*

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

公開日: : News, WBC・侍ジャパン, 野球

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

オールスター2017が終わりました。

個人的には大谷翔平の漫画のような大活躍、感動的な復帰劇を期待していたのですが、果たされなかったのはそれはそれとして、大変面白く見所の多いオールスターだったということができます。

数々の見せ場の中でも、一番笑ってしまったのが、巨人の爽やかイケメン・小林誠司のホームラン!

こやつはどこまで大舞台に強いのでしょうか。。。

WBCの活躍から一転、ここまでのシーズン前半戦では全く良いところのなかった小林クンですが、まさかオールスターでホームランを打ってしまうとは。

チームメートも監督もひいてしまうほどの強運ぶり。

「それまで鳴かず飛ばずで「あいつの評判って顔だけじゃねーの?」と陰口を叩かれていたイケメンが、誰もが諦めている・期待していない状況で、いきなり誰もが目が覚めるような大活躍をする」

この現象に誰か名前をつけてくれないですかね?「小林現象」とか。。。

というわけで、今日は小林誠司とオールスターについて、行ってみましょう!

 

 

 

ジャイアンツの監督、高橋由伸も首をかしげ、頭をひっぱたく(笑)

あからさまに「理解できませーん」というジェスチャーを取る高橋監督。ひどい(笑)

 

3回表、巨人の小林がソロホームラン。高橋監督が頭を叩いて祝福=ZOZOマリンスタジアム(撮影・今野顕)

帰ってくる小林誠司の頭をひっぱたく高橋由伸。直前まで笑っていたけど、叩くときだけ真顔だった(笑)

 

オールスターの第2戦。

3回表に、巨人の小林誠司がソロホームランで、なんとセ・リーグ側の先制点をたたき出しました。

 

レフトスタンドに小林誠司は金子(オリックス)投手からホームランを叩き込んだのです。

誰よりも早いガッツポーズ。

打った小林誠司本人が、一番最初にホームランだと確信していましたね。

 

しかし、実況・解説席はざわめきます。

みんな、チームメートである巨人の坂本勇人にコメントを求めます。

 

WBCのときは、小林誠司が打つたびに、驚いた坂本勇人の顔がすっぱ抜かれていたのです。その記憶が抜けなかったのか、みんな坂本勇人から

ネガティブなコメントか、小林誠司をばかにするコメントを聞きたそうな

質問をしていた。

「どうですか?坂本さん?」

みたいな。

けれども、坂本勇人は賢いので、苦笑いしつつも、「いや、おめでとうといいたいです。」と優等生コメントをしていました。さすがは巨人のキャプテンですな。

 

しかし、ごまかしようがなかったのが、セ・リーグ側のベンチでした。

小林誠司がダイヤモンドを一周する間に、

首をかしげる高橋由伸が大写しにされていました。

 

そのあと、小林誠司がベンチに帰ってきたのですが、冗談っぽく頭を叩いた高橋由伸、

目が一瞬笑っていなかった

のは誰の目にも明らかで。(笑)

まあ、高橋監督からしてみれば、「レギュラーシーズンでちゃんと打てよ!」と言いたいところでしょう。

 

実況中継も、「けっこう強く叩きました!」とか言っていました。いったいなんの中継なんだと。

 

 

小林誠司はそもそもなぜオールスターや日本代表になるのか

野球に詳しくない人にはピンとこないと思うのですが、なぜ小林誠司が活躍すると騒ぎになるのでしょう。なぜ、活躍が期待されないような平凡な選手なら、オールスターに選ばれているのでしょう??

