*

菊池涼介の守備にWBC2017は期待。守備範囲は「まるで忍者!?」

公開日: : 最終更新日:2017/03/16 野球

WBC2017侍ジャパン、菊池涼介のスーパー守備「まるで忍者!?」

WBC2017の侍ジャパンに選出された、広島カープの菊池涼介。この菊池はとんでもない守備力で異彩を放つ選手です。ヒット級の当たりも、飛びついてダブルプレイにしてしまいます。

「忍者」または「猿」などと言われる、人間離れした運動神経とスーパープレイの連続。

WBC2017でも大活躍が期待されます。その守備力の魅力を探ってみます。

 

百聞は一見にしかず、菊池涼介の常識はずれの守備を見ろ

まずはYoutubeで菊池涼介選手の守備の動画をいくつか見てみましょう。

「菊池 守備」で検索すれば、いくらでもファインプレー集が出てきます。

ヒット級のゴロに俊足で追いついてアウトにしたり、外野に飛ぶはずだったヒットをものすごいジャンプで飛びついて取ったり。

もうめちゃくちゃです。

「猿」「忍者」「超人」と呼ばれる理由がわかります。スピードと美しさを兼ね揃えた、とんでもないファインプレーが楽しめます。

 

メジャーリーグで通用するのは実は菊池涼介の方!?

史上初の2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人選手と、菊池涼介は比較されることが多いです。

単純にいってしまえば、バッティングの山田哲人と、守備の菊池涼介。

同じ二塁手でも、カラーが異なるのです。

WBC2017では菊池涼介が正二塁手。山田哲人はDH(指名打者)で出場するのがスタンダードになるでしょう。

 

もちろん山田哲人選手も素晴らしい守備を見せてくれるし、菊池涼介もバッターとして活躍してくれます。菊池涼介は2016年、年間最多安打を記録しています。素晴らしいバッターです。

しかし何をセールスポイントとしているかとなると、やはり山田選手はそのバッティングとパワー。菊池涼介は超人的な守備力なのです。

山田哲人選手がメジャーリーグに行くのかどうかが気になるところですが、実は日本人内野手にとっての最大の鬼門となるのは、守備力。かつて西武ライオンズからニューヨークメッツに移籍した松井稼頭央選手(現在:楽天)が良い例ですが、球界最高峰と言われた内野手であっても、守備が適応できずに苦戦するパターンが多いのです。

その意味では菊池涼介は、もともと守備力が傑出している選手。

もしメジャーリーグに行ったら、その守備力を発揮してレギュラーに定着できるのは割と早いかもしれません。

菊池涼介は2014年の日米野球で注目の的

その証拠に、2014年の日米野球でメジャーリーガーたちは菊池涼介に注目しました。

あるスカウトは、こんなことを言ったと言います。

あんなに守備範囲が広く、肩も強い日本人内野手は見たことがない。ファンタスティックな選手だ!

米国でも通用するかって…それはジョークかい?

キクチなら、どの球団でも今すぐにレギュラーになれる。むしろ、キクチ以上の守備が出来る二塁手はメジャーにも5人といないだろう。キクチがFAを取るのはいつだ?  ヒロシマはポスティングで彼を出す気はあるのか?」

こんなコメントを聞いてみると、意外と、山田哲人選手よりも菊池涼介の方が先にメジャーに行く、なんてことがありうるかもしれません。

菊池はデレク・ジーターになれる存在

その昔アマチュア時代に、菊池涼介は「(元ニューヨーク・ヤンキースの)デレク・ジーターになれる」逸材と言われていたと言います。

確かに俊足と抜群の運動神経でヒット性のゴロに飛びつき、反応速度の速さと肩の強さでアウトにしてしまう。魅せる内野手です。こんなにエキサイティングな守備でファンを魅了する選手は、ジーターのような存在感を持つかもしれません。

かつて、ジーターがプレーオフで観客席へのファールフライを取ろうとして突っ込んで顔面を負傷したときに(三塁手の方が近いのに、ジーターが全力疾走して突っ込んでいった)、チームやファンが鼓舞されてヤンキースの成績が上がっていったことを思い出します。

菊池涼介選手も同じような魅力を持っています。

これだけ守備で人を沸かせ、やる気にさせる人はいません。

また、彼のファインプレーを見た人は、野球を好きになると思います。

あの黒田も菊池を絶賛

日本のプロ野球だけではなく、メジャーリーグも知り尽くしているあの黒田博樹も絶賛しています。

「20年プレーしてきて、ああいう選手は見たことがない。メジャーでもトップクラス」

「一番は肩の強さでしょう。それだけアウトにする確率が上がる。ただ肩が強い選手はいたけど、肩が強くてあれだけ守備範囲の広い選手は他にいない

と驚いています。

菊池涼介は、その守備力は史上最高との呼び声が高いのです。

 

「史上最高の守備力を持つ内野手がメジャーリーグに挑戦する」。

これは非常にエキサイティングな話です。バッティングは誰でも好不調の波がありそうですが、守備でいつでも魅せてくれるなら、安定的に人気も出ます。

 

まとめ:菊池涼介は守備だけではなく、野球を変える

菊池涼介選手の魅力を伝える記事になりました。

その超人的な守備は、「単に守備だけの選手」という評価を覆しつつあるようです。実は今、メジャーリーグに一番近い野手といえるかもしれません。また、彼の守備を見たら、野球を知らない人でも興奮するはず!

そしてWBC2017でもすごい活躍を見せてくれるに違いありません

菊池涼介の今後にますます期待です!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象 オールスター20

記事を読む

松坂大輔が年棒1500万で中日と契約! なぜソフトバンク時代の成績は低調だったか

松坂大輔が年棒1500万で中日と契約! なぜソフトバンク時代の成績は低調だったか 松坂大輔選手

記事を読む

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。

王貞治のホームラン55本記録の圧力に挑んだ人々。 日本プロ野球の一シーズンにおけるホームラン記

記事を読む

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10

WBC2017で活躍した侍ジャパンメンバーのベスト10 WBC2017が終わりました!優勝はア

記事を読む

大谷翔平はヤンキースに行かない! 本命は西海岸か

大谷翔平はヤンキースに行かない! 本命は西海岸か 大谷翔平がメジャーリーグのどのチームに行くの

記事を読む

カープ鈴木誠也の2017自主トレ

カープ鈴木誠也の「神ってる」2017年自主トレはこれだ! 2016年「神ってる」活躍で大ブレイ

記事を読む

大谷翔平、怪我・長期離脱からオールスターへ向け復帰か!?

  大谷翔平、怪我・長期離脱からオールスターへ向け復帰か!? さあ、久しぶりに

記事を読む

ソフトバンク柳田悠岐が前半戦を三冠王。どうなる後半戦!?

ソフトバンク柳田悠岐が前半戦を三冠王。どうなる後半戦!? ソフトバンクの柳田悠岐が、シーズン前

記事を読む

WBC2017侍ジャパン小林誠司「なぜ選出」からラッキーボーイ、陰のMVPへ

WBC2017・侍ジャパン、小林誠司!「なぜ選んだ」から「ラッキーボーイ」、はては「陰のMVPへ

記事を読む

大谷翔平メジャー初ホームランも、ベンチは無視!【動画あり】

大谷翔平メジャー初ホームランも、ベンチは無視! 大谷翔平が、メジャー移籍後、初ホームランを打ち

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ イチロー

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた 今日は時短

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ

筋トレによるダイエットの、女性にとってのメリット4つ 私はダイエ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