いということ!

これは隠れた大ファインプレー。すごい武器なんじゃないかな。象徴的だったのは、5回に主軸を打つ日本ハム中田翔の盗塁!これが坂本勇人のタイムリー・ツーベースと、そのあとの松田のスリーランを呼び込んだのではないかと思うのですよ。

こうやって足を絡めて得点をとっていく、というのは素晴らしいことです。

 

WBC2017の伝説に残る大珍事。山田哲人のホームランをナイスキャッチwww

今日の本題は、四回の山田哲人のレフト方向への大飛球。打った瞬間にホームランだとわかるような会心の当たり。そしてテレビ画面にも「ホームラン」と表示され、球場全体がお祭り騒ぎになったのですが、なんとレフトにいた観客がグローブを差し出してナイスキャッチ!!!

解説の「こういう人にグローブ持たせちゃダメですよね、、、」

という静かなアナウンスが、ツボにはまって笑ってしまいました。

結局、ビデオ判定の末にツーベース。

動画で見ると非常に微妙でよくわからないのですが、静止画で見る限り、私にはホームランだったのではないかと思わせる高さです。けっきょく、

どっちにしろ、フェンスより前に手を出してボール取るなよ

って話です。常識です。取ったのが悪いんじゃない。そんな場所で取るなよという話です。

 

どうやら少年だったらしくて、写真等々は差し控えますが、ネット上では案の定炎上しまくって晒されまくっていました。お気の毒なのか、自業自得なのか、、、

とにかく勝って良かった。

これで負けたら、この少年はさらにまずい立場に追い込まれていましたね(笑)

 

まとめ:WBC2017の初戦は面白かった!キューバ戦最高!ホームラン取られた山田哲人かわいそう

WBC2017の初戦は面白かったです。しかし今後に不安を感じさせる一戦でもありました。ホームランを取られた山田哲人は本当にかわいそうだと思います。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

筒香嘉智に双子の姉!? 横浜DeNA筒香のお姉さんは美人という噂

筒香嘉智に双子の姉!? 横浜DeNA筒香嘉智選手のお姉さんは、双子で美人の姉だった!? 近年の

記事を読む

菅野智之が2年連続でオールスター先発投手部門1位

菅野智之が2年連続でオールスター先発投手部門1位 菅野投手が2年連続でオールスターの先発投手部

記事を読む

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10 WBC2017が終わりました!優勝はア

記事を読む

ヤクルト山田哲人はメジャーに行くのか

ヤクルト山田哲人はメジャーに行くのか 史上初の2年連続トリプルスリーを果たした、球界のスーパー

記事を読む

侍ジャパン2017、メンバー発表! | WBC

ついに侍ジャパン2017、第四回WBCのメンバーが発表! 侍ジャパンの小久保裕紀監督が1月24

記事を読む

稲葉篤紀が侍ジャパンの新監督に!

稲葉篤紀が侍ジャパンの新監督に! かねてから噂がありましたが、稲葉氏が野球の日本代表チーム新監

記事を読む

侍ジャパンがWBC2017壮行試合初戦で台湾選抜に敗れる

侍ジャパンがWBC2017壮行試合で初戦で台湾選抜に敗れる 2017年2月28日。侍ジャパンが

記事を読む

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。 日本プロ野球の一シーズンにおけるホームラン記

記事を読む

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平登場

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登場 年末の「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登

記事を読む

大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。

[/caption] 大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。 ビッグニュー

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ

筋トレは仕事とメンタルに効く、と思う理由6つ 私は常々、

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

一日たった15分の散歩が、ダイエットにもストレス解消にもなる方法。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