*

侍ジャパン! WBC2017予選1次リーグで2連勝、オーストラリア戦結果

公開日: : 最終更新日:2017/03/09 WBC・侍ジャパン, 野球

強いぞ侍ジャパン!WBC2017予選で2連勝、オーストラリア相手に快勝

強いぞ侍ジャパン!2017年3月8日、WBC2017の第二戦目、オーストラリア戦を快勝しました。これで昨日3月7日のキューバ戦に続いて二連勝です。第二次ラウンドへの進出はほぼ確定。やってくれました!WBC2017の侍ジャパン、(下馬評や壮行試合での結果に反して)、かなり強いです!!

 

 

まずは先発、巨人の菅野がナイスピッチング

まずはオーストラリア戦に先発が予想されていた巨人の菅野がナイスピッチング

私は「昨日のキューバ戦は負けたとしても菅野のゆえにオーストラリアは勝てる」と計算していましたので、(実際はキューバ戦にも勝てたわけですが)、菅野の好投は予想通りで、嬉しい展開です。

途中、オーストラリアのデサンミゲルにホームランを打たれて先制点を許してしまいますが、五回裏ワンアウトまで良いピッチングを続けてくれました。一失点というのは良い仕事をしてくれたと言って良いでしょう。

WBC2017のような一発勝負の国際試合では、先発投手が試合を作ってくれるのが勝利への前提条件となります。

好調・ソフトバンク松田の犠牲フライで1点

WBC2017でキャプテンっぽいリーダーシップを発揮している松田ですが、キューバ戦では本塁打も飛び出すほどの好調ぶり。この試合でもレフトへの犠牲フライでしっかり同点としてくれました。

 

侍ジャパン四番五番コンビ、中田と筒香がホームラン

WBC2017の中軸が爆発、まずは中田翔

最初にホームランを打ったのは中田翔。この人はチャンスで本塁打を打つのが仕事だ、と前から私は言っていました。ホームランを打ってなんぼ、フルスイングしてなんぼ、チャンスで打ってなんぼの選手なんですよ。中田翔は。

関連記事:WBC2017 侍ジャパン 中田翔 外野手 日本ハム ここに注目

そして期待通りに打ってくれました!

七回表、やっと中田翔のバットから快音が聞こえました。壮行試合から数えてここまでけっこう苦しんできた中田選手。その全てのうっぷんを晴らすような、すがすがしいホームランです。

次にWBC2017侍ジャパンの四番、筒香が2ラン

次に8回表、2試合連続の2ランとなる筒香のホームラン。

これも特大の筒香らしいホームランでしたが、解説の原元監督に言わせると、かなり技ありの一発のようです。ファウルギリギリのあわや切れてしまうかという打球でしたが、切れないためにグリップをわざと遅らすという高等技術なんだとか。うーん、素人にはわからんが、すごそうですな。

私はこの筒香のどっしりとした、迫力満点のフォームが大好きなんですよね。25歳に見えない、おっさんの風格(笑)。こんな迫力は、落合博満以来ですね。筒香は流打ちでレフト方向へのホームランも連発するし、左打者版の落合と言えそうです。

ちょっと話がそれますが、筒香選手は双子で、お姉さんがいます。その詳しい記事はこちらです。「筒香は双子!? 横浜DeNA筒香嘉智のお姉さんは美人という噂」

 

ソフトバンク千賀から日本ハム宮西へ、完璧リレー

7回裏はソフトバンク千賀が、三者連続三振という快投。バッティングだけではなくて、ピッチャー陣も調子が出てきました。抑えは則本(昨日のキューバ戦で3回も投げたためオーストラリア戦では登板無し)、千賀、宮西と計算できる投手が増えてきています。

 

9回表の満塁チャンスでの凡退は残念、、、

9回表は下位打線からチャンスを作っていきました。そして一番の山田、二番の菊池という絶好調コンビへ。下位打線でランナーを出して山田哲人で返す、というのは今回のWBC2017の一つの戦略であったはず。守備も打撃も今回WBC2017における絶好調男・菊池涼介も続きます。9回は絶好のチャンスだったんですけどね、、、

ライトへのフライなどはタッチアップいけるかと思いましたが、堅守に阻まれました。

最後は唯一のメジャーリーガー、アストロズの青木が三振。

うーん、惜しい。ダメオシを入れそこねました。

最後は牧田が3人で締めてくれたぜ

最後はアンダースローの牧田が3人で締めてくれました。最後の打者は三振!昨日のキューバ戦と連続で投げて、落ち着いてきています。この人も壮行試合で打たれたり四球を出したりしていましたからね。心配しました。ここに来て、だいぶ調子が上がってきているのではないでしょうか。

 

オーストラリアの投手って身体が締まってなくね??

