*

MLB本塁打王カーター、日本球界入りか

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 野球

MLB本塁打王カーター、日本球界入りか!?

昨季メジャーリーグでホームラン王に輝いたブルワーズのクリス・カーター選手が、日本プロ野球の球団と契約する可能性が浮上してきました。現役ホームラン王が日本に?もしこれが実現すれば、日本プロ野球でトップレベルのメジャーリーガーを見ることができます。その可能性は?獲得に名乗りをあげる球団は?今日はクリス・カーター選手について考えてみます。

 

クリス・カーターとは何者?

本名はバーノン・クリストファー・カーター。通称「クリス・カーター」。

生年月日は1986年12月18日。アメリカ合衆国カリフォルニア州のレッドウッドシティ出身。

ポジションはファースト、レフト。右投げ右打ちです。

この人の特徴は何と言ってもホームランの数。圧倒的なパワーを誇る選手です。

最近5年間のホームランの数は、16、29、37、24、41と量産しています。そして昨年は41本で本塁打王のタイトルを手にしました。

クリス・カーターの弱点は

本塁打と並んで多いのが、三振の数。三振かホームランかという打撃のゆえ、同タイプのライアン・ハワード選手になぞらえて、「右のライアン・ハワード」と呼ばれていました。

打率も2割2分と低迷。

日本に来てもこの傾向は変わらないでしょう。打率は低く、三振は多い。しかしホームランの一発が常に期待できる圧倒的なパワー。私はこの人がきてくれたら面白いと思うんです。これだけとんがった選手って減りましたからね。1980年代の阪神やその後のヤクルトなど、昔は「ホームランか三振か」って選手はたくさんいたんですけど。

 

クリス・カーターの移籍話の経緯は

クリス・カーターは昨季は本人としてキャリア・ハイとも呼べる好成績。打率こそ.222に終わったものの、41本塁打、94打点という記録。そして初の本塁打王のタイトルを手にしました。206三振というリーグワースト記録も作ってしまったのが、カーターらしい。

今オフにフリーエージェント資格を獲得したため、ストーブリーグでは彼の去就が取りざたされるようになりました。

クリス・カーターの移籍話の発端は、アメリカのスポーツチャンネル「FOX Sports」のケン・ローゼンタール氏が日本行きの可能性を示唆したことに始まります。ケン・ローゼンタール記者によると、カーターの契約代理人であるデーブ・ステュワート氏から日本プロ野球と交渉をする可能性があるというコメントを得たそうです。

この記事によれば、デーブ・スチュワート氏は

“I think at some point we have to make it a serious consideration,”“It’s getting late there, too. Those teams are filling their spaces, too.” どこからの時点で真剣に考えなければならない。日本のチームも空きを埋めつつあるから遅かったということになりかねない。

と言っていたそうです。

 

本人の意思は?

アメリカのスポーツチャンネルESPNのジム・ボーデン氏が、これらの騒動を受けて発表したのは、本人クリス・カーターの意思でした。ツイッターでボーデン氏はこのようなレポートをしています。

「昨季ナ・リーグ本塁打王のFA、クリス・カーターは昨夜、ここに残りたい、日本よりもメジャーでプレーしたいと我々に表明した」

どうやらカーター本人としては、メジャーに残って頑張りたいという意思を持っているようです。

まとめ:クリス・カーターが日本に来る可能性は低いかも、、?

メジャーの本塁打王が日本に来たら面白かったんですけどね。レイズ、レンジャースあたりが興味を示しているとされ、そこあたりで落ち着きそうな気配にはなってきました。結局三振の多さ、打率の低さが、この人の場合はネックになって移籍が多いのかもしれません。それでもメジャー通算150発のパワーはただものではありません。来季どこに行くにせよ、大活躍を期待します!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考えた。

プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考え

記事を読む

ドジャース最強左腕カーショウがWBC2017アメリカ代表を辞退

ドジャースのメジャー最強左腕カーショウ(カーショー)がWBC2017アメリカ代表を辞退 ここに

記事を読む

WBC2017侍ジャパン小林誠司「なぜ選出」からラッキーボーイ、陰のMVPへ

WBC2017・侍ジャパン、小林誠司!「なぜ選んだ」から「ラッキーボーイ」、はては「陰のMVPへ

記事を読む

DeNA濱口が左肩機能不全でオールスターを辞退

DeNA濱口が左肩機能不全でオールスターを辞退 オールスターを前にして、横浜DeNAの濱口遥大

記事を読む

甲斐拓也、脅威の盗塁阻止率。ホークスはこんな強肩を待っていた!?

甲斐拓也、脅威の盗塁阻止率。ホークスはこんな強肩を待っていた!? ホークスのキャッチャー甲斐拓

記事を読む

日ハム斎藤佑樹が2017年開幕投手の可能性

日ハム斎藤佑樹選手が2017年の開幕投手に!? 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手といえ

記事を読む

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ!

WBC2017キューバ戦で山田哲人のホームランをナイスキャッチ! WBC2017で初戦のキュー

記事を読む

25年目の「日本野球界番付」大谷が新三役に

25年目の「日本野球界番付」、大谷が新三役に!  日本野球界番付が発表されました!この番付が行

記事を読む

大谷翔平がWBCの投手として出場を辞退

大谷翔平選手がWBC2017の侍ジャパンに投手として出場することを辞退 日本ハムの大谷翔平選手

記事を読む

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ イチロー

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた 今日は時短

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