 

この試合、9番打者として小林誠司はスターティングメンバーに名を連ねましたが、

小林が選出される理由が明らかに守備であることは、誰もが知っている

のです。

 

小林誠司のレギュラーシーズン前半戦の打率は、1割台。

いつも、登録全選手中の、最低ラインをさまよっている小林誠司にとって、オールスターという大舞台はおよそ似つかわしくないと一見思ってしまいます。

 

しかし、言葉は悪いですが、

キャッチャーがセ・リーグに、いや球界全体に不作の時代なのですね。

 

打てるキャッチャーがいない。

小林誠司も、ソフトバンクのキャッチャーである甲斐拓也も、打撃ではなくて、

むしろ守備がうまくて注目を浴びている選手

なのです。

 

そして極論を言ってしまえば。

現在は、キャッチャーは守備がうまくて肩が強ければ、日本代表になれてしまう時代なのです。

 

以前甲斐拓也について書いて、反響があった記事はこちら

甲斐拓也、脅威の盗塁阻止率。ホークスはこんな強肩を待っていた!?

 

 

昔のキャッチャーは守れたし、打てた

守るだけではなくて打ってしまうキャッチャーというのが昔はいました。

元ヤクルトの古田敦也。首位打者争いの常連だったし、守備もリーダーシップも群を抜いていました。

その師匠の野村監督ももともとキャッチャーで、打撃面でも三冠王をとったりホームランが歴代2位だったりというスーパースターなのです。

 

いや、そこまでの選手とは比較しなくて良いのです。

そんな何十年に一度のスーパースター以外にも、打てて守れるキャッチャーはたくさんいました。

 

ソフトバンク、メジャーリーグで活躍した城島。

巨人の阿部慎之助。

そして谷繁。。。

 

みんな、バッティングもいけてるキャッチャーだったのですよね。小林誠司がもう少し頑張れば、下位打線にも脅威が生じて、チームはすごく強くなるのです。

 

巨人の高橋由伸は

「巨人の試合で打ってくれないと、俺に得はない」

と発言もしています。

ほんとその通り!小林誠司、監督も期待しているから、後半戦はしっかり打ってください!

 

 

小林誠司はWBCのラッキーボーイだったから、両軍ベンチが大喜び

小林誠司は、WBCではラッキーボーイというか、本当に輝いていましたよね。

それでしょうか、小林誠司がホームランを打った瞬間、

なぜかパ・リーグ側のベンチも大喜び

になりました。

 

一番右の松田とか(笑)

明らかに叫んで、身を乗り出しています。

 

3回2死、左越えソロを放ち、パ・リーグ・ベンチに向かってガッツポーズする小林に(奥右から)松田、嶋、大谷も盛り上がる(カメラ・佐々木 清勝)

 

小林誠司は、「お祭り男」「大舞台に強い」というイメージがこれですっかり定着しましたね。

オールスターの初打席、しかも初球をホームランにするなんて。まったくの快挙です。

 

WBCでチーム一位の4割5分というアンビリーバブルな数字を残していますから、日本代表チームの中での人気は高いのです。松田も大谷翔平も、盟友・小林誠司の活躍はつい、嬉しくなってしまったのだと思います。

 

実は、パ・リーグのベンチから応援が送られていた

中継を見ていても気がつかなかったのですが、実は小林誠司がネクストバッターズ・サークルで待っている間に、相手ベンチの松田たちが合図を送っていたそうです。

ジェスチャーで、「バットを短くもって、思いっきり振れ!」というような合図でした。

それが良かったのでしょうか。初球のストレートを思いっきり振っていった小林誠司。

日本代表チームでつながった仲間たちからの思わぬ「援護射撃」だったのでした。

 

 

WBCでの活躍を思い返してみると、実は小林誠司こそ本物のスーパースターかもしれない。

小林誠司は、スターぞろいの侍ジャパンの中にあって、あきらかにチームトップの大活躍ぶりでしたよね。

 

小林誠司の活躍ぶりについて書いた記事はたくさんあります。

WBC2017侍ジャパン小林誠司「なぜ選出」からラッキーボーイ、陰のMVPへ

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10

 

オールスターでも敢闘賞をとったし、イケメンだし(笑)、実は本物のスターなのかもしれません。大舞台でも変わらず、いや普段以上の活躍ができるってのは間違いなくスターの資質です!

