*

2018年の激震、青木宣親がメジャー凱旋! 日本復帰でヤクルトスワローズへ

公開日: : 野球

2018年の激震、青木宣親がメジャー凱旋! 日本復帰でヤクルトスワローズへ

大ニュースです!

あの青木宣親が、メジャーリーグで去就が注目されていましたが、遅れに遅れているFA市場にしびれを切らしたか、なんと日本プロ野球復帰です。

しかもあの古巣・ヤクルトスワローズへ戻って来るというではないですか。これはガセネタではありません、事件です!今日は青木宣親の2018年、日本復帰・ヤクルトスワローズ復帰を扱います。

そして目指すは、あの大記録!それを青木選手が意識していないはずはないでしょう。

なぜ、メジャーリーグは青木にオファーをしなかったのでしょうか。そんな考察も行います。

 

 

青木宣親がメジャーリーグに決められなかった理由

青木宣親は、2012年からメジャーリーグへ挑戦したわけですが、

6年間で約7チームを渡り歩いたタフガイ

です。

移籍の多いメジャーリーグとはいえ、これはさすがに青木選手のタフネスの証明になるでしょう。

 

そして日米通算で2000本以上のヒットを打っています。

2000本が日本では殿堂入りの目安となっているわけで、青木宣親はもはや「名選手」の基準に達している人と言って良いでしょう。しかもメジャーリーグに7年身を置いてその結果ですから、これは記憶と記録の両方に残る人だと言えます。

 

そんな青木宣親選手が、メジャーリーグに残留を決められなかった理由は何でしょう?

一つには、今季オフの、近年稀に見るFA市場の停滞があります。

イチローはおろか、ドジャースの現役のローテーションであるダルビッシュすら、行き先が決まっていないわけです。

何をノロノロやっているんだ!と言いたくなりますが、こっちを決めなければあっちを決められない、みたいな連鎖反応もあり、何かが滞っているのだと思います。

 

2017年は青木選手にとって大変なシーズンでもありました。

一年で3チームも変わり、そして結局はFAに放逐。

あまりに厳しくビジネスライクなメジャーリーグの常識に、少し疲れている可能性もあります。

あの青木選手も今や大ベテランですし、古巣に戻ってきて、人としても大切にされたら良いと思います!

 

 

青木宣親はもともとヤクルトのスター選手。日本プロ野球2000年代の「安打製造機」

青木宣親選手は、もともとヤクルト時代は

2000年代を代表するスーパースター、稀代の安打製造機

ですよね。

 

イチローに続いて史上二人目のシーズン200本安打を達成し、そのあとも、

・史上唯一の複数回200本安打達成

・首位打者も複数回

・足も速い

などなど、少し若い世代のイチロー、という感じだったのです。

 

メジャーリーグ時代の成績はイチローとは比べられませんが、日本時代においては、さほどひけをとらないくらいのすごい成績を残しています。

 

青木が帰ってくることになって、ヤクルトへの影響、そして大記録へ

青木宣親が帰ってくることになって、ヤクルトの外野陣の競争が激しくなることが予想されます。

バレンティンはさっそく、

「監督、ミーはファーストねー」

と一塁転向を冗談めかして言ったとか。

なんにせよ、チーム内の競争が高まることは、良いことです。

低迷が続いているヤクルトですが、そういう意味で青木効果が出て、上位進出を狙ってほしいものです。

 

そして青木宣親が帰ってくる最大の影響は、

生涯通算打率の大記録に挑戦できる

ということです。

現在の記録は、レロン・リーの.320です。

青木宣親はそれを上回っている記録.329なのですが、規定打席4000に100足りない。

だから日本球界に復帰すれば、一シーズンで間違いなく100打席はバッターボックスに立つであろうから、記録達成の可能性が高いということです。

 

ちなみにイチローは、.351というとんでもない打率をもっていますが、380打席くらい足りません。もしイチローが日本球界に復帰すれば、この記録はイチローが取る可能性大なのですが、、、

 

 

青木宣親選手が戻ってきて、いろんな影響がありそうです。

何よりもヤクルト、ひいてはプロ野球界全体が盛り上がるでしょう。楽しみです!

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

関連記事

青木宣親、2000本安打達成への秘話

青木宣親、2000本安打達成への秘話 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、日米通算2000本

記事を読む

大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。

[/caption] 大谷翔平はエンゼルスに決定! メジャーでも二刀流は続行。 ビッグニュー

記事を読む

イチローの新たな名言にメジャーが反応!? 5球団が候補か

イチローの新たな名言にメジャーが反応!? 5球団が候補か まだ去就が明らかにされていない、メジ

記事を読む

ソフトバンクの柳田悠岐が2017交流戦で絶好調

ソフトバンクの柳田悠岐が2017交流戦で絶好調 さて、大谷翔平の故障で幕開けとなった2017年

記事を読む

上原浩治が巨人へ!? メジャーから日本復帰を模索中。

上原浩治がメジャーから日本復帰。古巣巨人か!? なんと、これは大ニュースです。元カブスの上原浩

記事を読む

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017| U-24

「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」 アジアプロ野球チャンピオンシップ2017という新しい

記事を読む

カープ鈴木誠也の2017自主トレ

カープ鈴木誠也の「神ってる」2017年自主トレはこれだ! 2016年「神ってる」活躍で大ブレイ

記事を読む

ドジャース最強左腕カーショウがWBC2017アメリカ代表を辞退

ドジャースのメジャー最強左腕カーショウ(カーショー)がWBC2017アメリカ代表を辞退 ここに

記事を読む

大谷翔平のアメリカでの報道について。本当に絶賛・評価されているか?

大谷翔平のアメリカでの報道について。本当に絶賛・評価されているか? さて、大谷翔平選手の夢のよ

記事を読む

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝韓国戦予想 アジアプロ野球チャンピオンシップ201

記事を読む

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Team18広告

Feedly

follow us in feedly

nend

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ

イチローの引退会見で、これからが楽しみになったこと3つ イチロー

イチローがヤンキースへ移籍した2012年7月の思い出

イチローがヤンキースへ移籍した2012年7月の思い出 イチローが

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた

タバタプロトコルの頻度と方法について改めて考えてみた 今日は時短

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り返る

【動画あり】大谷翔平の2018年シーズン、22本全ホームランを振り

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる

女性は筋トレをすると太りにくい体質になる 女性は筋トレをすると太

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