*

プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考えた。

公開日: : 野球

プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考えた。

広島カープが横浜DeNAに敗れました。

ファン心理というのは予想できるもので、「カープ敗退の時点で、CS(クライマックスシリーズ)不要論が出てくるだろうな」と考えていましたが、案の定、ネットでは盛り上がり始めています。

レギュラーシーズンの価値はなんなんだろうか、、と考え込んでしまうような今回の結果。しかし、プレーオフを導入すると、似たような結果は常に起こりうるわけですね。DeNAが悪いわけでもなんでもない。

今日は、今一度、プロ野球のクライマックスシリーズが必要かどうか考えてみます。

 

 

今回のDeNAによる下克上は、最大差14.5ゲーム差からの、史上最大規模

そもそも、クライマックスシリーズは、

リーグ優勝チームが勝つ確率がめっちゃくちゃ高い

のです。

強いのですからね。当然です。

 

そして、アドバンテージとして1勝を与えられています。

短期決戦で、お互い本気同士ですから、1勝の違いというのは大きいのでしょう。

先発ピッチャーも計算できる人が一人少なくて良いですからね。

全体的な戦略も、たった1勝ですが、随分立てやすいはずです。

4勝のうち1勝ですから、レギュラーシーズンで例えれば20勝先に与えられているようなもの。それは勝つのが普通です。(そんなたとえが妥当かはわかりませんが、、笑)

 

三位のチームが、日本シリーズに出るのは、2010年のロッテ以来、2チーム目です。

セリーグにおいては史上初。

 

しかも今回のDeNAの場合、14.5ゲーム差で広島カープに負けていたこともあったのに。

大・下克上により、カープではなくDeNAが日本シリーズへ。

カープの1984年以来の二度目の日本一への夢を打ち砕いたのは、昨年の敵・日本ハムファイターズでも強敵ソフトバンクでもありませんでした。

負かしたはずの、DeNAだったのです。(涙)

 

「万が一、カープが負けたら、荒れるな、、、」

と息子と予想していたのですが、案の定ツイッター界隈ではクライマックス不要論が続出。

そりゃー、そうでしょうよ。

 

クライマックスシリーズが生まれた経緯

クライマックスシリーズが生まれたのは、10年以上前にさかのぼります。

2004年当時は、パ・リーグがまず先んじてポストシーズン・マッチとしてプレーオフを採用しました。

これが興行的に大成功。

それが良くなかったのでしょうね(笑)

そして、セ・リーグ側にもプレーオフ待望論が起こってくるのです。

 

めでたく、2007年からセ・リーグ、パ・リーグの両方で、名称も「クライマックスシリーズ」と統一して、プレーオフが始まるのです。

 

結果的にはほぼ、80%以上の実績で、リーグ優勝チームがそのまま日本シリーズへ。

リーグ優勝チームが勝てば、誰も文句は言わないのです。笑

しかし、問題は下克上が起きたときですね。

今回のようにぼろ負けしたはずのDeNAが勝ってしまったり、今後は

勝率50%を切る借金チームが、日本一になってしまう可能性もあるわけで。

それはさすがに、抵抗感と、レギュラーシーズンに対する信頼性を生むのだと思います。

 

 

メジャーリーグは、なぜ問題にならない?

メジャーリーグでも、「リーグ優勝したのにワールドシリーズに出られない、ショック・・・・」ということは往々にして起こりうると思います。

しかし、メジャーは

そもそも球団の数が、日本の約3倍ありますから。

リーグ優勝も、プレーオフを勝ち上がっていくのも、すごく難しいことなのですよね。

 

そして、プレーオフの歴史・伝統も全く違います。

ファンはプレーオフに完全に慣れていて、それこそがメジャーリーグ、あの一発勝負の醍醐味こそがベースボールだと思っているところがあるのだと思います。

日本のプロ野球ファンは、まだまだ、「一発勝負は日本シリーズ。リーグを制したもの同士が日本一を争う。」みたいなイメージが強いのだと思いますよ。

 

