*

筋トレしてマッチョなダルビッシュの筋肉がやばい!

公開日: : 最終更新日:2017/03/02 野球

筋トレに目覚めたダルビッシュの筋肉がやばい!

テキサス・レンジャースのダルビッシュ選手はメジャーリーグで屈指の先発投手で、サイヤング賞にも近いといわれています。いわば日本のエースからメジャーの超一流へと登りつめていったダルビッシュ選手ですが、近年はその筋力トレーニングいわゆる「筋トレ」に対する積極的な姿勢でも知られています。アメリカに渡ってからはそれに拍車がかかり、ますますマッチョへとなりつつあるご様子。今日はダルビッシュ選手の筋トレについて考えてみます!

 

今や筋トレオタク、サプリメントオタクのイメージ

筋トレに力を入れ、非常に詳しくなっているがゆえに、一部では「筋肉博士」という異名もとるほどになっているダルビッシュ選手です。ダルビッシュ選手の筋肉はやみくもに鍛えたものではなく、最新のトレーニング理論・知識のたまものなのです。

筋トレも勉強熱心。サプリメントも豊富に揃えて詳しいことから、なんでもレンジャースのチームメイト達からも「サプリオタク」といわれているんだとか。一流のアスリートから「オタク」って言われるのは実はすごいことです。どれだけダルビッシュ選手が勉強熱心かがうかがえます。

ダルビッシュ選手は筋トレ前はそんなにマッチョではなかった

ダルビッシュ選手が注目されていたのはプロに入る前の高校生の時から。しかしその頃はマッチョの印象は全くありません。背はその頃から高かったと思いますが、どちらかというと線が細いイメージの方が強かった。上の写真が高校時代のダルビッシュ選手。下の写真と比べてみると、ぜんぜん細いでしょ。胸板の厚さが違いますよね。

ダルビッシュ選手はプロ入り後、一流選手へとなっていくために筋トレに目覚めていったと言われています。

 

20年タイムスリップしたという「設定」

ダルビッシュ選手はプロ入り後に数年したあと、「このままの延長戦でいったらそこそこは勝てると思うけど、超一流にならずに終わってしまう可能性もあるのでは?」とふと思ったそうです。ちょうどそれが、20歳になったときでした。20歳になるのがあっという間だったから、「もう20年経って、40歳になるのもあっという間だろう」と考えました。そして40歳になったときに、自分の才能を開花させずに超一流ではなく「そこそこ」で終わることを想像しました。

ダルビッシュ選手は、それからある「設定」を思いつきました。それは神様が、そこそこの選手で終わってしまってものすごく後悔している40歳のダルビッシュに対して、もう一度チャンスをと言って20年若返らせてくれる、という「設定」です。そうであるなら、本気でトレーニングをしてみようーそれが20歳のダルビッシュ選手の決意であり、それから10年が経過した今のダルビッシュ選手を作り上げているのです。

 

ダルビッシュ選手の筋トレの特徴

ダルビッシュ選手の筋力トレーニングの特徴は、まず上半身が十分に強化されているということです。腕が太い!胸板が厚い!これは筋トレの成果であることは一目瞭然です。しかし、ピッチングへの悪影響を恐れてベンチプレスは絶対に100kg以上ではやらない、と言っています。逆を言えば、やろうと思えば100kgのベンチプレスが上げられるほどの筋力をつけている、とも言えますが。

筋トレの基本ではBIG3と呼ばれるものの一つにスクワットがあります。ダルビッシュ選手はこのスクワットをせずに、代わりにランニングなどで下半身の筋肉を強化しているようです。スクワットが最も優れた下半身強化方法であることは確かなのですが、これも腰を痛めることやピッチングへの悪影響に対して慎重になっているのでしょう。「筋肉を鍛える、しかし投球には悪い影響を与えない」というのがダルビッシュ選手の筋トレの基本方針であるようです。

トミージョン手術からの復帰

ダルビッシュ選手は一昨年に右肘の故障を治すためのトミージョン手術を受けています。肘にメスを入れるのは、投手にとっては大変怖いもの。復帰できたとしても以前と同じようなボールが投げられるとは限りません。しかし、ダルビッシュ選手は躊躇なく手術を受けて、そのあとも非常に積極的・前向きにトレーニングを始めました。

