*

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10

公開日: : 最終更新日:2017/03/24 WBC・侍ジャパン, 野球

目次

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10

WBC2017が終わりました!優勝はアメリカ。日本は残念ながらというか、健闘というか、ベスト4に終わりました。アメリカには正直勝てそうだったのですが、惜しかったです。

準決勝以降ははっきり言って力の差は無いですね。

プエルトリコは決勝でアメリカに8点差で負けましたが、もう一度やったらプエルトリコが勝つかもしれないし、野球で一発勝負というのは本当に厳しいものです。だからこそWBCは面白いのかもしれませんが、、、、

さて、侍ジャパンのメンバーの中で、特に活躍した選手を10人ピックアップして、解説してみます。選んだ方法は、私の独断と偏見ですので、「あいつが入っていない!」とか「こいつは選ぶべきではない」と言われても困ります(笑)。

完全なる主観による、侍ジャパンで活躍したメンバーのランキング、ベスト10です。

 

 

第10位:WBC2013から続いてよくがんばった内川聖一

いきなり主観が強い感じかもしれませんが、まずは内川聖一選手に良くやったと言いたいです。現在の侍ジャパンの中で唯一の3大会連続出場となる内川聖一。

今回は代打での起用が中心となりました。

第二次ラウンドで小久保監督も言っていましたが、普段は自分のチームでは四番を打っている選手が代打で黙々と頑張っている姿は胸を打ちました。

そして絶好調のラッキーボーイ、小林誠司の代打に送られることが多かったです。これもまた、プレッシャーのかかることだったでしょう。

それに見事に応えたのが、内川聖一の偉いところです。

WBC2013は悲しかった、でもそれを取り返したぞ内川!

内川聖一選手にとって、前回大会のWBC2013は悲しい結果に終わりました。準決勝のプエルトリコ戦で、ダブルスチールをアウトにされてしまったのです。「走塁ミス」と言われてしまったそのプレーは内川聖一選手の傷でした。

しかし、今回小久保監督に一番最初に侍ジャパンのメンバーになることを打診されて、「小久保監督を男にしたい」と参戦。見事、小久保監督の期待に応えてくれました。

 

内川聖一が放った第二次ラウンドキューバ戦での大きな犠牲フライ

内川聖一が大きな仕事をしたのは侍ジャパンの5戦目、第二次ラウンドキューバ戦。8回、ラッキーボーイの小林誠司に代わって代打の内川聖一。そしてライト方向へ大きな犠牲フライ!

貴重な勝ち越し点になりました。

この打球は実はファールだったので、相手のライトが取らなければタイムリーにはならなかったのですが、球場のムードに呑まれて思わず捕球してしまいました。なんにせよ、内川聖一が執念で呼び込んだタイムリーです。

 

内川聖一は最終戦アメリカ戦でも貴重なヒット

内川聖一は侍ジャパンにとって最後の試合になったアメリカ戦の準決勝でも、8回にラッキーボーイ小林誠司に代えて代打で出場。

ぜんぜんそれまでヒットが出ていなかった侍ジャパンでしたが、ライト方向にクリーンヒット!さすがは内川、という場面でした。

 

 

第9位:ケンケンとガッツポーズが見ていて楽しかった熱男、松田宣浩

松田宣浩も、よく頑張っていた印象です。

この人はガッツポーズや、一生懸命声を出している姿が印象的ですよね。

明るいし、燃えている感じが見えるし、好感度抜群の選手です。そしてWBCでもよくこの人の良いところが現れていました。

 

ケンケンは好調の証し

松田宣浩のファールを打ったあとの「ケンケン」が気になる人、いませんか?私は気になって、気になって。あのケンケンが好きなんです。見ると得した気持ちになります。あのケンケンは、実は好調のしるしなんですよね。

松田宣浩はWBCではケンケンしっぱなしでしたので、ずっと好調を維持していたということなのでしょう。笑

 

初戦キューバ戦のホームラン、あれで波に乗った

松田宣浩は第一次ラウンドの初戦、とんでもない乱打戦となったキューバ戦で、3ランホームランを打ちました。あれが象徴的なバッティングで、「気持ちで打っている」ように私には思えました。

