*

巨人まさかの8連敗! 対オリックス戦でV逸か

公開日: : 野球

巨人まさかの8連敗! 対オリックス戦でV逸か

2017年は波乱のシーズンとなっています。

巨人がまさかのピンチです。ちょっと負けが続いているな。。。と思ったらあれよあれよと8連敗!

そろそろ巨人の連敗記録に近づいています。

 

そして9連敗となると、優勝した実績はないようです。

今日は巨人こと東京読売ジャイアンツの現状分析をして、エールを送ります。

 

 

 

連勝スタートで、今年のジャイアンツは強いと思ったんだが

今年の巨人は、開幕から5連勝でスタートしているんですよね。

その時点で、

「ああ、今年のジャイアンツは(前評判だけではなく)本当に強いんだ、、、、」

と思ったのです。

 

4月上旬、「巨人が開幕から4連勝以上した場合の優勝する確率は、過去のデータからみると80%越え」という見出しがスポーツ新聞やネット上に踊りました。

それを見た時に「そうか、80%以上の確率で今年はジャイアンツが優勝か、、、」と素直に思ったものです。

データの意味するところは、そういうことです。

 

しかし、全てのデータには裏側があって「20%近い確率で優勝を逸している」のも確かです。

いずれにせよ、開幕5連勝しただけでは、優勝には全く近くないのですね。

 

 

何がまずい!?ジャイアンツまさかの8連敗

そしてジャイアンツは交流戦に入って調子を崩し、まさかの8連敗!

借金生活に突入して優勝の可能性はぐっと下がってしまったわけですが、まだ可能性がゼロになったわけではありません。

しかしそう言ってられるのも今のうちで、6月3日が勝負です。

さすがに9連敗してしまうと、優勝できる可能性はほぼゼロ

と言えそうです。少なくとも、今までの実績はありません。

 

 

さて、巨人がここまで連敗している原因は何なのでしょうか!?

 

ジャイアンツ8連敗の原因その1:打線が打てない、計算できる選手が少ない

やっぱり打線がいまいちなんですよね。

坂本選手がちょっと不振な感じを見せていますが、しかしここまでずっとチームを引っ張ってきた彼を責めるのは酷というもの。どんなに良い選手でも、好不調の波は避けがたいのです。

それはそれとして、

やはり打線の全体が低調である

感は否めません。

 

期待できる選手は、坂本勇人、阿部慎之助、そして村田修一といったところでしょうか。

村田もDH制度がある・なしで変わってくるので、起用法が難しくて安定しません。

そういう意味では好打堅守の坂本みたいな選手が、少なすぎるんですよね。

 

投手の方も、絶対的に計算できる先発は、菅野投手くらいかもしれません。

 

「計算できる」というのは計り知れない影響をチームに対して持っています。

この人に任せておけば安心、という人が一人でも二人でも増えてくれれば、それだけ多様な戦略や勝負を仕掛けることができるのです。

 

 

ジャイアンツ8連敗の原因その2:カミネロ、クルーズ、マシソンの使い方

今回オリックス戦で負けたシーンを振り返ってみましょう。

ジャイアンツのこれまでのクルーザーは、新外国人アルキメデス・カミネロです。

 

カミネロはいままで、防御率1点台の安定した素晴らしいピッチングを続けてくれていました。

まさに正守護神の名にふさわしい活躍ぶりです。

 

しかし、今回首脳陣はそのカミネロの一軍登録を抹消し、代わりにファームで好調だった

クルーズを起用して、打線を強化しようとした

のです。

 

外国人選手の枠は2人までだったので、クルーズを使うためにはカミネロかマシソンを落とさなければならないのです。

いわば首脳陣にとっても「苦渋の決断」とでも呼ぶべきものだったでしょう。

 

そして絶対的な中継ぎだったマシソンを新クローザとして9回に投げさせました。

結果論ではありますが、これが裏目に出てオリックスに9回に追いつかれてしまい、結局延長戦にもつれて最後は負けてしまいます。

 

「8回に投げる中継ぎと、9回に投げるクローザー」

この両者の役割は全く違います。プレッシャーのかかりかたも、異なる質のものだと思います。

優劣というよりは、違うのです。慣れが必要なのです。

 