「ダメだったら野球をやめて第二の人生をするだけのこと」

という趣旨の発言もインタビューでしています。その達観ぶり・落ち着きぶりに「こいつは本当にタイムスリップして戻ってきたんじゃないか、、、」と尊敬を覚えました。そして、トミージョン手術からの一年、リハビリと栄養学の勉強、肉体改造に取り組みました。「もともと、一シーズン休んで肉体改造したいくらいだった」という発言もあります。(きっと人知れず落ち込んだりもするのでしょうが)余計な落ち込みやうじうじ悩むことをせず、その時その時で最善を尽くしていく姿に、ある意味アスリートとして最高のメンタルを持っていることがうかがえます。

 

インタビュー中の栄養補給

食事にもものすごく気を使っています。鶏肉やブロッコリーを中心としていることや、サプリメントを豊富に摂取していること。私が一度見たのは、テレビのインタビュー中に「時間なんで失礼します」と言ってプロテインを飲んでいたこと。時間できちんと管理して栄養補給をして、すべての食べるものに関して最善を尽くしています。だって、人生二回目のやり直しですからね(笑)。本当にそのプロ意識の高さ、アスリートとしての研究熱心さに脱帽です。

 

ただのマッチョではなく、筋トレを極めたスーパーアスリート

ダルビッシュ選手の画像だけを見ていると、すごいマッチョだ、と思います。しかし、ただのマッチョではないのです。これは野球において速いボールを投げ続けるための努力だったのです。

ツイッターや合同自主トレでも啓蒙

ダルビッシュ選手は「日本のプロ野球選手はもっと筋トレを取り入れるべき」という意見を持っています。そしてその意見をひんぱんにツイッターなどで情報発信しています。しばらくは賛否両論があったと思いますが、大谷翔平を初めとして、田中マー君なども含めて国内外の超一流選手がダルビッシュ選手を慕ってオフの合同自主トレに参加。だんだん、このような本格的な筋トレはプロ野球の主流になっていくものと思われます。

 

まとめ:ダルビッシュはマッチョ、そして超一流の野球選手

今日はダルビッシュ選手のマッチョぶりを考えてみました。そしてこれは今のメジャーリーグの流れに影響を受けたものであり、今後はマッチョなプロ野球選手が日本でも増えていくと思います。ここまでの探究心を持って鍛えている選手はめったにいません。今後も大活躍して、そしていつかサイヤング賞をとることを期待します!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

菊池涼介の守備にWBC2017は期待。守備範囲は「まるで忍者!?」

WBC2017侍ジャパン、菊池涼介のスーパー守備「まるで忍者!?」 WBC2017の侍ジャパン

記事を読む

松田宣浩の 2017年自主トレは?

松田宣浩の2017年の自主トレは? ソフトバンク・ホークスのスター、松田宣浩選手の2017年は

記事を読む

侍ジャパン! WBC2017予選1次リーグで2連勝、オーストラリア戦結果

強いぞ侍ジャパン!WBC2017予選で2連勝、オーストラリア相手に快勝 強いぞ侍ジャパン!20

記事を読む

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ 田中マー君ことヤンキースの田中将大が、ヤンキースの開幕

記事を読む

オールスターのタイミングで大谷翔平のフィギュアが発売!

オールスターを前に大谷翔平のフィギュアが発売! 2017年のオールスターを楽しんでいますか?

記事を読む

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

大谷翔平、怪我・長期離脱からオールスターへ向け復帰か!?

  大谷翔平、怪我・長期離脱からオールスターへ向け復帰か!? さあ、久しぶりに

記事を読む

イチローの負傷とその後。2017年開幕に間に合うか。

イチローの負傷とその後。2017年開幕には間に合うのか!? マーリンズのイチローが練習中に外野

記事を読む

坂本勇人 読売ジャイアンツ | WBC・侍ジャパン

(画像はwikipediaより) 2017年3月にWBC(ワールド・ベースボール・クラ

記事を読む

ダルビッシュ、ワールドシリーズ第7戦敗退

ダルビッシュ、ワールドシリーズ第7戦敗退 いやー、ダルビッシュ投手、世界一まであと一歩でした。

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。

大谷翔平のエンゼルス入団会見を、私なりに日本語に訳しました。[/ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