 

 

まとめ:イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

オールスターやWBCで小林誠司が活躍することはわかりました。

これ、ただの強運じゃないです。本当に大舞台に強いんですよ、この方。

そして守備力、特に肩の強さは折り紙付きです。ほんまもんの実力。プロ中のプロです。

残るはレギュラーシーズンの打撃です。

狙い球を絞って、一発狙いをときどきなさったらよろしいのではないでしょうか?

同じ打率2割前後の選手でも、ホームランがゼロと10本じゃ、警戒する度合いが違いますよね?「あいつ、ときどきまぐれっぽく一発あるからなー」となれば、ピッチャーに与えるプレッシャーも半端じゃないはずです。

楽して抑えたい下位打線であることを、逆手にとるのです。

というわけで、後半戦、がんばってください!いろいろ書いたけど、実は好きな選手で、応援しています!!

以上、イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象・・・でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

まるでSF! 空飛ぶタクシーをUberがNASAエンジニアと開発

まるでSF! 空飛ぶタクシーをUberがNASAエンジニアと開発!? 「空飛ぶタクシー」を開発

記事を読む

美人すぎる冒険家、南谷真鈴が七大陸グランドスラムを達成した。実はエベレスト登頂も日本人最年少記録。

美人すぎる冒険家、南谷真鈴が七大陸グランドスラムを達成した。実はエベレスト登頂も日本人最年少記録

記事を読む

ソフトバンク松田宣浩、200号本塁打達成!!

ソフトバンク松田宣浩、200号本塁打達成!! ソフトバンクの松田宣浩が、200号本塁打を達成し

記事を読む

WBC2017・侍ジャパン 筒香嘉智 横浜DeNA ここに注目 

WBC2017・侍ジャパン 筒香嘉智 横浜DeNA ここに注目 (画像は侍ジャパンオフィシャル

記事を読む

もうダイエットの方法に迷わない!? 知識と筋肉を付けてムリせず理想の体型に。

ダイエットの方法にもう迷わない!? 知識と筋肉を付けてムリせず理想の体型に。 ダイエットの方法

記事を読む

運動嫌いがやせる方法!? 運動最小限でダイエットに挑戦

運動嫌いがやせる方法!? 運動最小限でダイエットに挑戦 時々ダイエットや筋トレの記事を書いてい

記事を読む

ジムに女性一人で行っても大丈夫!? 「お一人さま」筋トレをもっとしよう。

ジムに女性一人で行ってもだいじょうぶ!? トレーニングブームの昨今、誰もがジムに通って体を鍛え

記事を読む

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件

プロ野球オールスター第一戦は新機器トラックマンが主役だった件 オールスター2017が盛り上がっ

記事を読む

絶対喜ばれる母の日おすすめギフトと花の意味

絶対喜ばれる母の日のおすすめギフトと花の意味 Happy Mother's day!!!!

記事を読む

ガッキーに挑戦!? 渡辺直美「逃げ恥」火曜夜枠で連ドラ初主演

ガッキーに挑戦!? 渡辺直美「逃げ恥」火曜夜枠で連ドラ初主演 なんと、渡辺直美がコメディアンの

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

強肩甲斐拓也は打撃もイケる!! 二打席連続ホームランの衝撃

強肩甲斐拓也は打撃もイケる!! 二打席連続ホームランの衝撃 ソフ

上半期ブレイク芸人ランキング

上半期ブレイク芸人ランキング オリコンの上半期ブレイクした芸人の

ソフトバンク柳田悠岐が前半戦を三冠王。どうなる後半戦!?

ソフトバンク柳田悠岐が前半戦を三冠王。どうなる後半戦!? ソフト

「とんねるずのスポーツ王は俺だ! 2017夏の決戦スペシャル」が面白い

「とんねるずのスポーツ王は俺だ! 2017夏の決戦スペシャル」が面

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打

→もっと見る

PAGE TOP ↑