 

クライマックスシリーズは必要?再び盛り上がった不要論

現実的にならないといけないと思うのは、

やっぱり(リーグ優勝した)広島カープが負けたから騒いでる

んですよね。

戦う前は、「クライマックスシリーズって必要かな?」と思っている人も、そんなには声を上げなかった&上げにくいのであって。

(ファン心理としては、どうせ勝つだろう、勝つならどっちでもいいや、と思いたい気持ちもある。)

 

だから毎年シーズン終了後の期間だけ騒ぐのではなく、きっちりプロ野球機構が話し合ってもらいたいですね。

 

興行的にも客が見込めるのだから、即クライマックスシリーズをやめてしまうのはもったいない。

必要なのは、ルールの強化だと思います。

・レギュラーシーズンの勝利に、きちんと価値を持たせる。(ゲーム差によっては、アドバンテージの強化)

・勝率50%を切った場合など、ふさわしくないチームが日本シリーズに出られないように(日本シリーズの価値を落とさない)、制限ルールを作る。

 

この二つで、随分、変わってくるのでは?

 

まとめ:プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考えた。・・・でした。

今回の記事は、気合いが入っていましたねー。

勝率が低すぎるチームが日本シリーズに出ちゃいけません。

逆に、レギュラーシーズンの勝ち方によっては、もう一段階上のアドバンテージを作ろう。2勝とか。それでも負ける可能性もあるけどね。。

チーム数やプレーオフの伝統などが違うので、メジャーリーグのやり方と違っても良いと思いますよ。

以上、プロ野球のクライマックスシリーズは本当に必要か!? カープ敗退で浮上した不要論に、暫定対応を考えた。・・・でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

大谷翔平が先発復帰で二塁打も途中退場

大谷翔平が先発復帰で二塁打も途中退場 大谷翔平が、先週、DHのポジションで先発復帰を果たしまし

記事を読む

二刀流・大谷翔平のメジャーデビューと、日ハム清宮幸太郎への期待値を下げよう!

二刀流・大谷翔平のメジャーデビューと、日ハム清宮幸太郎への期待値を下げよう! いよいよ日本プロ

記事を読む

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平登場

「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登場 年末の「たけしの誰も知らない伝説」に大谷翔平が登

記事を読む

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

菊池涼介の守備にWBC2017は期待。守備範囲は「まるで忍者!?」

WBC2017侍ジャパン、菊池涼介のスーパー守備「まるで忍者!?」 WBC2017の侍ジャパン

記事を読む

ホークス和田毅、2017年開幕投手か!?

ソフトバンクホークス和田毅、2017年開幕投手か!? ソフトバンクホークスの和田毅選手が、20

記事を読む

ヤンキース田中将大、不調続きから脱却できるか

ヤンキース田中将大、不調続きから脱却できるか ヤンキースの田中将大が、2017はまさかの大不調

記事を読む

侍ジャパンがWBC2017壮行試合初戦で台湾選抜に敗れる

侍ジャパンがWBC2017壮行試合で初戦で台湾選抜に敗れる 2017年2月28日。侍ジャパンが

記事を読む

筋トレしてマッチョなダルビッシュの筋肉がやばい!

筋トレに目覚めたダルビッシュの筋肉がやばい! テキサス・レンジャースのダルビッシュ選手はメジャ

記事を読む

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。 日本プロ野球の一シーズンにおけるホームラン記

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。

なぜだか効果が出る腹筋ローラー。考えずにシックスパックへ。 腹筋

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン!

大谷翔平くんが5月以来の7号ホームラン! 待ってました!大谷翔平

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める

悪魔とのおしゃべりで、正しさを疑うことから始める 久しぶりに、思

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

【ネタバレ】バチェラー・ジャパン シーズン2・エピソード1の感想

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる

モテる筋トレ: ダンベルカールで太い腕を手に入れる 「モテるため

→もっと見る

PAGE TOP ↑