 

イスラエル戦でも気持ちで持っていたタイムリーヒット

松田宣浩は第二次ラウンドの最終戦イスラエル戦で、大事なタイムリーヒットを打ちました。長いことゼロ行進が続いたあと、筒香嘉智のソロホームランを皮切りに、6回侍ジャパンが猛攻撃。

そして松田宣浩のレフト方向へのタイムリーヒットは、またもや「気持ちで打った」ヒットに見えました。完全にボール球を、無理やり食らいついてヒットにした感じです。

 

最後のアメリカ戦では松田宣浩が痛恨のエラー

松田宣浩はWBC最終戦となった準決勝アメリカ戦で、8回にサードゴロをファンブルしました。その間に三塁ランナーがホームイン。守備のミスで失点という、なんとも辛い結末になったわけです。

しかし、これは松田宣浩選手だけを責められないでしょう。

松田宣浩選手は長い間、唯一の三塁手として侍ジャパンで活躍してくれました。早く彼の後継者が現れなくてはいけません。

 

 

第8位:もう一人の四番、主砲中田翔

中田翔が活躍してくれたのは、嬉しいサプライズでした。

筒香嘉智との四番争いが注目されましたが、そうそうに筒香が四番に内定して、そのまま中田翔はずっと5番。しかしそんな小さなことでは腐らずに、頑張っていました。

印象的だったのは、筒香嘉智選手が打つたびに喜ぶ中田翔の姿でした。イスラエル戦の筒香のソロホームランでは、ガッツポーズをする中田翔が大写しになりました。

 

3戦連続でホームラン

中田翔は第一次ラウンド、第二次ラウンドを通して3戦連続でホームランを打ちます。

これはWBC侍ジャパンとしては史上初の成績です。

それで筒香と並んで、各チームから警戒される選手となりました。二人、パワーヒッターが並ぶのは相手チームにとって脅威です。投手に与えるプレッシャーだけでも、貢献度は高かったでしょう。

 

忘れられないのは、オランダ戦でのタイムリーヒット

中田翔のベストプレーとして記憶に残ったのは、何と言っても第二次ラウンドの初戦オランダ戦での決勝タイムリーヒット。延長11回、タイブレークとなったときに、鈴木誠也が送りバントをしてワンアウト一塁、二塁。ここで見事に中田翔がタイムリーヒットを左中間に打ってみせました。これぞ主砲です。

鈴木が送りバントをする直前に中田翔に近づいていって、

「送るのであとは頼みます」

とささやいて、中田翔は

「おう、任せとけ(^ー゜)」

と応えたと言います。

そう思ってあの時の映像を見ると、中田翔の気合いの入った顔の理由がよく分かります。そういうときにこそ燃えるのが、中田翔という男なのです!

 

 

第7位:メジャーリーグから熱視線、守備で大活躍の菊池涼介

今回、メジャーリーグのスカウトたちは侍ジャパンのメンバーに熱い視線を注いでいましたが、そのなかでも菊池涼介は最も注目を集めたうちの一人でしょう。

第一次ラウンドの初戦キューバ戦において、初回に迎えたピンチを見事な菊池涼介のファインプレーから切り抜けて、侍ジャパンの快進撃は始まりました。ほぼ毎試合ごとに、菊池涼介のスーパープレーを見ることができたような気がします。

 

打者ごとに守備位置を変えるという、「頭脳」のファインプレー

菊池涼介のスーパーな守備力は、類まれなる運動神経やセンスからだけ生まれているのではありません。

菊池は、データに基づいて打者ごとに守備位置を変えるという離れ業をやっています。

打者ごとにどんな打球をどの方向に打つことが多いのか、そんなデータを覚えるだけでも一苦労でしょう。この「頭脳」のファインプレーによって、あのスーパープレーが生まれるのですよ!