いや、これは勝負とはなんの関係もないんですけどね。オーストラリアの投手陣って身体がちょっとだらしがないというか、締まってない人多くないですか(笑)。

 

WBC2017第二戦オーストラリア戦 試合結果 日本4 – 1 オーストラリア

結果は4-1で日本の快勝。日本は8安打4得点。

WBC2017監督 小久保監督の勝利インタビュー

小久保監督のインタビューでは菅野をまず最初に名前を挙げて、ピッチャーに尽きる、とのコメント。そしてホームランを打った中田翔と筒香嘉智を賞賛。筒香に関しては「さすが日本の四番」と持ち上げました。

ヒーローインタビューの最初は菅野投手

やっぱり最初のヒーローインタビューはこの人。菅野投手は「このメンバーでもっと野球をやっていたい」と。そして打線に関しては「いつも打ってくれそう」と信頼を寄せている様子を表しました。

次のヒーローインタビューは中田翔と筒香嘉智

中田選手はホームランに関して「久々に気持ちよかった」とコメントしました。「初ヒットでしたね?」と聞かれると、少し苦笑いしつつも、それでも嬉しい様子。

筒香は「二試合連続のホームラン、筒香嘉智選手です!」と紹介されて、観衆も大声援。打った瞬間「行ったかな」という感触。そして「菅野さんがいいピッチングしてくれたし、中田さんが逆転してくれたので」と先輩を持ち上げる。でも、若いのに、四番の風格あるなあ、、、

 

まとめ:WBC2017・侍ジャパン、強いじゃねーか!いけるぞ!

いやー壮行試合での様子を見てたら、だいぶ心配したんですけどね。

けっこう強いじゃねーかWBC2017侍ジャパン!

筒香はホームラン連発。中田はやっとホームラン打って。菊池は守備も打撃も絶好調。山田哲人はホームラン取られてしまったけど、いろいろ活躍しています。坂本も松田もきっちり活躍している印象です。そしてなによりピッチャーが二戦目にして、みんな良い仕事をし始めました。

これは第二次ラウンド以降も、調子を上げていってほしいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

25年目の「日本野球界番付」大谷が新三役に

25年目の「日本野球界番付」、大谷が新三役に!  日本野球界番付が発表されました!この番付が行

記事を読む

WBCのビッグサプライズ、千賀滉大、山田哲人、筒香嘉智

WBCのビッグサプライズ、千賀滉大、山田哲人、筒香嘉智 アメリカのスポーツニュースサイト、「ス

記事を読む

DeNA濱口が左肩機能不全でオールスターを辞退

DeNA濱口が左肩機能不全でオールスターを辞退 オールスターを前にして、横浜DeNAの濱口遥大

記事を読む

WBC2017 中国戦結果、侍ジャパン 第一ラウンド突破

WBC2017中国戦結果、侍ジャパンが第一ラウンド突破 ワールド・ベースボール・クラシック(W

記事を読む

侍ジャパンがWBC2017壮行試合初戦で台湾選抜に敗れる

侍ジャパンがWBC2017壮行試合で初戦で台湾選抜に敗れる 2017年2月28日。侍ジャパンが

記事を読む

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017| U-24

「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」 アジアプロ野球チャンピオンシップ2017という新しい

記事を読む

イチロー伝説: 安打数世界記録への道② 210安打デビュー

イチロー伝説: 安打数世界記録への道② 210安打デビュー シリーズもので「イチロー伝説:安打

記事を読む

菊池涼介の守備にWBC2017は期待。守備範囲は「まるで忍者!?」

WBC2017侍ジャパン、菊池涼介のスーパー守備「まるで忍者!?」 WBC2017の侍ジャパン

記事を読む

巨人新外国人! アルキメデス・カミネロの成績、2017予想

巨人の新外国人アルキメデス・カミネロの成績と2017活躍予想! 東京読売ジャイアンツが新しい外

記事を読む

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平登場

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登場 年末の「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

塚田農場、オドロキの人材戦略。「学生バイトは客」の真意。

塚田農場、オドロキの人材戦略。「学生バイトは客」の真意。 居酒屋

家事えもんの嘆き。掃除・料理の達人になってしまうのか。

家事えもんの嘆き。掃除・料理の達人になってしまうのか。 家事えも

道重さゆみが変形少女で声優に挑戦!!

道重さゆみが変形少女で声優に挑戦!! アイドルの道重さゆみが、「

室屋義秀さんがレッドブル・エアレースでアジア人初の総合優勝!

室屋義秀さんがレッドブル・エアレースでアジア人初の総合優勝! 室

小学生向けスニーカー「瞬足」はなぜ人気か

小学生向けスニーカー「瞬足」はなぜ人気か 小学生の運動会シーズン

→もっと見る

PAGE TOP ↑