結果からのみ言っていますが、結局ジャイアンツは「カミネロの代わりにクルーズで打線強化をし、マシソンが9回に投げることで代わりを補う」という構想を失敗したと言えます。

 

 

ジャイアンツ8連敗の原因その3:由伸の采配にも批判の声

高橋由伸監督が、ジャイアンツの連敗の原因だとは思いません。

上のカミネロの件を「采配ミス」と言ったり、さらにゲーム内の細かい点を失敗と指摘する人も多いですが、こういうチャレンジはありうることで、すべて結果論だとは思います。

しかし、由伸監督が、連敗の原因でなくても、連敗の責任は取らなければなりません。

 

私としては

今までのジャイアンツの勝ちパターンであるカミネロを2軍に行かせたのは、賢いやり方ではない

と思っています。早く呼び戻して、勝ちパターンを増やしていってほしいと思います。

 

 

6月3日のオリックス戦は?

さあ、6月3日のオリックス戦は負けられません。

さすがにオリックスを相手に巨人が3連敗というのはないだろう

と誰もが思っていますが、どうなるかはわかりません。

オリックスは4連勝中ですし。

 

なんとか逃げ切ってくれ!そうしなければ優勝が・・・・

 

 

まとめ:巨人まさかの8連敗! 対オリックス戦でV逸か

ちょっと今日は悲観的な記事になってしまいましたね。

・しかし絶対的なエース菅野智之はいるし、

・カミネロというスーパークローザーはいるし、

・考えようによっては外国人選手3人とも優れているということだし、

・坂本勇人や阿部慎之助、村田修一といったリーグを代表するような野手もいる

というのが巨人の現状です。

少し歯車が狂うとこれくらい連敗してしまうという怖い例だと思って、気をとりなおして頑張ってほしいものです。

まだシーズンは6月初旬。折り返し地点にも来ていません。早く優勝争いに絡んでください!

 

以上、巨人まさかの8連敗! 対オリックス戦でV逸か・・・でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。もし面白かったらシェアしてくださったら嬉しいです。

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。

[/caption] 大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。 ビッグニュー

記事を読む

松田宣浩の 2017年自主トレは?

松田宣浩の2017年の自主トレは? ソフトバンク・ホークスのスター、松田宣浩選手の2017年は

記事を読む

稲葉篤紀が侍ジャパンの新監督に!

稲葉篤紀が侍ジャパンの新監督に! かねてから噂がありましたが、稲葉氏が野球の日本代表チーム新監

記事を読む

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチローが、マーリンズを退団するとい

記事を読む

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ

マー君、3年連続でヤンキース開幕投手だ 田中マー君ことヤンキースの田中将大が、ヤンキースの開幕

記事を読む

ダルビッシュ、FA格付けで4位。ワールドシリーズ敗退が影響か。

ダルビッシュ、FA格付けで4位。ワールドシリーズ敗退が影響か。 ワールドシリーズが終了して、メ

記事を読む

侍ジャパン! WBC2017予選1次リーグで2連勝、オーストラリア戦結果

強いぞ侍ジャパン!WBC2017予選で2連勝、オーストラリア相手に快勝 強いぞ侍ジャパン!20

記事を読む

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象

イケメン小林誠司が、オールスターのような大舞台でしかホームランを打たない現象 オールスター20

記事を読む

レンジャースのダルビッシュ有がロサンゼルス・ドジャースへ電撃移籍

レンジャースのダルビッシュ有がロサンゼルス・ドジャースへ電撃移籍 今シーズンはずっと移籍が噂さ

記事を読む

オールスターファン投票で最多得票を獲得。ファンが柳田悠岐に期待するワケ

柳田悠岐はオールスター2017で最多得票、大暴れなるか さあ、2017年のオールスターゲームが

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。

しゃべる地球儀って何!? 子どもの学習用に。 「しゃべる地球儀」

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!?

イチローのマーリンズ退団後の移籍先はどこ!? レジェンド・イチロ

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」がテレビとhuluに登場。 ス

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ

走るのが嫌いな人のためのダイエット、3つのコツ 走るのが嫌い、苦

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

杉谷拳士が2017リアル野球BAN不参加。芸人じゃなかった(笑)

→もっと見る

PAGE TOP ↑