 

第二次ラウンド初戦オランダ戦の死闘を制した陰のタイムリー

第二次ラウンドの初戦となったオランダ戦は、まさに死闘でした。ここで菊池涼介がオランダ打線の

明らかにセンター前ヒットになる打球

を飛びついてグラブトスでアウトにしたプレーが忘れられません。

翌日、アメリカのメディアはこぞって菊池涼介の守備力を報道しました。「魔法使い」と呼ばれた菊池涼介の守備力は、メジャーリーグの注目の的となりそうです。

 

奇しくも、この菊池涼介のエラーによって失点したアメリカ戦

準決勝のアメリカ戦では、四回にこの菊池涼介がエラーをして、セカンドゴロをはじいてしまいます

これがきっかけとなって先制点を許してしまいます。そのあと、菊池自身が「なんとか取り返そうと思って」ソロホームランを打ったことは感動的でしたが、やはりこれが敗因の一つとなりました。

これだけ守備で味方を鼓舞して、侍ジャパンをリードしてきた菊池涼介が、まさかのエラーを喫してしまう。それによって負ける、とはなんとも野球はドラマに満ちたスポーツです。

 

 

第6位:ちょっと酷使されちゃった牧田和久

牧田和久は6位にしてみました。はい、主観です。もっと上位でも、、、と思っても不思議ではありません。

牧田和久は、侍ジャパンのなかで「失点しないだろう」という安心感を与えてくれる唯一の投手だったように思います。

 

まずはオランダ戦での牧田和久

特に第二次ラウンドでは頼もしかった印象です。

まず、オランダ戦では牧田和久が出てくるだろうと思った9回にまさかの則本投入。しかし一点差を追いつかれて延長戦に突入してしまいます。

「やはり則本は先発投手であって、クローザーは無理なのか。

 ここは牧田だろう、牧田出せよ、小久保!」

というのを、日本でたぶん100万人くらいが心で叫んでいたことだと思います。

そして牧田和久がそのあと延長戦できっちり抑えてくれて、

やっぱり牧田だよ、牧田!!!

と日本中が認識したことと思います。中田翔が打って、牧田和久が締める。夢にまで見た勝利パターンです。

 

次にキューバ戦でも締めてくれた牧田和久

次にキューバ戦でも、あっさり三者凡退に牧田和久は抑えてくれました。

やはりあの変則的なアンダースローが打ちにくいのだろうか?こんな投手がいて侍ジャパンはなんてラッキーなんだ!と思った瞬間でした。やはり国際大会は短期決戦なので、変則的なフォームの選手には対応できないのです。準決勝のアメリカ戦でも、変則的なフォームのアメリカ人選手に日本打線は苦しめられました。

 

イスラエル戦でまさかの乱調、それで6位

その牧田和久がイスラエル戦でまさかの乱調、3失点。それで牧田和久はこのランキングで順位を落として6位くらいになったんですけどね。まあ、これは勝敗には影響なかったし、牧田も人の子、責められません。

いずれにせよ、侍ジャパンの守護神として大活躍してくれました。ちょっと酷使しすぎの感もあります。ペナントレースに影響が出ないことを祈ります。牧田選手、お疲れ様でした!

 

 

第5位:ホームラン連発、「ビッグサプライズ」の山田哲人

山田哲人はほとんど全試合を一番バッターとして出場しました。

二塁手は菊池涼介がいたために、同じ二塁手である山田哲人は指名打者DHとして起用されました。それでリズムが難しかったと思うのですが、だんだん好調になっていったように思います。

 

まずは山田哲人が少年にホームランをキャッチされることから始まる

まずは、山田哲人のホームラン級の打球を外野席にいた少年にナイスキャッチされてしまうところから、WBCは始まりました。少年がかなり身を乗り出してボールを捕球したため、これは「ホームランではない」とビデオ判定によって決められてしまいます。

山田哲人はせっかく打ったホームランが、「幻のホームラン」になってしまうのです。

でもここで怒らないのが山田哲人の偉いところ。

「僕はぜんぜん気にしていない。あの少年はきっと野球少年。また見に来て応援してほしい」

と神対応コメント。

山田哲人、バッティングだけじゃなくて、徳も高いのかよ!

山田哲人は今回ホームランは失いましたが、評価は高まるばかり。

 

第二次ラウンド第二戦キューバ戦にて2本のホームラン

山田哲人は、第二次ラウンドの第二戦、キューバ戦にて

いきなり先頭打者ホームラン

を打ってくれます。

これが一つの狙いで、山田哲人を一番に置いているんですよね。

そして8回に小林誠司に代わった代打内川聖一がライトへの犠牲フライで貴重な勝ち越しタイムリーを打ったあと、山田哲人がいきなり初球を2ランホームラン!

相手ピッチャーが落ち込んでいるところに、すかさず初球の甘い球を狙っていく。

ハンターかよ、山田哲人。

そう思いましたね。少年へのあの優しい神対応コメントで徳の高さを見せつけたかと思いきや、こんなところでえげつない追加点。うーん、けっきょく山田哲人は一流のプロ野球選手だっつーことですね。

 

メジャーリーグの山田哲人への評価もうなぎのぼり

このWBCですっかり、山田哲人へのメジャーリーグからの評価もうなぎのぼりですよ。

アメリカの大手メディアが選んだ「WBCのビッグサプライズ」の7人の選手のうち、3人が日本人選手だったのですが、それは山田哲人、筒香嘉智、千賀滉大の3人。

「山田哲人はパワーとスピードを兼ね揃えた選手で、二年連続でトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を達成している」と全世界に報道されてしまいました。

まだ山田哲人は24歳と若いので、FAを取るころにはメジャーリーグからの獲得合戦が激しくなっているかもしれませんね。

 

 

第4位:これぞ日本の四番!堂々の活躍、筒香嘉智

筒香嘉智については、もう本当に期待通りの活躍をしてくれました。
第一次ラウンドからホームランとタイムリーを連発。
とにかく、この選手には隙がない。

筒香嘉智はレフト方向に流打ちしてホームランも打てるし、引っ張ってライト方向に飛ばしてファールにしない技術を持っています。

いつも言っていることなのですが、筒香嘉智は若くして「落合博満かよ」っていうくらいの技術を持っているんです。両者は左打者と右打者という違いはあるにせよ。

打ってほしいところで打つ、という面でもまさに四番らしい活躍でした。
印象に残っているのは、第二次ラウンドの最終戦、イスラエル戦。
ベンチのレポートをしていた中居正広さんが「ここで打ってほしいというところで打つのが四番、、、」と言った矢先に、筒香嘉智が待望の先制点がソロホームラン。
あとで番組の中で中居正広さんは、「おれ、ファインプレーじゃねえ?」と言っていましたが、、、ファインプレーは筒香の方でしょう(笑)

筒香嘉智と中田翔のおかげで、侍ジャパンの印象も変わりました。

アメリカ代表の監督は「もはやスモールベースボールではない。リトル・ビッグベースボール」と言っていましたね。

少しだけ大きい野球になったと。今までのようにバントや盗塁といった小技も使えるけれども、中田翔や筒香嘉智のような大砲もちゃんといる。そんなことを表現したかったのでしょう。

筒香嘉智もこれからメジャーリーグの移籍獲得合戦が始まることでしょう。筒香がメジャーリーグの投手と対決するシーンは確かに見てみたいです!

 

 

第3位:メジャーリーグ級の快投、菅野智之

菅野智之は侍ジャパンのエースとして、

第一次ラウンドでは第二戦オーストラリア戦
第二次ラウンドでは第二戦キューバ戦

そして準決勝アメリカ戦の先発として投げてくれました。

試合前のアメリカ代表の監督のコメントが印象的でした。

「菅野智之は強敵だ」

そして、その通りの投球になりました。
惜しくも4回、菊池涼介のエラーをきっかけに失点しましたが、四番アレナドは三連続三振。

菅野智之にアメリカ打線は苦しめられました。

試合後に

「菅野はメジャーリーグの投手だ」

と言われたのは、最大級の賛辞だと思います。

堂々の三位でしょう!

 

 

第2位:今回WBC2017の大目玉、次期メジャーリーガー千賀滉大

千賀滉大が二位にランキングされるのに文句をつける人はいないでしょう。

間違いなく、今回のWBCで、無名から一気にメジャーリーグ見本市の目玉商品になりました。

気迫のピッチング。

第一次ラウンド、第二次ラウンドを通じて9イニング連続無失点。

あまりに好調なためにイスラエル戦では先発を命じられました。これにも見事応えて5回を無失点。

おばけフォークと150km/h台後半のストレート。

そして三振を取りに行く気概。

千賀滉大を見ると胸が熱くなるぜ、、、、みたいになった日本人は多かったのではないでしょうか。今回、男を上げた選手です。

準決勝のアメリカ戦でも失点こそしましたが、ナイスピッチングを見せてくれました。

第1位:WBCのラッキーボーイ。「なぜ」から「正捕手」、小林誠司

一位はもちろん、この男。

WBC一番のラッキーボーイ、小林誠司。

まず「肩の強さ」で代表入り。しかし、リードやバッティングの面では「なぜ選ばれたの?」とまだまだ疑問符がつく存在でした。それが、あれよあれよと大活躍。

気がついたら、WBC一のラッキーボーイになった小林誠司。

 

しかし、結果が出ると、なんでもあとからついてくるんですね。

「イケメンじゃないか」

「丸刈りが爽やかでいい」

「マスクが甘い」

「性格も良いに違いない」(真矢みき)

とか、ぜんぜん野球とは関係ないことまで褒められはじめている始末です。

小林誠司は肩の強さを生かした抜群の守備を何度も見せてくれましたし、バッティングは絶好調でなんと5割近くの成績。

ベンチもファンも小林誠司が打つと最初は笑顔で大喜びでしたが、

けっきょく、小林誠司が一番打ってるじゃねーか

という結果に。

ヒットだけではなく、ホームランも、ここぞというところでのタイムリーも打ってますからね。打撃の面でもけっきょく一番貢献しています。

メジャーリーグのスカウトが騒ぐ選手ではないですが(誰も注目しなかったのは、ちょっと悔しい、、、)、でもペナントレースで巨人は小林誠司を補欠にはできないでしょう。ぜひ巨人でも正捕手になってください。お疲れさまでした!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

MLB本塁打王カーター、日本球界入りか

MLB本塁打王カーター、日本球界入りか!? 昨季メジャーリーグでホームラン王に輝いたブルワーズ

記事を読む

日ハム斎藤佑樹が2017年開幕投手の可能性

日ハム斎藤佑樹選手が2017年の開幕投手に!? 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手といえ

記事を読む

カープ鈴木誠也の2017自主トレ

カープ鈴木誠也の「神ってる」2017年自主トレはこれだ! 2016年「神ってる」活躍で大ブレイ

記事を読む

51勝メジャーリーガーの大家友和が引退!?

51勝メジャーリーガーの大家友和が引退!? 通算51勝をあげた、野茂英雄さんに続くメジャーリー

記事を読む

日本ハム斎藤佑樹が炎上して2軍落ち

日本ハム斎藤佑樹が炎上して2軍落ち 日本ハムの斎藤佑樹選手が今シーズンがんばっていますが、なか

記事を読む

25年目の「日本野球界番付」大谷が新三役に

25年目の「日本野球界番付」、大谷が新三役に!  日本野球界番付が発表されました!この番付が行

記事を読む

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想 アジアプロ野球チャンピオンシップ201

記事を読む

大谷翔平のキックボクシング騒動と右足首ケガ

大谷翔平のキックボクシング騒動とケガの状況 大谷翔平選手がWBC2017の侍ジャパンとしての出

記事を読む

巨人新外国人! アルキメデス・カミネロの成績、2017予想

巨人の新外国人アルキメデス・カミネロの成績と2017活躍予想! 東京読売ジャイアンツが新しい外

記事を読む

オールスターのタイミングで大谷翔平のフィギュアが発売!

オールスターを前に大谷翔平のフィギュアが発売! 2017年のオールスターを楽しんでいますか?

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。[/ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